« 2015年2月2日 | トップページ | 2015年2月4日 »

2015年2月3日の1件の投稿

2015年2月 3日 (火)

2015年2月3日付け小説朝日新聞朝刊社説『人質事件と日本外交― 平和国家の構えを崩すな』を読んでの感想/因縁はつける側の都合で決まる

2015年2月3日付け小説朝日新聞朝刊社説『人質事件と日本外交― 平和国家の構えを崩すな』を読んでの感想。

以下感想。
>その常套句(じょうとうく)に流され、拙速な結論を導いてはならない。

 時間をかけた議論と分らない人たちの為に丁寧な説明を繰り返しているうちに、テロ活動は進行する。テロリストの動きに追い付けないようでは、死体が転がるだけ。


>日本は事件から、何を教訓とすべきか。少なくとも、軍事的関与に走ることが日本の安全に直結するとは到底思えない。

 社説傀儡一味は、分っていない。
 因縁は、つける側の都合で決まるのだ。

 今回は、非軍事をアピールしても因縁を付けられた。
 「イスラム国」が正しく認識していなかったから?そんなことはない。安倍総理の発言を彼らは正しく認識していたようだ。
 池内恵氏(東京大学准教授)のブログ中東・イスラーム学の風姿花伝
http://chutoislam.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
『重要なのは、「イスラーム国」が意識的に付けた英訳で「Non-Military(非軍事的な)」と明記されていることです。「イスラーム国」が情報収集に使うアラビア語や英語のメディアからの情報を正確に受け⽌め、安倍⾸相が発表した⽀援策が「非軍事的な」ものであることを認識していることが明瞭になっています。』(原文ママ引用)


>テロ組織に対する資金源の遮断など包囲網づくりに日本も取り組む。

 「イスラム国」の主張と日本国内の一部団体の発言内容が似ている指摘もある。
 ただの偶然なのか?国内にイスラム国支援団体が存在するのか?早急に調査すべきであろう。


>自衛隊による在外邦人の救出といった論議に走るときではない。

 外務省の退避勧告にも関わらず、構わずシリアへ突っ込む朝日新聞。
 国内他社が入らない=情報がない=吉田調書同様、ばれなきゃいい発想で誤報もありか。
 まぁ、何が起ころうと朝日新聞の為に自衛隊は出ないであろう。


>ただ、「イスラム国と闘う周辺各国に支援する」という首相の表現は適切だったか、綿密に検証されるべきだろう。

 だから、どのような発言をしようが、因縁はつける側の都合で決まるのだ。
 少しは、相手を理解すべき。


>もし軍事支援に踏み込むようであれば、「イスラム国」が宣伝した通り、米英と同列の立場になるだけだろう。

 踏み込まなくても既にテロの対象になっている。
 

>たとえば、中東安定化のための国際会議の開催に、日本がもっと力を貸せないか。難民支援の独自策を打ち出せないか。

 因縁はつける側の都合で決まる。故にこれも因縁の対象になる。


>とくに中東では、非軍事こそ日本が進むべき道である。

 進んだ結果が、今回の結果でもある。


>人道外交を重んじる平和国家。その理念を旗印に、テロを許さぬ立場を貫きたい。

 何を発言、どう行動しようが因縁はつける側の都合で決まる。
 聖戦と思っている人には、テロを許さないって発言する人、国も敵である。何故なら聖戦であってテロとは考えていないから。凝り固まった人には、時間を書けた丁寧な説明も無駄であろう。これは国内諸問題の議論を見ても明らか。
 社説傀儡一味は、20人で議論してそれに気づかないのか?自説が正しいと内輪で納得朝日新聞。


 本当に、巻き込まれたくないなら完全鎖国だ。それもネットを含めて。

●私的制裁対象企業
朝日デジタルトップの広告企業を制裁対処とする。
企業名は書かない。その企業の宣伝になるから。
但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
当然、朝日新聞は買わない。協賛、主催、イベントはボイコット。
かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。
朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月2日 | トップページ | 2015年2月4日 »