« 2014年9月24日 | トップページ | 2014年9月26日 »

2014年9月25日の2件の投稿

2014年9月25日 (木)

2014年9月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『シリア空爆― 安定化への道筋探れ』を読んでの感想/嘘が見える

2014年9月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『シリア空爆― 安定化への道筋探れ』を読んでの感想。

以下感想。
 『アメリカの戦争に日本も巻き込まれるかも知れない』って騒がないの?
 例によって、日本としてどうするか?の意見なし。

>オバマ政権はその使命を忘れず、外交の指導力こそ発揮してほしい。

 この言葉に表れている通り、社説一味は基本傍観者でいたい。
 それが一味の考えだ。
 日本が国際社会と協力して.....などと言う考えはない。
 更に問題なのは、テロリスト集団と言えるイスラム国に外交。
 社説一味は、イスラム国を国として認めるのか?

 
>ただ、本来は軍事行動に必要な国連安全保障理事会の決議はない。英仏などが参加していないのも、そのためだ。

 これは、ある意味で嘘。
 今回の空爆は、国連憲章第51条に基づく武力攻撃に対する自衛権行使。

 国連憲章第51条とは、
http://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/
によれば、『国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。』。
 つまり、国連決議して行動が出来るまでは、独自の行動が出来るってものである。決議には時間がかかる。その間の緊急措置が認められているのだ。
 アメリカは、現在、この51条を理由に軍事行動を行っている。
 フランスは、別行動で、イラク(イスラム国占領地)に対して空爆を開始している。
 イギリスは、空爆参加をしていないが賛同し、かつ参加の検討中だ。


 本当に社説は、20人で議論?
 声の大きい人で決まりではないの?


恣意的な朝日新聞には経済制裁が必要。
●私的制裁対象企業
 今日の朝日デジタルトップの広告は、閲覧時のタイミングで変わるが、ニュージーランド航空、ANA、ネスカフェ、ソニー銀行。
 慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企
業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『ウイグル問題― 民族融和への不当判決』を読んでの感想

 2014年9月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『ウイグル問題― 民族融和への不当判決』を読んでの感想。

以下感想。
 何故か中国に対して、民主化を求めない朝日新聞社説一味。
 以前は求めていたような気がするが、最近は皆無になった。

 今回の社説も
>要するに判決は、ウイグル族には一切発言させない、民族問題は一切議論させない、と言っているに等しい。

>イリハム氏への仕打ちは、中国の国内で市民運動や言論活動などへの弾圧が強まっている現状と軌を一にするものだ。

と記しているが、民主化を求める言葉はない。

 右を向いて民主主義を叫び、左を向いてはその発言を控える。
 二枚舌。


恣意的な朝日新聞には経済制裁が必要。
●私的制裁対象企業
 今日の朝日デジタルトップの広告は、閲覧時のタイミングで変わるが、ニュージーランド航空、ANA、ネスカフェ、ソニー銀行。
 慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企
業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。

 
 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月24日 | トップページ | 2014年9月26日 »