« 2014年1月12日 | トップページ | 2014年1月14日 »

2014年1月13日の6件の投稿

2014年1月13日 (月)

本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産マルソウダの醤油漬け焼き、三浦大根のゴマ八丁味噌かけなど

本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産マルソウダの醤油漬け焼き、三浦大根のゴマ八丁味噌かけなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産マルソウダの醤油漬け焼き、三浦大根のゴマ八丁味噌かけなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産マルソウダの醤油漬け焼き、三浦大根のゴマ八丁味噌かけなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産マルソウダの醤油漬け焼き、三浦大根のゴマ八丁味噌かけなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産マルソウダの醤油漬け焼き、三浦大根のゴマ八丁味噌かけなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産マルソウダの醤油漬け焼き、三浦大根のゴマ八丁味噌かけなど
 1月13日の晩ご飯のおかずの写真。

 神奈川の長井産マルソウダ。その醤油漬け焼き。カツオだとコチコチになるけどマルソウダはカツオほど堅くならない。
 三浦大根のゴマ八丁味噌かけ。
 アボガド。ゴマ八丁味噌か辛子醤油で食べる。前者の相性よし。
 野菜炒め。
 三浦大根の葉の炒め物。
 自家製香の物は、キュウリ、大根、人参。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやつ 花びら餅とシャカシャカした抹茶

おやつ 花びら餅とシャカシャカした抹茶
おやつ 花びら餅とシャカシャカした抹茶
 おやつ。

 花びら餅。
 抹茶は、茶筅でシャカシャカしたもの。菓子作り用の攪拌器でぶん回したら、もの凄く楽なような気がするけど、気がするだけにとどめておこう。ばれたら破門だ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、佐賀産芝エビの塩焼き

本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、佐賀産芝エビの塩焼き
本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、佐賀産芝エビの塩焼き
本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、佐賀産芝エビの塩焼き
 1月13日のお昼ご飯の写真。

 粉チーズは、オーストラリア産チェダーチーズ(100g168円)を直前に削る。
 スパゲッティ。
 佐賀産芝エビの塩焼き。
 妙な組み合わせになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など

本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き、マルソウダの血合いと鰹節出汁の味噌汁など
 1月13日の朝ご飯のおかずの写真。

 生卵。
 神奈川の横須賀産サヨリの塩焼き。
 味噌汁の出汁はマルソウダの血合いと鰹節、具は豆腐、大根、なめこ。
 ひじき煮。神奈川の長井産のひじき。
 ガンモ煮。
 煮豆。豆は北海道産黒大豆。
 薩摩芋の煮物。
 茹でたほうれん草。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期ブログサービスの検討~ココログの容量上限2Gに接近したので考える

 2009年12月8日、私のブログは、
登山用品で最初に1つ買うべきモノは?登山用品で最初に1つ買うべきモノは?
でスタートした。

 開設そのものは、2007年11月。
 2年ほど放置していたのだ。
 それからほぼ毎日書くようになって現在に至る。
 2014年1月13日午前10時現在、管理画面上で記事数9622件(一部非公開あり)、写真枚数26406枚(一部、図、表も含む、非公開も多分一部にあり)。


 さて、現在、問題を抱えている。
 ココログの契約は、ベーシック、容量は2GB。約4年書いてまもなく、この容量の上限に達しようとしている。
 
 契約をベーシックから一つ上のプラスに買えれば5GB、2つ上のプロなら10Gだ。
http://www.cocolog-nifty.com/about/bpp.htm
 しかし、上記の通り、それぞれ500円、1000円程度月額料金が増える。

 ココログは、2005年11月にディスク容量アップしてから変わっていないようだ。
http://info.cocolog-nifty.com/info/2005/11/post_7f6f.html
 10周年記念で容量の拡大をして欲しかったが、現時点でその動きはないようだ。

 そこで、今後、ブログをどうするか?考える。


【1.ブログを止める選択】
 備忘録的意味合いもあり、止める選択は考えない。

 
【2.ココログで継続するか?】
 上記の通り、出費が増える。
 しかし、他へ移れば継続性が失われる。
 悩ましい。
 引っ越しは、膨大な手間だし。


【3.他社のブログサービスの状況は?】
 現在の状況は、現実余り把握していない。
 一度、見直すべきかも。


【4.他社のブログサービスについて】
 アフィリエイトなどの通販は、行うつもりがないので条件に入れない。
① 条件
・その1 ディスク容量が大きいこと
 4年で2Gを使用した。
 また、4年後に同じ問題を考えるのも面倒だ。容量の大きさに上限がないのが理想であろう。

