« 2014年2月17日 | トップページ | 2014年2月19日 »

2014年2月18日の1件の投稿

2014年2月18日 (火)

2014年2月18日付け小説朝日新聞朝刊社説『核の非人道性― 日本から行動すべきだ』を読んでの感想/侵略リスクは考えない社説

 2014年2月18日付け小説朝日新聞朝刊社説『核の非人道性― 日本から行動すべきだ』を読んでの感想。

以下感想。
 社説の中で『ミサイル防衛の強化など、安倍首相が力を込める政策は、中国や北朝鮮を警戒させ、核の役割をかえって高めるリスクもある。』と記している。

 何もしなければ、尖閣諸島は竹島、フィリピンの南沙諸島と同様侵略されるリスクがある。
 そのリスクを考えない異様さ。
 原発リスク、秘密保護法へのリスク、散々お祭り騒ぎをしているが、領土に関しては無頓着な朝日新聞。憲法9条の看板でも立てておけばよいと言うのか。

 核兵器はないのが理想かも知れない。
 現実は、隣の北朝鮮は交渉の材料に使っている、中国も大量に保有している。
 友好関係があっても所詮、経済的なメリット、デメリットで、黒いカラスも白いカラスになる。
 攻撃側が、憲法9条の存在を理解して、かつ承諾している保証は全くない。
 護憲派の方は、中国、北朝鮮など核兵器保有国に赴き、保有国の政府に対して憲法9条の布教活動(理解と承諾)を行って欲しいものだ。
 国内で騒いでも使う側が、日本の憲法9条を知らないと全く意味がない。
 十分に布教が進めば、日本は、アメリカの核の傘の中にいる理由もなくなるであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月17日 | トップページ | 2014年2月19日 »