« 2014年2月18日 | トップページ | 2014年2月20日 »

2014年2月19日の2件の投稿

2014年2月19日 (水)

2014年2月19日付け日経新聞朝刊 春秋(韓国について) を読んでの感想/非韓三原則『行かない、買わない、見ない。』

 2014年2月19日付け日経新聞朝刊 春秋を読んでの感想を書く。

以下感想。
 春秋の冒頭に、日本海の名称問題、米国での慰安婦碑問題、テロリスト安重根問題などをあげつつも、『国と国とが不仲だからこそ草の根レベルの交流を』と記している。
 そんな考え方もあろう。
 ソウルの食堂に行けば普通の人々の息遣いも確かにあろう。

 しかしである。政治家ではない
① 普通の人々が日本海を東海表記を求めた。
② 普通の人々が米国で慰安婦碑をたてた。
③ 普通の人々がテロリストの安重根を崇拝。
④ 普通の人がサッカーの国際試合後選手に『竹島は韓国のもの』の幕を渡した。
⑤ 普通の人々が日本の領土である竹島を、日本の心情を全く無視して観光地として楽しんでいる。
のが実態だ。

 更に、韓国の新聞、
① 2月8日付け朝鮮日報日本語版では、『東海併記と慰安婦漫画展で⽇本に勝った⺠間の⼒』を掲載。同時に、普通の人々がフランスで展示を行った。
② 2月15日付け朝鮮日報日本語版では、『【社説】歴史問題は後回しせず、まず⽇本が⾏動を』では竹島を日本の領土と日本の教科書に書くことを批判。

 韓国は一応民主主義国なので、中国と違い政治とマスコミは独立している。
 にも関わらず、こんな掲載をしているのが実態だ。

 他にも韓国サムソンが台湾でHTCのスマホに対してアルバイトを雇いネガキャンの書き込み(これは以前、このブログに記載)。こんなことを企業の普通の社員が行っているのだ。


 韓国へ行き、金を使うことは、相手に塩を送る状態である。
 数年前から非韓三原則。
 行かない、買わない、見ない。
 日韓関係が今の状態になる前から、韓国へ行く理由がない(国内コリアンタウンへ行く理由がない)、韓国製品(食品含め)を買う理由がない、韓流ドラマ(音楽)を見る(聞く)理由がない、故に生活への影響は全くなし。
 
 慰安婦問題、テロリスト安重根問題に対しての韓国から日本への謝罪、竹島が返還されるまで、非韓三原則は継続だ。次世代につけを残さないために。例え、私の行う非韓三原則運動が、最後の1人になっても解決まで継続だ。

※竹島、尖閣諸島、北方領土、何れも日本のものでありながら、日本人として行く自由を奪われている。
 竹島に至っては、戦争でもないときに奪われたのだ。北方領土と違う交渉する気も韓国にはない。
 自由を奪われた怒りは大きい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日付け小説朝日新聞朝刊社説『選挙制度改革― ぐずぐずせず前へ』を読んでの感想/発見のないつまらない社説

 2014年2月19日付け小説朝日新聞朝刊社説『選挙制度改革― ぐずぐずせず前へ』を読んでの感想。

以下感想。
 一票の格差是正について取り上げている。
 
 視点的には、発見のない全くつまらない社説。毎回と言えばそうかも。
 与党、野党案、お決まりの政権批判。
 
 世代間格差(高齢者優遇政策重視の懸念)、所得格差(平均より低い人の割合が多いので低所得者優遇政策重視の懸念)、面積格差(人口密度が高い地域に議員の数が多くなり、都市部優遇政策重視の懸念)、情報格差(政策を100%読んで投票しているか?、マスコミのご都合主義的要約で納得していないか?)。
 格差の視点を変えて取り上げてもよいだろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月18日 | トップページ | 2014年2月20日 »