« 2014年9月6日 | トップページ | 2014年9月13日 »

2014年9月7日の2件の投稿

2014年9月 7日 (日)

2014/09/07付け日経新聞 風見鶏『美化でも自虐でもなく』を読んでの感想

 2014/09/07付け日経新聞 風見鶏『美化でも自虐でもなく』を読んでの感想。

以下感想。
 冷徹にできればよい。
 しかし、お馴染みさんたちが、やれ修正主義だと騒いで、ムヤムヤに終わりそうだ。

 更に、32年も書き換えを行ったメディアもある。既に何かしこまれているかも。


 そして、議論には利害の交錯。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『偽装に課徴金― 裏読みの不要な社会へ』を読んでの感想/それより捏造に課徴金だ

 2014年9月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『偽装に課徴金― 裏読みの不要な社会へ』を読んでの感想。

以下感想。
>偽装は食品だけではない。
>「飲むだけでやせる」ダイエット食品広告。元値を高くした「半額セール」。カシミヤの割合を偽った洋服のタグ……。

 旬の話題は、偽装より捏造。
 それも朝日新聞の捏造だ。
 『捏造に課徴金ー裏読みの不要な社会へ』を期待したいところ。

 
>こうした不当な広告や表示をした企業に課徴金をかけられるよう
>稼いだ分をはき出させないと確信犯には効き目がない。課徴金は、うそや誇張を思いとどまらせる効果を期待できる。
>企業が根拠資料を示せなければクロとみなし、課徴金の対象となる。

 他業界より、先ずは自身の改善を望む。
 朝日新聞は、率先して課徴金制度に参加すべし。

 新聞業界として、捏造を放置している現状は極めてよくない。
 自主的に第三者委員会判定による課徴金制度を設けるべきであろう。
 法律にすると、萎縮するとか見苦しい騒ぎを起こすから。


>広告や表示を裏読みしなくていい社会になった方が、企業も商売しやすくなるはずだ。

 うちは、朝日新聞に対して、見出しと記事の不一致が少なくないと感じ購読を止めた。
 見出しを読んで、記事を読む。一致しないので、また読み直す。効率が極めて悪い。
 朝日新聞は、自らを見直すべきであろう。 


 ところで、特定秘密保護法の施行まであと3か月程度。
 朝日新聞は、萎縮の準備を進めているのだろうか?
 『萎縮する』とあれだけ騒いでいた以上、萎縮しないと示しがつかないし、『萎縮する』が捏造であったと非難される。
 『萎縮しない』なら、萎縮しない理由を社説などで示すべきであろう。


 恣意的な朝日新聞には経済制裁が必要。
●私的制裁対象企業
 今日の朝日デジタルトップの広告は、閲覧時のタイミングで変わるが、DIESEL、ノムコム、オーネット、ライオン。
 慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企
業・団体は利用しません。
 当然、朝日新聞は買わない。  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月6日 | トップページ | 2014年9月13日 »