« 2014年1月17日 | トップページ | 2014年1月20日 »

2014年1月18日の5件の投稿

2014年1月18日 (土)

本日の晩ご飯のおかずの写真 黒毛和牛もも肉のすき焼き、香の物(白菜、なす、人参、三浦大根、キュウリ)

本日の晩ご飯のおかずの写真 黒毛和牛もも肉のすき焼き、香の物(白菜、なす、人参、三浦大根、キュウリ)
本日の晩ご飯のおかずの写真 黒毛和牛もも肉のすき焼き、香の物(白菜、なす、人参、三浦大根、キュウリ)
本日の晩ご飯のおかずの写真 黒毛和牛もも肉のすき焼き、香の物(白菜、なす、人参、三浦大根、キュウリ)
 1月18日の晩ご飯のおかずの写真。

 黒毛和牛もも肉のすき焼き。撮影後、豆腐の入れ忘れに気づく。
 香の物(白菜、なす、人参、三浦大根、キュウリ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のお昼ご飯のおかずの写真 豚ロース肉と伊予柑のソテー、ジャガイモと紫芋のスープ

本日のお昼ご飯のおかずの写真 豚ロース肉と伊予柑のソテー、ジャガイモと紫芋のスープ
本日のお昼ご飯のおかずの写真 豚ロース肉と伊予柑のソテー、ジャガイモと紫芋のスープ
本日のお昼ご飯のおかずの写真 豚ロース肉と伊予柑のソテー、ジャガイモと紫芋のスープ
 1月18日のお昼ご飯のおかずの写真。

 豚ロース肉と伊予柑のソテー。伊予柑の外皮って余り苦くない。産地、時期などでの違いはあるかも。
 ジャガイモと紫芋のスープ。
 キャベツの千切り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など

本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
 1月18日の朝ご飯のおかずの写真。

 宮城産真イワシの塩焼き。
 味噌汁の出汁は煮干し、具は豆腐、ネギ、卵。
 庭木の梅干し。
 三浦大根の葉の炒め物。
 花豆の煮豆。豆は北海道産。
 蒸したブロッコリー。
 蒸したカボチャ。
 茹でたほうれん草。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows8.1で秋月のAKI-PICプログラマー Ver.4を動かしてみる

 Windows8.1でAKI-PICプログラマー Ver.4を動かしてみる。

 元々XPで動かしていたが、サポート問題もあり8.1へ移行。
 
 これまで、eclipse、MPLABなどの動作を確認したが何れも問題なく”私の環境では”動作している。
 eclipseのブログは、eclipse(Juno)のソースコード記述欄の日本語の文字化けの対応~設定をUTF-8に変えてもダメな頑固な文字化け
 MPLABのブログは、Windows8.1にMPLABの8系最終バージョンのv8.92がダメなのでv8.84をインストールしてPICKIT3の動作確認を行う


【1.条件】
① Windowsについて
 8.1の通常版、32ビット版。
 アップデートは実施済。
 Windowsからアップデート出来ないチップセット関連もあり、これはインテルのHPでチェックを入れ更新可能なものは更新している。

② AKI-PICプログラマー Ver.4(ハード)
  ファームのバージョンは、AE-PGM877A V6.72。
  device6.iniは、ver6.50。

③ インストールしたプログラマーのバージョン(ソフト)
 購入時付属のCD-Rに入っていたもの。
 PICプログラマV4 V6.5.56。
 最新は、6.76なので古い。
 XP時代は、6.72を使用。

④ 動作確認方法
 新居浜高専PICマイコンキット用(PIC16F84A)に作った適当なHEXファイルをAKI-PICプログラマーで焼いて、手動で念の為(自動でベリファイされるが)ベリファイを行い、その上で新居浜高専PICマイコンキットで動かす。

 AKI-PICプログラマーとパソコン間は、USB-シリアルケーブルではなくRS-232Cで行う。
 その理由は、XP環境下でUSB-シリアルケーブル利用した際、数回書くと通信出来なくなり、パソコンの再起動を余儀なくされた。RS-232Cにしてから、このトラブルはない。


【2.動作確認結果】
 結論、問題なし。

 新居浜高専PICマイコンキットは、ソケットがゼロプレッシャーではないため、このボード上では1度だけの動作確認。
 AKI-PICプログラマー上では、PIC16F84に対して様々なHEXファイルを延べ10回ほど焼き、かつ手動でベリファイ、リードを繰り返したが、通信不良など、エラーは全くなかった。
 但し、大規模なHEXファイルは試してない。容量上限のような大規模な自作ファイルがないから。


【3.所感】
 めでたしめでたし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日付け小説朝日新聞朝刊社説『自衛艦事故― なぜ繰り返されるのか』を読んでの感想/炎上させたいようだ

 2014年1月18日付け小説朝日新聞朝刊社説『自衛艦事故― なぜ繰り返されるのか』を読んでの感想。

以下感想。
 見出しからして取りあえず、自衛隊を悪者扱いにしたいと感じられる。
 どの段階で社説を出すかは自由であり、どんな表現を使うかも自由であろう。

 過去の事例と死者の数を並べ、海難審判、刑事裁判の結果を記さない。少なくとも海難審判の結果はだけは併記すべきであろう。
 
 社説では、客観的な事実関係を公表して欲しいとしているが、調査途中の段階である。
 矛盾が出るのも当然であるが、その矛盾を全く認めず、重箱の隅をつついてピーピー騒いでお祭り騒ぎ。それが出来ないのが朝日新聞としてつまらないようだ。

 小泉さんから始まった総理を囲んで畏まらないインタビューも、民主党政権以後、国民の知る権利とやらでマスコミ自身の手で崩壊に導く。
 
 過去の度重なる炎上を思えば、自衛隊側も『海上保安庁が捜査中』としか言えないであろう。

 国民の知る権利は、朝日新聞などの手でどんどん狭まる。決して、秘密保護法とは関係ない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月17日 | トップページ | 2014年1月20日 »