« 2015年3月16日 | トップページ | 2015年3月18日 »

2015年3月17日の2件の投稿

2015年3月17日 (火)

2015年3月17日付け小説朝日新聞朝刊社説『政務活動費― 住民感覚とのずれ正せ』を読んでの感想

2015年3月17日付け小説朝日新聞朝刊社説『政務活動費― 住民感覚とのずれ正せ』を読んでの感想。

以下感想。
 国民ではなく、住民か?国民感覚とのずれを正せ朝日新聞。
 と思ったが、国会ではなく県議会が主。


>高知県、大阪府の議会は7月以降、領収書をインターネットで公開することを決めた。ほかの議会も、これぐらいはすぐにやってもらいたい。

 2014/8/2 7:00 日本経済新聞 電子版『地方議員の「政務活動費」 ホントの使い道は』によれば、『大半の議会が政務活動費の領収書を公開しているが、公開していない部分もある。』ようだ。

 事務所スタッフなどの給料は、スミ入れは止むを得ないとしても、極力スミ入れなしとして欲しい。そういえば昨年スミ入れの朝日事件があった。
 支出を減らす意味では、日時、場所、目的などを都度公開。
 一定以上の金額のものは、事前に議長許可。
 自ずと妙な買い物、妙な場所での会合はなくなるだろう。

>第三者機関を持つのは47都道府県議会で五つだけだが、全議会が設置すべきだろう。

 第三者機関の透明性も重要だ。
 何年も同じ面子では、癒着となろう。
 隣接県から、人を選ぶなどの策、裁判員並の抽選による策が望ましい。


 ところで、政務活動費を何に使うか?
 社説では、悪例として『長男が運営する会社に家賃や印刷代などとして260万円を支出▼他の議員らの政治資金パーティーの参加費▼計108回の外食代計35万円超▼服をかけるマネキンの購入費――。』を上げている。

 これだけでは、偏見と敵意と憎悪とをかきたてつづけることになってしまうが、そこは煽りたい朝日新聞。
 通常、政務活動費は、事務所の家賃、自動車リース代、駐車場代、ガソリン代、コピー機のリース料などに使うものだ。


 2015年3月13日08時20分付け朝日新聞『議会質問案を外注、不明朗な調査委託 政活費全国調査によれば、『支持政党名を調査する為に、「愛媛国体と東京五輪」「南海トラフ地震への家庭内備蓄」などテーマで、電話調査を行う』(民主党議員)の例が上げられている。
 これだから、アンケートには、関わりたくない。

●32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日付け小説朝日新聞朝刊社説『ロシア核発言― 併合1 年の無謀な言動』を読んでの感想/併合=侵略の朝日ロジック

2015年3月17日付け小説朝日新聞朝刊社説『ロシア核発言― 併合1 年の無謀な言動』を読んでの感想。

以下感想。
 先ず、朝日新聞社説界隈一味に問いたい。
 併合=侵略なのか?併合≠侵略なのか?
 意味を混同して使用しているように感じられる。

 併合は、『国際法上、ある国が他の国の領土の全部または一部を合意によって自国のものとすること』である。

 1年前、ロシアとウクライナの間に合意はあったのか?言うまでもなくない。
 但し、クリミア半島内とロシアの間に合意はあったと言える。
 
 ウクライナから見れば、侵略である。
 一方、クリミア半島から見れば併合であるが、クリミア半島は過去国として存在した時代もあるが、1年前は独立した国ではなかった。

 何れにしろ、一括りで併合の言葉を使えば、当事者間の合意の有無に関わらず、日本語的には、そこに合意があった扱いになる。
 これは、朝日的歴史修正主義とも言える。
 


>併合への米欧による妨害を念頭に、

 双方の合意のあった併合なら、欧米が悪いって話になる。


>ところがプーチン氏は自国の領土拡張のために、核の準備の可能性まで考えていたのだ。

 脅しもあろう。
 そもそも核兵器に関わらず、どんな武器、道具も何時でも使えるようにしておくのが常識だ。
 使いたいとき使えないは、常日頃の危機意識無しと言える。
 そう言った意味では、核保有国は、いつも核兵器の準備をしているのは当然。


>そうした場所で分離・独立の問題が起きるたび、世界は核戦争を心配しなくてはならなくなる。

 核兵器があるからいけないロジック改め、分離・独立の問題が起きた場合ロジックに変更か。


>その意味でロシアの一方的な併合

 だから併合は、双方の合意だ。
 一方的はない。


>核大国が本来取り組むべき軍縮の責務をかなぐり捨て、逆に核による脅しに突き進むかのような暴言である。

 ロシアは、その国内での核兵器の自由な移動の権利はある。
  

>プーチン氏は「住民投票の結果を待たずに併合を決めた」とも明かした。

 どの段階で、腹を決めるか?は自由だ。
 住民投票の結果と一致しない場合、どう行動するか考える上でも、事前に決断する手法はリーダーとしては当然のこと。
 結果が出てから、国民の顔色見ながらどうしましょう、どうしましょう、あるいは何をしてよいか分らないではリーダーとして問題である。


>その点で鳩山由紀夫元首相が示した認識は的外れだ。

 国民が民主党を選んでしまった責任もあるが、民主党は、しっかりその後の責任を持って欲しい。
 少なくとも民主党内から自発的に、その行動を抑制させる活動があってもいいだろう。事後の発言はただの言い訳だ。

>力による国境の変更に加え、

 日本の竹島もそうだ。


>これ以上、国際秩序に挑むような言動は慎むべきだ。

 朝日新聞による歴史修正主義も国際秩序に挑むような言動である。

 今日も偏見と敵意と憎悪とをかきたてつづけることに腐心する朝日新聞。 


●32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月16日 | トップページ | 2015年3月18日 »