・その2 メール投稿が可能
 ココログでは何の問題もなく出来るが、JUGEMの無料版などでは出来ない?gooでは携帯メールはOKでもPCメールはダメ?
 更にPC、携帯どちらからでも1メールで写真複数枚の投稿が出来ること。

・その3 無料含め低料金であること。
 ココログは、プラス500円で5Gだ(現実は既に300円弱払っているので800円近い金額になる)。
 500円出すなら別の選択もありの発想になってしまう。

 取りあえず、この3点を条件とする。

② 調査結果
・条件その1 ディスク容量が大きい
 無料の場合、ライブドア10G、FC2 10G、goo 3G。
 
・条件その2 メール投稿が可能
 gooはPCメール経由の投稿が出来ない(昔は出来たらしいけど)。これは、http://blog.goo.ne.jp/info/function_list/ に記載。
 するとライブドアかFC2の選択になる。

・条件その3 無料含め低料金であること
 ライブドアかFC2どちらも無料からスタート出来る。
 ライブドアは、無料の一つ上の有料版が315円。容量が10Gから無制限。
 FC2は、無料の一つ上の有料版が300円。容量が10Gから無制限。
 結果的には、無料から有料へ移行した場合似たようなもの。無料時のサービスの差が重要になる。

 また、双方のHPのヘルプを読むと分るが、FC2の方が詳しい。
 利用後、想定外を避けるには事前調査が重要でるが開示情報の多いFC2の方が安心とも言える。
 但し、サポート。ライブドアもFC2もこの点は、実際に利用しないとよく分らない。


【5.所感】
 現在のココログは、サポートがよいと感じている。
 レスポンスは決して速いとは言えないが、回答の内容の満足度は高い。アクセス解析もたまに眺めると面白い。
 問題は、ココログは、実質容量vs費用だけだ。何とも悩ましい。

 SO-NETは294円で10Gってのもある。エキサイトは無制限250円(但しアクセス解析なし)。両社メール投稿については未調査。

 スタートは、無料と考えると無料時のサービスの差は重要である。ライブドア、FC2、SO-NETなどこの点は未調査。エキサイトは、http://www.exblog.jp/top/advance/を見る限り、無料と有料の差が大きいように見えてしまうが、広告の表示を除けば基本機能にはあまり差がないのかも知れない。
 あまり時間がないので、こられを含め改めて検討したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日付け小説朝日新聞朝刊社説『成人の日に― 逆境をチャンスに変える』を読んでの感想/朝日新聞は本当に福島の復興を願っているのか?

 2014年1月13日付け小説朝日新聞朝刊社説『成人の日に― 逆境をチャン
スに変える』を読んでの感想。

以下感想。 
 福島の「ふくしま復興塾」を取り上げている。
 取り上げることは否定しない。
 ただ、朝日新聞は復興を本当に願っているのか?極めて疑問だ。

 9月26日付朝日新聞朝刊。
 福島県北部の試験漁業は汚染水漏れで延期されていたが、約3カ月ぶりに再開
された記事だ。
 見出しは、例によってネガティブキャンペーン。「取っても海へ、漁師の気持
ち分かるか」「9割捨てる試験漁」など。
 見出しだけ読めば、福島の魚の9割が汚染されているような印象を受ける。
 しかし、写真の小さな文字で書かれた説明文には「試験操業の対象魚種ではな
い9割近くをこの後、海に捨てた」と記載。
 実態は、調査対象の魚ではないから捨てたのだ。
 このあたりは、http://agora-web.jp/archives/1569034.htmlが詳しい。

 度々見られる朝日新聞の見出しと内容の不一致。
 勘違いする方がいけないと言いたいのだろうが、表現の自由、報道の自由の名
を借りた極めて悪質な行為である。
 新聞は、先ず、見出しを読むところからスタートする。そこで判断して記事を
読む。見出しは、全体の概要を意味するところにして欲しいものだ。

 売れれば何をしてもよい。それが朝日新聞の本心であろう。全ては平均年収
1300万円弱を維持向上するために!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月12日 | トップページ | 2014年1月14日 »