« 2014年6月13日 | トップページ | 2014年6月15日 »

2014年6月14日の1件の投稿

2014年6月14日 (土)

2014年6月14日付け小説朝日新聞朝刊社説『公明党と憲法― 自民にただ屈するのか』を読んでの感想/韓国の竹島侵略を見れば、憲法の解釈などどうでもいい話

 2014年6月14日付け小説朝日新聞朝刊社説『公明党と憲法― 自民にただ屈するのか』を読んでの感想。

以下感想。
 社説の最後の方で、政教分離について『時の権力者が気に入らなければ、9条以外の解釈にも手をつけない保証はない。こう自ら明らかにしたようなものだ。』と記している。

 それは、別にしても『時の権力者が気に入らなければ、』の部分が何とも異常だ。何とも気持ち悪い。
 その権力者を選ぶのは、日本国国民だ。
 日本国民でさえ憲法を変えることが許されないと言いたいようだ。
 1文字たりとも日本国国民が変えることが出来ない憲法など日本国国民の憲法ではない。

 公明党と創価学会の関係は、グレーと言うよりブラックの意見もある。
 選挙後、公明党の幹部が学会の協力云々の発言を何度したことか。
 宗教税ゼロ円って、異常だ。創価学会に限らず、巨大な宗教施設を保有している場合が多々ある。そんなに儲かるなら、少しは公的な社会福祉の為に税金を出せの考え方もある。
  

>公明党は、これが厳格に守られれば、集団的自衛権として実際に認められるのは、避難する日本人を乗せた米艦の防護にほぼ限られると見る。ただし高村私案は、「根底から覆される」に「おそれ」をつけて、拡大解釈の余地を残している。

 公明党は、この事案に対して個別でも可能ではないか?としている。
 私は、個別と集団を分けて考えるのは好ましいと考えていないが、分けて考えている現在、個別の拡大の方がむしろ危険な発想であろう。
 議論もなく、個別だ〜個別だ〜ってことになりかねない。


>政権が意のままに憲法解釈を変えることに手を貸すのは間違いない。

 どんな解釈であろうと実は関係ない。
 侵略する側、攻撃する側の都合で決まる。
 アルカイダなど武装集団が日本の個別的自衛権と集団的自衛権に配慮、あるいは憲法9条に配慮して攻撃してくることはない(笑)。
 中国など賢い国は、日本のセキュリティーホールを付くだろう。
 少なくとも現行の憲法解釈では、竹島の侵略を韓国に許した歴史的事実は変わらないし、この事実から現在の憲法解釈では、中国の尖閣侵略を容易に想定できる。

 中国の尖閣侵略を許したい朝日新聞社説一味。
 いやいや、一時的に侵略させ、煽って煽って日中戦争を起させ金儲けを企んでいる朝日新聞一味。
 憲法解釈の煽りも、その一環かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月13日 | トップページ | 2014年6月15日 »