« 2014年5月15日 | トップページ | 2014年5月17日 »

2014年5月16日の1件の投稿

2014年5月16日 (金)

2014年5月16日付け小説朝日新聞朝刊社説『集団的自衛権― 戦争に必要最小限はない』を読んでの感想/主張の為には人命軽視の朝日新聞

 2014年5月16日付け小説朝日新聞朝刊社説『集団的自衛権― 戦争に必要最小限はない』を読んでの感想。

以下感想。
 第二次世界大戦前、大戦中、散々国民の戦争への協力を煽った朝日新聞。
 今もその煽りの体質は変わらない。

 昨日、安倍総理は、国民に向けての説明を行いこの件の説明を行った。
 社説の内容は、一応この会見を聞いた上で記しているようだ。
 冒頭で安倍総理は、次のような具体例を上げて説明を行った。
 海外にいる日本人をアメリカの船が救助、この船が攻撃された場合、今の解釈では自衛隊はこの船を支援することが出来ない。

 現実、憲法9条、集団的自衛権、個別的自衛権、言葉などどうでもよいのだ。
 朝日新聞は、この船を助ける能力を持っていながら、助ける行動を行えない状態を問題と感じないようだ(具体例に対する対応策の記載なし)。
 人命軽視だ。

 社説では、『命が大切』などと何度かそのような言葉を目にしたが、全て嘘であった。
 自らの主張を正当化する為に人命などどうでもよいのだ。
 それ故に、第二次世界大戦前、大戦中、散々国民の戦争への協力を煽ることが出来たのだ。
 統制があったから?戦争前は統制などない。儲けの為の自主的な煽りだ。

 憲法9条があっても竹島は韓国に侵略され、今日も侵略継続だ。韓国は話し合う気もなし。
 憲法9条、集団的自衛権、個別的自衛権、言葉はあっても攻める側の相手国には関係ないのだ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月15日 | トップページ | 2014年5月17日 »