« 2014年1月3日 | トップページ | 2014年1月5日 »

2014年1月4日の6件の投稿

2014年1月 4日 (土)

本日の晩ご飯のおかずの写真 国産合鴨肉の鴨鍋、香の物

本日の晩ご飯のおかずの写真 国産合鴨肉の鴨鍋、香の物
本日の晩ご飯のおかずの写真 国産合鴨肉の鴨鍋、香の物
本日の晩ご飯のおかずの写真 国産合鴨肉の鴨鍋、香の物
 1月4日の晩ご飯のおかずの写真。

 国産合鴨肉で鴨鍋。
 暫く輸入品含め、鴨鍋に使える生鴨肉が入手難であった。昨シーズンはゼロであった。その前までは輸入品が入手できたが.....
 今年は、2店舗で発見。ともに国産。1店舗は100g700円程度。この値段だと牛肉の方が.....で諦め。もう1店舗で100g400円程度。これを買った。
 ぶつ切り状態なので、鍋でグツグツしている間に少々堅くなる。
 でも味は、Good。久々に、鴨を味わえた。
 明日は、鴨鍋の残りでおじやだな。

 香の物は、キュウリ、大根、人参。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやつ 和菓子 丹頂鶴(中は白あん)

おやつ 和菓子 丹頂鶴(中は白あん)
 おやつ。

 和菓子 丹頂鶴(中は白あん)。
 昨日の鯛は黒あん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のお昼ご飯のおかずの写真 ハンバーグ(9割は牛肉)、ジャガイモと牛乳のスープ

本日のお昼ご飯のおかずの写真 ハンバーグ(9割は牛肉)、ジャガイモと牛乳のスープ
本日のお昼ご飯のおかずの写真 ハンバーグ(9割は牛肉)、ジャガイモと牛乳のスープ
 本日のお昼ご飯のおかずの写真。

 ハンバーグ(9割は牛挽き)。
 ジャガイモと牛乳のスープ。泡っぽくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の朝ご飯の写真 餅つき機の餅のバター餅、煮干し出汁の味噌汁など

本日の朝ご飯の写真 餅つき機の餅のバター餅、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯の写真 餅つき機の餅のバター餅、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯の写真 餅つき機の餅のバター餅、煮干し出汁の味噌汁など
 1月4日の朝ご飯の写真。

 餅つき機の餅のバター餅。もち米は新潟の小池さんの。バター餅に砂糖を入れる場合もあるが、うちは砂糖無し、バターと醤油。
 味噌汁の出汁は煮干し、具は卵、豆腐、ワカメ。
 蒸したカボチャ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年自家製お正月用ココアケーキの製作(スポンジ3層チョコレートクリーム2層の3段)

 2014年自家製お正月用ココアケーキの製作(スポンジ3層チョコレートクリーム2層の3段)を記す。

 前回のケーキの製作は、クリスマス用イチゴケーキ。
 この件は、次のブログに記した。
 2013年クリスマス用イチゴケーキの製作(スポンジ3層クリーム2層の3段)

 ココアケーキの製作は、『クリスマスツリーの日記念 自家製ココアケーキの製作』として、次のブログに記している。
 クリスマスツリーの日記念 自家製ココアケーキの製作

 今回製作のココアケーキは、クリスマスツリーの日記念のときとほぼ同じで、
 ① 型サイズは、直径21cm。
 ② スポンジ3層チョコレートクリーム2層の3段。
 ③ 板チョコ3枚。
 ④ ココアパウダー80g程度。


【1.材料】
① スポンジ
 小麦60g、ココアパウダー40g、砂糖100g。卵4個(Mサイズ)。
 塩。

② チョコレートクリーム
 明治のミルクチョコレート3枚(特売1枚で69円)。
 ココアパウダー40g程度。ココアパウダーは春日商会さんのバンホーテンノスタルジック缶500g。
 牛乳適量。
 バター、塩、適量。
 このチョコレートクリームの量で、スポンジ3枚、クリーム2層+上面側面に塗る。

【2.製作】
① スポンジ
・卵4個
 131231

・ココアと小麦をふるいにかけたものと攪拌した卵に混ぜる
131231_2

・焼き上がり
 上面
131231_4
 底面
131231_5
 側面
131231_6

 焼きは、電子レンジのオーブン機能の自動焼き。

②チョコレートクリーム
・賞味期限
131231_7
・明治ミルクチョコレート
131231_8
・3枚を鍋へ
131231_9
・加熱前に牛乳適量
131231_10

③ アッセンブリ
・1段目
131231_11
131231_12

・2段目
131231_13
131231_14

・3段目
131231_15
131231_16

・完成
131231_17
131231_18


【3.所感】
 うちのパソコンで見ると色が薄い。実際はもっと濃い。
 12月31日の大みそかに作成。
 1日置いて元日から食べはじめる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月4日付け小説朝日新聞朝刊社説『日本の近隣外交― それでも対話を重ねよう』を読んでの感想/日本をストーカーにしたいようだ。

 2014年1月4日付け小説朝日新聞朝刊社説『日本の近隣外交― それでも対話を重ねよう』を読んでの感想。

以下感想。
 自分のことを相手が嫌っている。
 それにも関わらず、執拗に付きまとう行為。
 これをストーカーと言う。
 人と人と間だけでなく、国と国の間でもストーカーはストーカーである。

 門は開けておいてよいと思うが、明確にノーと相手が発言している以上、積極的にアプローチをする必要はない。
 必要なものは、中韓は尻尾を振ってやってくる。例えば環境分野。
 国と国の関係などそんなものさ。

 
 社説では、相変わらずいい加減な『大局』と言う言葉を使用している。
 双方の大局が一致して初めて使うべき言葉である。
 尖閣諸島の問題が民主党政権以後大きくなった。散々、大局、大局と政府、マスコミともに騒いだが、日本の大局は経済であったが、中国は領土であったことはその後の中国の振る舞いで明らかである。
 今、敢えて「大局」と言う言葉を使うのは、領土について譲歩しているような発言である。即刻撤回すべきであろう。

 そもそも、靖国問題にしても、第二次世界大戦を先導した朝日新聞が語るべき立場にない。
 靖国に入ったA級戦犯の方は、少なくとも裁きを受けている。
 当時の朝日新聞副社長は、ずる賢く司法取引で逃げた。改めて、裁きを受けるべきである。敢えて共通課題を持ちたいなら、これを共通課題とするべきであろう。

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月3日 | トップページ | 2014年1月5日 »