« 2015年2月21日 | トップページ | 2015年2月23日 »

2015年2月22日の1件の投稿

2015年2月22日 (日)

2015年2月22日付け小説朝日新聞朝刊社説『首相のヤジ― 敵意むき出し華もなし』を読んでの感想/朝日の新聞ー敵意むき出し華もなし

2015年2月22日付け小説朝日新聞朝刊社説『首相のヤジ― 敵意むき出し華もなし』を読んでの感想。

以下感想。
 朝日の新聞ー敵意むき出し華もなし。
 
 
>首相の念頭には自民党が野党時代に国会で取り上げた民主党議員と日教組との関係があったようだ。
 
 敵意むき出しの社説傀儡一味は、意図的に説明不足を行っている。恣意的である。
 J−CASTニュース、
 http://www.j-cast.com/2015/02/20228475.html?p=all
より。
 国会で民主党前原氏の質問に対して、安倍首相は次のように答えたとされる。
 「言わば日教組は補助金をもらっていて、そして、教育会館というものがあるが、その教育会館から献金をもらっている議員が民主党にはおられる。それに対する質問を、かつて我が党がした時に、『これは別の団体だから関係ない』というのが、当時の民主党の政府としての大臣が答弁した見解であった訳でありますから、それをどう考えるかという指摘をしたところ」(原文ママ)

 相変わらずブーメランな民主党である。

 社説としては、「民主党議員と日教組との間にあった献金問題を指摘しているようだ。」くらいの文面にするべきであろう。


>首相はよく、答弁中のヤジに「私が答えているんですから」

 民主党政権当時、菅首相も国会でヤジを飛ばし議長に注意を受けている。
 当時、社説傀儡一味は『行政府の長としての矜恃(きょうじ)や品位を自らおとしめることにしかならない。』とは指摘していなかったと思う。
 まさに、安倍政権に対しての敵意むき出しである。


>そうだろうか。むしろ逆に「首相の答弁はまるで、『イスラム国』と闘う首相に対しては批判をしてはならないような印象を我々は受ける」と返したくなってしまう。

 朝日新聞など一部マスコミのISに対する扱いは、ISを擁護、支援しているような印象を受ける。


>共産党の志位委員長の質問中に「さすがテロ政党」とヤジを飛ばした。 
>悪質なレッテル貼りとしかいいようがない

 公安調査庁、2015年1月発行の「内外情勢の回顧と展望」を、社説傀儡一味は読んだのか?
 http://www.moj.go.jp/content/001131174.pdf

 国内情勢中では、P52オウム真理教、P58社会的に注目を浴びた事象をめぐる
諸団体の動向、P62過激派、P65共産党、P67右翼団体を掲載している。 

 共産党は、オウム、過激派、右翼団体と同じレベルで扱われているのだ。
 他よりページ数が少ないが、公安の監視対象であることは事実である。

 これでも、社説傀儡一味は、「悪質なレッテル貼り」と言うのか?
 私は、決してレッテル貼りとは思えない。


 ところで、新聞協会では、新聞週間標語を募集している。
http://www.pressnet.or.jp/about/recruitment/slogan/apply.html
 主題は、『新聞の在り方』を示すものだ。
 メール応募OK、1通1点なら応募点数に上限なし。
 相手は、”表現の自由”を重んじる新聞協会だ。
 ”表現の自由”で、積極的に応募したいところだ。
 「つけ火して、煙喜ぶ、朝日新聞」並の名句を送りたいところ。但し、盗用はNG。

●32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。
但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。

朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。
かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。
朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月21日 | トップページ | 2015年2月23日 »