« 相場雑感(妄想) 円高進行 騰落レシオ  95.10%   -7.70%   | トップページ | Windows8.1にDino-Lite(マイクロスコープ)を再インストールし動作確認を行う »

2014年1月14日 (火)

Windows8.1にMPLABの8系最終バージョンのv8.92がダメなのでv8.84をインストールしてPICKIT3の動作確認を行う

 Windows8.1にMPLAB v8.84をインストールした。
 その上でPICKIT3の動作確認を行う。ターゲットは秋月のリモコン(PIC16F886)。
 このブログは、その備忘録でもある。


【1.背景】
 Windows XPから8.1へのOS変更に伴い全てのアプリを再インストールすることになった。
 これまでMPLABは、v8.64を使用していた。

 2014年1月14日現在、MPLABには8系とX系がある。
 MPLABの8系は、開発終了がアナウンスされている。更新があるのはX系だけだ。

 再インストールなので、手間的にはどちらでも構わないが、8系で作ったプロジェクトはX系ではインポート作業が必要らしい。
 パソコン上で作業が成立するならX系でも問題ないが、PICKIT3をつないでPICマイコンの動作を確認するので、変数になるような作業は減らしたい。インポート作業は変数と考える。
 よって、8系をインストールすることにした。


【2.何故v8.84か?】
 事前にXP上でマイクロソフト純正のアプリの動作確認アプリで、どのアプリがWindows8で動かないのか確認している。
 その際、v8.64はバージョンアップを求められた1本である。

 先ず、最終版のv8.92をインストールしてみた。
 このバージョンは、Hitech PICCが同梱されていないので、別途Cコンパイラを用意してインストールする必要がある。
 v8.92は、インストールが出来たが、コンパイラXC8、XC16のインストールが何故か止まってしまう。特にXC16は、ダウンロード数が少ないので危険とか表示されて全くインストールが進まない。

 そこで、Hitech PICC同梱の最終バージョンとされるv8.84をインストールした。
 特に問題なくMPLAB、Hitech PICCのインストールは終了。

 旧バージョンについては、
http://www.microchip.com/stellent/idcplg?IdcService=SS_GET_PAGE&nodeId=1406&dDocName=en023073&redirects=archived
に掲載されている。
 v8.84に限らずお好みでダウンロードが出来る。但し、OSとの関係が全く見えないHPになっている。


【3.動作】
 PICKIT3、秋月のリモコン(PIC16F886)をパソコンに接続。
 実は、久々である。コンパイル、ビルド、書き込みってどうやったけ??からスタートした。
 幸い、以前書いた4つLEDの両端ピカのCコードをコンパイル、ビルド、書き込み、実行確認が問題なくできた。
 念の為、中2LEDピカに書き換えて、コンパイル、ビルド、書き込み、実行確認が問題なくできた。

 シミュレータの動作は確認していない。

 
【4.所感】
 先日、eclipseのインストールを行っている。
 この作業については、
eclipse(Juno)のソースコード記述欄の日本語の文字化けの対応~設定をUTF-8に変えてもダメな頑固な文字化け
に記している。

 XPからだと7でも8でも全てを再インストール。
 OS入れ替えで、ハードが絡むものは心配であったがこれで一つ減った。


|

« 相場雑感(妄想) 円高進行 騰落レシオ  95.10%   -7.70%   | トップページ | Windows8.1にDino-Lite(マイクロスコープ)を再インストールし動作確認を行う »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

インストールできたそうで羨ましく思います。
WinXPで使っていた8.76をWin8.1にインストールしたらsplashが出るだけでした。
8.80、8.91と試しc:\Program files(x86)だけではなくD:\Microchipにもインストールしてみましたが同じ結果でした。
レジストリも消してやり直してみましたがダメでした。
最後の頼みでハッキリと成功例を示された8.84も同じ結果です。
何処にも不具合報告が見つからなくて困惑しています。
貴兄も8.92では多少の問題が有ったようですがWin8.1へのインストールについて参考になることが有りましたら教えて頂けませんか。
X2.00はインストールできましたが、やはり8.xxの方に使い勝手があってどうしてもインストールしたいのです。

投稿: ふじみ野 | 2014年1月16日 (木) 16時22分

 ふじみ野さん、コメントありがとうございます。

参考までに以下を記します。
1.Windows
 8.1の通常版(PROではない)。32bit。日本語版。
 Windowsの重要なアップデートは全て実施済。

2.MPLAB
 上記の通りv8.84。
 ZIPファイルを解凍後、setup.exeを起動。
 インストール先は、c:¥Program Files¥Micorochipe、つまりデフォルト。
 インストール中は、選択肢も特になかったのでそのまんまです。
 起動はディスクトップにおいてショートカットアイコンから。起動オプションはなしです。

3.釈迦に説法かも
① 大きなZIPファイルは、稀に一部のファイルがうまく解凍できない場合があるようです。
 私は、LhaPlusのv1.59で解凍(窓の杜からダウンロード)しています。
 ZIPファイルによっては、Windowsエクスプローラに元から入っているマイクロソフト純正で解凍を推奨する場合もあります。
 *MPLABのZIPの解凍推奨アプリが、何であるかは知りません。

② v8.84に該当するか分りませんが、   Windowsのユーザーアカウント名に全角文字を使っていると、MPLABが起動できない事例もあるようです(中尾真治著 キホンからはじめるPICマイコンP182のコラムより)。
 私は、全角は使用せず半角アルファベット、数値のみ。
 これがインストール中にも災いするか?は分りません。

③ よく言われるウイルス対策アプリかな?
 私の環境では、解除しないままでもインストール可能でした。

以上、ご参考までに。
 


投稿: Jenga | 2014年1月17日 (金) 10時36分

同じWin8.1は64bitで cpuがインテルR Pentium 3556U プロセッサー では問題なく起動しました。
cpuの違いなど関係があるのかどうか。XPのPCが余りにも遅かったので少しでも速ければと選んだ結果が悪く出たのでしょうか。
この違いについてPCメーカーに聞いて見るつもりです。
とりあえずはお礼まで。

投稿: ふじみ野 | 2014年1月18日 (土) 17時50分

 ふじみ野さん、コメントありがとうございます。
 MPLABとCPUの関係は分りませんが、動作環境が構築出来たようで何よりです。 

投稿: Jenga | 2014年1月19日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/58944936

この記事へのトラックバック一覧です: Windows8.1にMPLABの8系最終バージョンのv8.92がダメなのでv8.84をインストールしてPICKIT3の動作確認を行う:

« 相場雑感(妄想) 円高進行 騰落レシオ  95.10%   -7.70%   | トップページ | Windows8.1にDino-Lite(マイクロスコープ)を再インストールし動作確認を行う »