« 2014年11月11日 | トップページ | 2014年11月15日 »

2014年11月12日の2件の投稿

2014年11月12日 (水)

2014年11月12日付け小説朝日新聞朝刊社説『アジアの交易― T P P を漂流させるな』を読んでの感想

2014年11月12日付け小説朝日新聞朝刊社説『アジアの交易― T P P を漂流させるな』を読んでの感想。

以下感想。
>中韓両国が自由貿易協定(FTA)で実質的に妥結するなど、動きは急だ。わが国は日中韓のFTAに注力してきたが、戦略の練り直しを迫られる。
>引き続き日中韓3カ国の枠組みを大切にするとしても、特に韓国は日本とのFTAに消極的だ。

 つまり、韓国の都合で日韓のFTAは、諦める選択肢も含まれるわけだ。
 それは大歓迎だ。


>さまざまな視点から、TPPの重要性を肝に銘じたい。

 期限なき交渉。こんなものにろくなものはない。
 参加した以上少しでも有利な結果を残して欲しいものだ。
 しかしながら、先送りが続く今の現状では、そろそろ、日本は、発展的解散も視野に入れ、必要な国と適時FTAなどを結ぶべきであろう。

●私的制裁対象企業
 朝日デジタルトップの広告企業を制裁対処とする。
 企業名は書かない。その企業の宣伝になるから。
 但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

 32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。協賛、主催、イベントはボイコット。
 朝日新聞には、「忘れない権利」を適応。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日付け小説朝日新聞朝刊社説『政治と増税― 解散に大義はあるか』を読んでの感想

 2014年11月12日付け小説朝日新聞朝刊社説『政治と増税― 解散に大義はあるか』を読んでの感想。

以下感想。
>政権は7〜9月のGDPを判断のよりどころにすると言い、それが与野党の共通認識となっ
てきた。その数字が明らかになる前のこの騒ぎである。

 先ず、付け火したのはどこの報道機関だ?
 ことあるごとに、解散いつ〜?あちこちで質問。
 騒ぎが大きくなるのも当然だ。

 共通認識であっても三党合意を行った民主党の対応が、『民主党の海江田代表も「受けて立つ」』と発言している。解散するなではない。受けて立つだ。もはや認識は過去のものであり、解散の判断は総理次第だ。 

 総理判断の事柄にも関わらず総理が日本を離れている間に、憶測記事をばらまく一部無責任報道機関。
 火付け一味の朝日新聞に批判する大義はあるのか。

 
 解散に大義はあるのか?
 与党になる強い意思より、野党で適当に騒い楽をしたい、そんな一部野党に、大義を語る資格なし。
 野党の方が威勢がいい民主党。

 ところで、私が一番大きいと感じる経済指標は、有効求人倍率=雇用の改善だ。将来に不安があれば、企業は新規採用を減らすか行わない。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000054453.html

 高卒の求人倍率も1倍に迫る。 
http://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_soc_tyosa-koyou-highschool-kyujin

 こららには、記されていないが、2014/9/13付日本経済新聞 朝刊『4年連続で改善 全都道府県で前年超え』によれば、東日本大震災の被災地3県は、岩手、宮城、福島で1倍に達している。

 ヤフー、『高卒求人、6年ぶり高水準=来春卒は1.28倍―厚労省』
 http://news.yahoo.co.jp/pickup/6131015

 リーマンショック以後、低迷していたが明るい兆しが見えてきたのだ。
 選挙で反対勢力が衰えれば、更に明るい方向へ進むだろう。


●私的制裁対象企業
 朝日デジタルトップの広告企業を制裁対処とする。
 企業名は書かない。その企業の宣伝になるから。
 但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

 32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。協賛、主催、イベントはボイコット。
 朝日新聞には、「忘れない権利」を適応。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月11日 | トップページ | 2014年11月15日 »