« 2014年6月8日 | トップページ | 2014年6月12日 »

2014年6月11日の1件の投稿

2014年6月11日 (水)

2014年6月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『自衛権の協議― 後世に責任を持てるか』を読んでの感想/与党内議論も認めない朝日ロジック

 2014年6月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『自衛権の協議― 後世に責任を持てるか』を読んでの感想。

以下感想。
 社説の冒頭で『密室の芝居がかった協議は、もうやめたらどうだろう。』と記している。
 党内協議、与党内協議を無視しての発言だ。
 行えば、アラを探して党内不一致、与党内不一致、内閣不一致とか批判するのだろう。
 何ともご都合主義。

 そもそも、民主党政権化で党内議論をやらない、やっても結論先送り、党、与党、内閣としのて意見集約なしの光景を何回見ただろうか。現在の集団的自衛権においても、議論もろくに行わず先送りが続いている。


>公明党は「党内調整に時間がかかる。時間がほしい」と難色を示した。当然だろう。

 党内だけか?支持母体は創価。
 創価の意見を取り入れたら、政教分離にならない。
 政教分離を大前提とするなら、国会議員としての資格に問題ありだ。

>政府が示した「事例」をもとに、具体的に意見交換を始めたのはようやくきのうのことだ。

 イキナリ資料を出しての議論ではない。
 事前に資料を提出しての議論だ。
 
>この締め切りは、国民にとっては何の意味もない。
 
 大嘘。
 1つ終われば、次の仕事に入れる。
 1つのテーマの議論を続ければ、当然、他のテーマへ割く時間は減る。

>首相の意思は最初からはっきりしているのだから、与党協議はそれを公明党に認めさせるための舞台に過ぎない。

 首相の意思=全て。
 何とも乱暴だ。
 事例を上げて、個別的で出来る出来ないの議論が意味ないと言いたいようだ。

>ただ、舞台は閉ざされたドアの向こう側にある。ネットやテレビで中継され、議事録が残る国会とは決定的に違う。

 事前協議を認めない社説一味。
 異常そのもの。


>話し合いの主題は、憲法9条を実質的になくしてしまうかどうかということだ。

 それは違うぞ。
 人として、見て見ぬふりを今後も継続するか?しないかだ。
 巻き込まれたくないから、イジメを見て見ぬふりを続けてきた人種には分るまい。


>だが、この見解は「集団的自衛権の行使は許されない」と結論づけている。どこをどうひね
れば百八十度違う結論が出てくるのか。

 1972年当時の憲法解釈である。
 現代の解釈ではない。 
 現憲法には、解釈は併記されていない。よって、初めから解釈に一義性を与えていない。
 憲法と解釈をセットで、アメリカから原案を受け取れば現在のような揉め事はないだろう。

 解釈は、時代に応じて変わるものである。
 それは憲法解釈の歴史を見れば分ること。権利、権利で拡大・拡張してきた。
 今回は、自衛の権利の拡大だ。
 別に騒ぐことではない。

 
>こんなやり方で日本の針路を変えてしまって、後の世代に責任が持てるのだろうか

 自分たちは巻き込まれたくありません。
 だから、見て見ぬふりが大好き朝日新聞社説一味。
 見て見ぬふりを続ける方が、後の世代に責任を残せないのは確かであろう。

 それにしても、与党内議論を密室を決めつけ認めない朝日新聞社説一味ロジックは異常だ。

追記
 トンキン湾。
 ベトナム、中国の間で決められた領海を中国は無視した活動を始めている。
 ベトナムは権利を奪われつつある。
 明日は日本かも。
 お花畑は、今日も満開。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月8日 | トップページ | 2014年6月12日 »