« 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月25日 »

2014年3月24日の1件の投稿

2014年3月24日 (月)

2014年3月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『大阪市長選―「信任」からはほど遠い』を読んでの感想/無駄の排除に否定的な社説一味

2014年3月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『大阪市長選―「信任」からはほど遠い』を読んでの感想。

以下感想。
 法に則った選挙を行った結果を無視したい。
 争点は都市構想。それを社説一味は潰したいのだろう。

 社説の最後に『日程は白紙に戻し、市長も野党も時間をかけてわかりやすい論戦を繰り広げてほしい。』と記している。
 日程白紙、わかりやすい論戦、この言葉が潰したいを裏付けている。
 事を進める為の議論に日程のない話し合いなどない。
 わかりやすい論戦、つまり、理解する気などないってこと。

 都市構想には、二重行政を無くす目的がある。
 http://oneosaka.jp/policy/07.html
によれば、1000億円の余剰資金が捻出できるとされる。 
 1000億円の無駄の排除だ。民意がどうのの金額ではない。
 それを隠し、大義がどうのレベルの意見の展開はおかしい。
 停滞と無駄が多ければ、記事になる=金になる。そんな思惑が見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月25日 »