« 2014年9月25日 | トップページ | 2014年9月27日 »

2014年9月26日の1件の投稿

2014年9月26日 (金)

2014年9月26日付け小説朝日新聞朝刊社説『気候サミット― 2大国の責任は重い』を読んでの感想。

2014年9月26日付け小説朝日新聞朝刊社説『気候サミット― 2 大国の責任は重い』を読んでの感想。

以下感想。
 >再生可能エネルギーを中核にすえ、脱原発と削減の二兎(にと)を追う決断が求められている。

 2014/1/11付日本経済新聞朝刊『電力、都市部の火力に依存塗り替わるエネ地図』によれば、『2012年度の発電によるCO2排出量は4億8600万トンと震災前の09年度から38%増えた。』
 約1/3を原発でまかなっていたが、その分がモロに排出となった。

 2014/3/3付け日本経済新聞電子版『再生エネ導入、太陽光発電の価格下げで「偏重」解消へ』によれば、再生エネルギー全体の認定容量は2206.8万kW(発電していないもの含む)。
 原発換算で約22基分だ。
 うち太陽光は9割(原発約20基分)で稼働は、2割に満たない。

 買い取り価格は、登録時期で決まるので、太陽光発電に限れば少なくとも今後20年は、火力の2倍程度の高額な価格で買い取りを強いられる。

 これは、電気料金に大きな負担となることは明白である。
 電気料金の負担が、今の1.5倍から2倍近くなることを明記するべきであろう。
 後から過大な請求がくるでは、話にならない。


恣意的な朝日新聞には経済制裁が必要。
●私的制裁対象企業
 今日の朝日デジタルトップの広告は、閲覧時のタイミングで変わるが、ソニー銀行、ルフトハンザ。
 慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企
業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月25日 | トップページ | 2014年9月27日 »