« 本日の朝ご飯のおかずの写真 親子丼、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | 昨晩食べた年越しそば 山梨産生そば »

2014年1月 1日 (水)

2014年1月1日付け小説朝日新聞朝刊社説『政治と市民ーにぎやかな民主主義に』を読んでの感想/時間の視点がない

 2014年1月1日付け小説朝日新聞朝刊社説『政治と市民ーにぎやかな民主主義に』を読んでの感想。

以下感想。
 相変わらず独善的。
 暇人の発想と言える。時間の視点がない。
 全てに、時間が重要である。

 この政策を行いたい、異議が出る、話し合う、5年過ぎた。内容によっては、時遅しだ。

 例えば、災害時の孤立化を防ぐために道路を追加したい、無駄だの異議が出る、話し合う、話し合っている間に災害が起きるかもしれないし、道路のなさで過疎が加速するかもしれない。
 基地の移転を決める、県内移転の反対が出る、話し合う、20年近い月日が過ぎる、その話し合いの間に墜落事故が起きる.....

 リーダーシップには、時に他の意見を無視して進めることも必要であろう。
 
 だからと言って、一部マスコミが、自分たちの意見にあう都合のよい情報だけを集めて繰り返し報道を行うのはリーダーシップではないし、表現の自由、報道の自由(=報道しない自由)とは言えない。

 2013年参議院選挙前の自民党政策集には、秘密保護法の記載がある。PDFを読んでみるべきだ。あたかも無かったかのような印象を与える表現には疑問だ(元自民党議員が討論番組で、秘密保護法の記載なしと発言していたが、あれは嘘かアルツハイマーだ)。
 ちなみにPDFには、秘密保護とペアで有事関連法令の記載もある。
 
 書いてあるものを書いてないかのような表現。
 表現の自由の前に、勘違いを生むような表現は詐欺と同じだ。しかし、詐欺師は捕まるがマスコミは表現の自由でお構いなし。悪質だ。
 人心を惑わし、戦禍の渦へ。第二次世界大戦を扇動した認識、反省のなさが日々かいま見れる。

|

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 親子丼、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | 昨晩食べた年越しそば 山梨産生そば »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年1月1日付け小説朝日新聞朝刊社説『政治と市民ーにぎやかな民主主義に』を読んでの感想/時間の視点がない:

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 親子丼、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | 昨晩食べた年越しそば 山梨産生そば »