« 2015年2月4日 | トップページ | 2015年2月6日 »

2015年2月5日の1件の投稿

2015年2月 5日 (木)

2015年2月5日付け小説朝日新聞朝刊社説『対「イスラム国」― 国際包囲網に本腰を』を読んでの感想/国連の安保理声明

2015年2月5日付け小説朝日新聞朝刊社説『対「イスラム国」― 国際包囲網に本腰を』を読んでの感想。

以下感想。
>活動資金や武器の供給ルートの遮断、指導層や活動メンバーのリストづくりなどへ向けて、周辺国と主要各国・国際組織が本腰を入れるべきだ。

 リストと言えば、中東地域の日本人学校と日系企業の所在地のリストを報道したテレビ局もある。
 テロリストは、報道内容をチェックしているとされているにも関わらずだ。


>米欧の主要国と日本は、改めて国連安全保障理事会などに呼びかけつつ、組織に対する包囲網の強化に動かねばならない。


 社説には記されていないが、一応書いておく。
 2015/2/2付日本経済新聞付け夕刊『国連安保理が非難声明 全人質の即時解放求める』では、安保理の声明として『「後藤さんの殺害に関わったものに責任を取らせる」として、各国に日本政府などと協力するよう要請した。』と記されている。
 安倍⾸相の『罪を償わせる』って言葉に妙な反応をしている人もいるが、罪を償わせるとは言葉通りに受け入れれば法的なものだ。更に手法は、国際社会との連携の表現に留めている。
 表現の違いはあるが、現段階では安保理と同じ方向であり、『罪を償わせる』批判は、国連安保理批判とも言える。

 2015/2/4付日本経済新聞付け夕刊『「極悪で卑劣」安保理が非難』(ヨルダン人パイロット殺害を受けての声明)によれば、『国連安保理は遺族、ヨルダン政府への哀悼の意を表すと同時に、後藤健二さんに続く殺害映像の公開に、「イスラム国は壊滅させなければならない」と改めて強調した。』と記されている。
 安保理としては、壊滅だ。
 壊滅する為にテロリスト1人を100人のお花畑で囲んで、歌声と花束で攻める手もあるが、あくまで安保理は”壊滅”と声明を出している。
 今後、仮に安倍⾸相や閣僚が壊滅と発言しても、それは国連安保理の声明に同調しただけだ。


 ところで、2014年1月22日付小説朝日新聞朝刊社説『安重根論争― 政治が負の連鎖を断て』では、テロリスト安重根に対して、『日本と中韓が安重根をめぐる自説をぶつけ合っても、生まれるものは争い以外にない。自国の叙述に閉じこもったまま相手の理解のみを求める行為は、もはや外交とはいえない。』と記していた。
 テロリストを容認せよと言わんばかりだ。
 テロリスト好きな朝日新聞は、イスラム国容認を煽りまくるのではないか。
 そんな雰囲気も一部で見られるし。


●私的制裁対象企業
朝日デジタルトップの広告企業を制裁対処とする。
企業名は書かない。その企業の宣伝になるから。
但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する個人的制裁として、今日から1年程度、これらの企業・団体は利用しません(買わない、保有しているものも使わない)。
当然、朝日新聞は買わない。協賛、主催、イベントはボイコット。
かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。
朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月4日 | トップページ | 2015年2月6日 »