« ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延 その2 | トップページ | 2013年12月25日付け小説朝日新聞朝刊社説 『弾薬の提供― 「例外」の検証が必要だ』を読んでの感想/『切迫した状況ではない』だけを取り上げるのは、報道機関として問題 »

2013年12月25日 (水)

2013年12月25日付け小説朝日新聞朝刊社説 『予算編成― 「1 0 0 兆」続ける気か』を読んでの感想/『今の世代の負担を増やして』と言うなら朝日新聞は4月から消費税8%払いましょうね

2013年12月25日付け小説朝日新聞朝刊社説 『予算編成― 「1 0 0 兆」続ける気か』を読んでの感想。

以下感想。
 個々にコメントする。
 
1.リーマン・ショック後の経済対策として始めた地方交付税
 地方が騒げば、地方の肩を持つだけ。

2.国費5・5兆円を投じる今年度の補正予算
 社説では、プラス成長が続くと言い切っている。
 アベノミクスはダメと散々主張していたけど、現実の景気指標を理解できたんだ。
 それは別にしても、景気が悪化すれば、どうせピーピー騒ぐだけ。

3.補正予算を組んだことが財政を大きく悪化
 補正ゼロだったら、どうだったのか?検証したのか?
 自殺者が増えれば、お祭り騒ぎするだけ。
 「手厚い保障」なんて二度と主張するな。

4.財政を立て直すための増税で景気悪化が予想~防ぐための予算
 では、朝日新聞は、4月から消費税を8%しっかり払いましょう。
 他の新聞社に対して抜け駆けしても、一般者からの批判はないだろう。

5.社会保障を安定させる
 根本は、過疎地域の集約が出来るかであろう。
 少数の為に、電気、ガス、水道、電話、配達網、道路、トンネル、橋、救急、消防、パトロール、生存確認の見回りなど、キリがない。
 2~3人の為に、これだけの維持を続けるのか?
 50人以下とか100人以下の集落は、問答無用で強制移住くらい行わないとコスト増しだ。
 観光など、何かしらの企画で一時的にその地域に人を呼べても10年、20年単位で考えれば、多くのインフラは無駄。

 2013年8月25日付け日経新聞によれば、行政費用は、人口密度が1平方km当たり2000人から4000人になることで、約1割減ると言う。当然、国としてコンパクトシティーを進めている。それを促進せせることが必要であろう。富山市などでは補助金を出すなどして推進している。しかし、社説には、コンパクトシティーのような具現化策がない。
 社説に記されているのは、『~今の世代の負担を増やして、将来世代へのつけ回しを減らしつつ、社会保障を~』と記している。具体策がないので、取りあえずもっと増税しろってことだ。
 この点からも、朝日新聞は、4月から消費税を8%しっかり払いましょう。『今の世代の負担を増やして』と主張しつつ、自分たち朝日新聞は対象外ではずうずうしい。

追記
 民主党政権の3年で削り過ぎた投資の補正もある。
 そのことを忘れてはならない。

|

« ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延 その2 | トップページ | 2013年12月25日付け小説朝日新聞朝刊社説 『弾薬の提供― 「例外」の検証が必要だ』を読んでの感想/『切迫した状況ではない』だけを取り上げるのは、報道機関として問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年12月25日付け小説朝日新聞朝刊社説 『予算編成― 「1 0 0 兆」続ける気か』を読んでの感想/『今の世代の負担を増やして』と言うなら朝日新聞は4月から消費税8%払いましょうね:

« ココログ(モブログ)のメール投稿による記事反映の遅延 その2 | トップページ | 2013年12月25日付け小説朝日新聞朝刊社説 『弾薬の提供― 「例外」の検証が必要だ』を読んでの感想/『切迫した状況ではない』だけを取り上げるのは、報道機関として問題 »