« 2015年3月23日 | トップページ | 2015年3月25日 »

2015年3月24日の1件の投稿

2015年3月24日 (火)

2015年3月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『辺野古移設― 沖縄の問いに答えよ』読んでの感想

 2015年3月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『辺野古移設― 沖縄の問いに答えよ』読んでの感想。

以下感想。
>政府はどこまで問答無用の姿勢を続けるつもりなのか。

 相変わらず朝日新聞は、このような表現を使い政府に対して、偏見と敵意と憎悪とをかきたてつづけることに腐心し、民意を一方向へ誘導しようとしている。


>沖縄の訴えに耳を閉ざして

 アポなしで会おうとしたり、県知事の行動にも疑問である。
 パフォーマンスだ。


>翁長知事は仲井真前知事が出した埋め立て承認を検証する第三者委員会の結論が出るまで、作業の中止を要求した。

 希望であって、法的な根拠はない。


>とする県の言い分に聞く耳を持たない。

 「政府は」であるとともに「沖縄県は〜政府の言い分に聞く耳を持たない」でもある。


>知事の行政権限を駆使して沖縄の立場を訴える行動に出るのは当然の流れだろう。

 行政の権限を行使するならば、基地周辺で行われている反対活動に伴う違法行為(道交法など)、米軍関係者へ公然と行われているヘイトスピーチもしっかり権限を駆使して取り締まるべきであろう。
 反対無罪的扱いは、法治国家として問題である。

 沖縄で行われてるヘイトスピーチは、
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239002-storytopic-271.html
に掲載されている。米軍関係者はヘイトと認識しているが、沖縄は抗議扱い。この論調がまかり通るとは異常である。


>だが、米軍基地が集中する沖縄の県民にとっては、国の安全保障政策は「なぜ辺野古か」「なぜ沖縄に海兵隊か」といった疑問だらけである。

 沖縄の県民って新入りのことか?
 過去、普天間の安全確保の為に、辺野古と決めたではないか。
 昔から沖縄に、海兵隊はいるではないか?古くからの在住者に聞けば分るであろう。
 何れも、沖縄に住んでいる人なら知っている話だ。


>沖縄からの深刻な問いかけに、政府はまず向き合うべきだ。

 TVタックルで辺野古移設問題の報道。
 辺野古住民「デモしてるのは辺野古の人達じゃない」
https://www.youtube.com/watch?v=KzftvvrtQmA

 政府は、いったい誰と向き合うのだ。
 沖縄への遠征隊とか?

●32年間の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月23日 | トップページ | 2015年3月25日 »