« 2014年12月29日 | トップページ | 2014年12月31日 »

2014年12月30日の1件の投稿

2014年12月30日 (火)

2014年12月30日付け小説朝日新聞朝刊社説『日韓国交5 0 年― 歴史の節目に歩み寄りを』を読んでの感想

2014年12月30日付け小説朝日新聞朝刊社説『日韓国交5 0 年― 歴史の節目に歩み寄りを』を読んでの感想。

以下感想。
>日本と韓国の間に重い澱(おり)のように横たわっている。

 朝日新聞の誤報・捏造の責任を極めて大きい。


>人権や尊厳を傷つけられた慰安婦たちの問題である。

 ビジネスである。
 ビジネスとしての売春に人権や尊厳を求めるなら、現在、ビジネスとしての売春している人の人権や尊厳を守る為に、政府に完全禁止法を求めよ。


>その実像はいまも明確になっていない。

 現実的には無理である。
 裏付けの取れない証言だけでは、また繰り返した。
 朝日新聞は、現在議論が進められている司法取引に対して否定的である。


 2014年6月27日付け『司法取引― 乱用を防ぐ手立てを』では、『 無関係の人が罪を着せられたり、実際の関与より重い責任を問われたりするおそれがある。
きわめて慎重に扱うべきだ。』と記している。

 しかし、自称元慰安婦の方々の証言を、何故か例外扱いしているのが朝日新聞だ。


>ひとりふたりと名乗り出始めた。

 何処かの新聞社が煽ったのではないのか?
 

>手を組むべき課題は山積している

 隣国だからと言って無理に手を組む必要はない。
 また、理由にもならない。
 世界的に見れば、隣国に長期にわたり経済制裁を与えるなど措置を取った国もある。アメリカとキューバも一例だ。


>その中で慰安婦問題は人権問題であり、

 ビジネスとしての売春が人権問題?
 その朝日ロジックが分らない。
 ならば、並行して日本政府に対して、国内での完全売春禁止法を求めるべきであろう。
 朝日新聞は、売春婦輸出国に配慮して、求められないのか?それとも利用が多いから求められないのか?


>元慰安婦たちへの新たな対応を実現する工夫と努力を望みたい。

 アジア女性基金として、1人当たり国民の寄付から償い金200万円、国費から120万〜300万円をわたしている。
 今後、いくら払い続ければいいのか?


>双方の国民感情の悪化は深刻になっている。

 竹島は議論すら認めない、仏像は返ってこない。
 現職大統領が、1000年も恨む発言(残り999年)をしているし。


>日韓は建設的な議論を重ね、歩み寄る必要がある。

 相手の意見の尊重は重要だと2014年1月22日付け小説朝日新聞朝刊社説『安重根論争― 政治が負の連鎖を断て』で述べていたではないか。伊藤博文を暗殺した安重根を相手の意見を尊重しテロリスト扱いするなと。
 まぁ。言論の自由だ。しかし、日本から見ればテロリストだ。『英雄だ』の意見が存在することを認めても、『英雄だ』に賛同する行為は異常だ。これは、テロ支援だ。
 
 国交が途絶えれば、北朝鮮が韓国に攻め込んだとき、日本は半島の戦争に巻き込まれずに済むぞ。当然、集団的自衛権の行使も不要し、何より、大事な大事な憲法9条を守れるぞ。


※午後追記
 未だに国内外挺身隊20万人に対する朝日新聞としての謝罪が見えない。
 少なくとも国内の主だった新聞、各国の新聞に対して朝日新聞として謝罪広告を出すべきであろう。
 何かと言えば国に責任を求め、自らは責任を取らない無責任朝日新聞。


●私的制裁対象企業
 朝日デジタルトップの広告企業を制裁対処とする。
 企業名は書かない。その企業の宣伝になるから。
 但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

 32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。協賛、主催、イベントはボイコット。
 かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月29日 | トップページ | 2014年12月31日 »