« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の三崎産青アジの刺身、三浦大根の八丁味噌かけなど | トップページ | 2014/01/16の相場雑感(妄想) 様子見? 騰落レシオ  108.22%   +6.28%   »

2014年1月16日 (木)

2014年1月16日付け小説朝日新聞朝刊社説『秘密諮問会議― 欠陥法の追認はするな』を読んでの感想/諮問会議の透明性より先ずは朝日新聞株主総会の透明性を求む

 2014年1月16日付け小説朝日新聞朝刊社説『秘密諮問会議― 欠陥法の追認はするな』を読んでの感想。

以下感想。
 半分は主張の繰り返し。新しい話はない。
 後半で諮問会議を取り上げている。

 相変わらずスパイに対する処罰については語らず(秘密法の第二十三条)。
 野放しでよいと考えていると思えてならない。
 
 2013年12月8日のブログ
 http://dougunogu.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-bdbc.html
にも記したが、秘密保護期間は、
 日本は原則30年、最長60年、そして例外。
 アメリカは原則25年、人的情報源は75年、そして例外。
 イギリスは原則20年。例外あり。
 ドイツは原則30年。安全に関わるものは例外。
 フランスは、50年、大量破壊兵器は永久非公開。
 
 この中で、アメリカの人的情報源を75年としたのは、人の一生と言う考えからだろう。提供者の安全(人権)を守ることのなる。
 よって、秘密保護期間は、内容によっては十分長くする必要があるのだ。

 『何が秘密になるのか分らない』それが秘密と言うものだ。
 何より朝日新聞社自身の透明性を高めるべき。
 朝日新聞社自身の株主総会の記事が朝日新聞デジタルに掲載されているようだが、デジタル会員しか閲覧できない。透明性なし!。
 株主構成はもちろん、議事内容が全く見えないのだ。そんなに秘密なの〜。ネタがないなら付け火しろ発言が飛び交っているとか.....想像してしまう。
 諮問会議に対して透明性を求めるなら、先ずは自らの透明性を高めて欲しい。
 
 秘密保護法において、朝日新聞は利権者である。
 利権を持つ者は、意見を控えるべきであろう。
 また、金儲けの為に騒いでいると思う人は私だけではない。

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の三崎産青アジの刺身、三浦大根の八丁味噌かけなど | トップページ | 2014/01/16の相場雑感(妄想) 様子見? 騰落レシオ  108.22%   +6.28%   »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年1月16日付け小説朝日新聞朝刊社説『秘密諮問会議― 欠陥法の追認はするな』を読んでの感想/諮問会議の透明性より先ずは朝日新聞株主総会の透明性を求む:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の三崎産青アジの刺身、三浦大根の八丁味噌かけなど | トップページ | 2014/01/16の相場雑感(妄想) 様子見? 騰落レシオ  108.22%   +6.28%   »