« 2015年1月6日 | トップページ | 2015年1月8日 »

2015年1月7日の2件の投稿

2015年1月 7日 (水)

2015年1月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『マグロの教え― 「取りすぎない」徹底を』を読んでの感想

 2015年1月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『マグロの教え― 「取りすぎない」徹底を』を読んでの感想。

以下感想。
>国内で消費されるマグロのうち、最高級のクロマグロは1割にも満たない。 

 だから、気にしなくてもよいって言いたいのか?


>クロマグロの保護にはつながるが、エサになる様々な魚類をより多く取ることにもなる。

 社説には記されていないが、今日付けの日経新聞『完全養殖は万能薬にならず』によれば、クロマグロを1kg太らせるのに15kgの生魚、ブリなら6kg、マダイは5kg、サーモンは0.5kg必要らしい。
 魚の高騰もあり、大豆かすやトウモロコシかすを利用して魚の少ない配合飼料への転換を進めているようだ。
 

>生態系全体を守るには、そのバランスに目配りすることが欠かせない。

 目配りだけではダメだ。
 中国漁船による小笠原沖でのサンゴ密漁は記憶に新しい。
http://www.j-cast.com/2014/11/27221928.html?p=all

 金になると分れば、大間のマグロも危ないだろう。
 もちろん、場所は、国内だけではない。不法行為や乱獲する側も中国だけとは限らない。
 現状は、盗ったもの勝ちに近い。
 国連の場で、日本はリーダーシップを発揮して厳しい罰則規定(相手国に回復費用や取り締まり費用を支払わせる)を提案するべきであろう。


●私的制裁対象企業
 朝日デジタルトップの広告企業を制裁対処とする。
 企業名は書かない。その企業の宣伝になるから。
 但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

 32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。協賛、主催、イベントはボイコット。
 かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『大阪都構想― 住民投票にはまだ早い』を読んでの感想。

2015年1月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『大阪都構想― 住民投票にはまだ早い』を読んでの感想。

以下感想。
>区割り一つとっても、これでいいのか、との疑問が浮かぶ。

 また、木を見て森も見ず。
 『都市構想で、二重行政を止めよう』が目的。これを自体を問うことは何ら問題ないだろう。

>将来、区同士の深刻な対立を招く恐れはないか。 

 バランスを取らなければ、将来、区同士の深刻な格差を招く恐れもあるぞ。


>わかりにくいのは公明党の対応だ。住民投票は認めても協定書には引き続き反対するという。
 
 公明党としては、民意を確認したいのだろう。
 選挙では、様々な政策が含まれ民意は最大公約数になる。


>少なからぬコストを投じて大阪市を解体するのが最良の薬なのかは、冷静に検証する必要があろう。

 現状では、経済の低迷と貧困層の増加と言うなら、その対策案が必要であろう。
 活性化案の一つが都市構想でもある。
 都市構想と言う投資をして、2重行政が減りコストダウンが出来れば、投資に成功と言える。
 

>詰めを怠った末に失敗すれば、大阪がこうむる副作用ははかりしれない。

 進めないことに伴う、大阪がこうむる損失は大きい。
http://oneosaka.jp/tokoso/#front#sitemap8484
によれば、平成45年までに収支改善総額1兆円と試算している。
 
 
>住民投票にかけるか否かは、新議会でじっくり議論してからにしてはどうか。

 反対派は、お決まりのパターンの先送り。
 将来決まっても、分りにくい、丁寧な説明が必要、etc。

 1日の遅れが、損失拡大だ。
 現状が損失が増えているというなら、その改善策を1日も早く実行すべきである。


●私的制裁対象企業
 朝日デジタルトップの広告企業を制裁対処とする。
 企業名は書かない。その企業の宣伝になるから。
 但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

 32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
 当然、朝日新聞は買わない。協賛、主催、イベントはボイコット。
 かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月6日 | トップページ | 2015年1月8日 »