« 2014年8月30日 | トップページ | 2014年9月1日 »

2014年8月31日の3件の投稿

2014年8月31日 (日)

2014年8月30日付けJ-CASTニュース『なぜサッカー場でバナナを振りかざすのはダメなのか 相手をサルとみなした悪質な人種差別行為』を読んでの感想。

2014年8月30日付けJ-CASTニュース『なぜサッカー場でバナナを振りかざすのはダメなのか 相手をサルとみなした悪質な人種差別行為』を読んでの感想。

以下感想。
 ブラジル人選手の方向にサポーターがバナナを振りかざした行為が、差別的行為と解釈されたようだ。
 ジェスチャーも差別と扱われたのだ。

 ならば、新大久保辺りで、集団で中指を立てている人たちがいる。公道で行っている以上、対象となる相手は日本人やその他外国人だ。
 ウィキペディアを引用すると中指を立てているジェスチャーは、『"Fuck you"(くたばれ、くそくらえ)などの侮蔑表現に相当する卑猥で強烈な侮辱の仕草である。』とされている。
 更に"くたばれ"は、日本語としては"死ね"とも解釈できる。

 声(スピーチ)だけを国内メディアは問題視しているようだが、今後はジェスチャーもしっかり、問題視するべきであろう。
 中指を立てる行動も、憎悪表現、侮辱表現、ヘイトスピーチである以上、公平な扱いが望まれる。


 ところで、「イケイケ##」と表現した場合、どうなるのだろう。
 行け行けなら応援だが、逝け逝けならヘイト。
 規制は厄介かも。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日付け日経新聞朝刊『産経支局長捜査巡り新聞協会が談話 「報道の自由脅かす」』を読んでの感想。

2014年8月30日付け日経新聞朝刊『産経支局長捜査巡り新聞協会が談話 「報道の自由脅かす」』を読んでの感想。

以下感想。
 記事によれば、『「報道機関の取材・報道活動の自由、表現の自由が脅かされることを強く懸念する」との談話を発表』。
 
 先ず、2014/8/9付け産経新聞朝刊で報道されたようだ。
 2014/8/15付日本経済新聞朝刊によれば、『海外メディアで構成する「ソウル外信記者クラブ」は14日に理事会を開き「高い関心を持ち、注視していく」ことを確認した。』と記されている。

 そして、ようやく29日になって、日本新聞協会が今回の談話を発表したのだ。
 遅すぎる。
 遅くとも「ソウル外信記者クラブ」と同時がギリギリであろう。
 何故なら、日本の報道の自由や表現の自由に関わる重大なことだ。

 日本新聞協会のHPを見ると、
産経ソウル支局長に出頭要請 韓国検察 朴大統領の名誉毀損で
 http://www.pressnet.or.jp/news/headline/140809_4286.html

産経ソウル支局長が出頭 韓国地検の事情聴取に応じる
http://www.pressnet.or.jp/news/headline/140818_4298.html
などが掲載されているが、内容は何れも報道のレベル。
 
 問題視している様子が全くない。
 
 おまけに今回発表した談話の掲載も見当たらない。
 本当に、日本新聞協会は、報道の自由や表現の自由を守る意思があるのか?疑問を感じる。

 でも、軽減税率適用だけは、『聞いてください!』ってデカデカと。 
 「報道の自由や表現の自由」表面だけ。本音はどうでもいいのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月31日付け小説朝日新聞朝刊社説『長期金利低下― 市場のひずみに警戒を』を読んでの感想。

 2014年8月31日付け小説朝日新聞朝刊社説『長期金利低下― 市場のひずみに警戒を』を読んでの感想。

以下感想。
>それが0・5%程度にとどまっているのは、日銀が「異次元」の金融緩和で抑え込んでいるからだ。

『金利が上がって大変なことになる』と何度も掲載していた新聞社は?
 1年を通して見れば通常見られるような変動範囲で、大騒ぎした新聞社は?
 ドーンの朝日新聞か。

>沈黙にもリスクは伴う。

日銀さんの揚げ足を早く取りたいって。
バーナキン、イエメンさんの過去の市場への影響を見ると、日本も同様と言わないまでも、報道の仕方によっては、それこそ大変なことになる。
 大変なことにしたいから、このような提案をしているのだ。
 慰安婦問題や吉田調書問題とか、朝日新聞自身の問題を打消す、大きな問題が欲しい為の意見であろう。


●私的制裁対象企業
 今日の朝日デジタルトップの広告は、閲覧時のタイミングで変わるが、農協ソラマチ、シンガポール航空、ノムコム、ライオン。
  慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません。

●いい加減な記事で、軽減税率を求めるとは図々しい。業界は連帯責任。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月30日 | トップページ | 2014年9月1日 »