« 2015年4月10日 | トップページ | 2015年4月12日 »

2015年4月11日の2件の投稿

2015年4月11日 (土)

2015年4月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『株価2 万円― 経済の実態を映すのか』を読んでの感想

2015年4月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『株価2 万円― 経済の実態を映すのか』を読んでの感想。

以下感想。
 私の本業は、株式売買の個人投資家だ。
 その目線も併記する。 


>もちろん、株価は下がるより上がるほうがいい。

 投資家目線としては、下がっても問題なし。
 問題は、
① 出来高(取引数のこと)が少ない
② 値動きに乏しい。
 それが、民主党政権だった。

 投資家目線を離れれば、日経平均は景気指標の一つなので高い方が、日本全体のマインド向上につながるので、上がる方がいい。


>ものづくりの動きがわかる鉱工業生産指数は一進一退を繰り返している。

 2013年は上昇傾向、2014年は消費税増税以後下がるが、その後回復基調。
 2015/3/30付日本経済新聞夕刊『2月の鉱工業生産、3.4%減』によれば、2月は1月の高い伸びの反動。
 経産省は「緩やかな持ち直しの動き」との判断を維持している。

>春闘で大手企業の賃上げが進んでも、物価上昇を考慮した実質賃金指数は22カ月続けて減っている。

 ならばデフレがよいのか?
 賃上げが先か、物価が先かは問題ではない。大幅に乖離がないことが望ましいだろう。

>きのうの株高の要因だった円安も、日銀による緩和がもたらしたものだ。政策が株価を支えているのだ。


 為替は、レンジ内の変動。
 円安への大きな流れは、今年行われるであろうアメリカの利上げの影響が大きい。

 公的マネー(GPIFや日銀など)の買いは? 
 2014年度は、5〜6兆円程度と言われている(この数値は、2015/4/3付日本経済新聞 朝刊『公的資金、株買い越し 最大の5兆円』より)。 
 東証の昨年末の時価総額は500兆円ちょっと。実質1%だ。

 今年急激に増えたとしても、また、全体から見れば2%にもならない。

 公的マネーが入る以上、政策とも言える。
 しかし、国債が低金利ならば、より高い利回りを得られるものへ投資を行うのは妥当なところ。


 何故、上がるか?上がるから上がる。
 公的マネーは、基本、長期保有だ。
 更に、アベノミスクの様子をじっくり見て、それから投資を始める堅実な外資も入ってきている。
 長期投資が入れば、安心につながり上がる。よって買いも入る。 

 また、企業統治改革への取り組みがある。
 これは東証主体であるが、社外取締役を2人以上選ぶよう企業に促す上場規則案で、眠っている現金を賢明に使うよう方向につながるとされる。


>先行きが不確かな実体経済と、持続可能かあやしい政策。

 株価については、初めから持続的な上昇など求めていないであろう。
 きっかけ、起爆だ。
 多くの経済指標は、遅延して公表されるが、株価はそれらに比べれは、リアルタイムであり、かつ、日経平均の単位は「円」だ。定義は知らなくてもイメージはし易い。マインドの向上だ。

 
 民主党政権化では、東証は一日の出来高10億株、売買代金1兆円以下なんて日もあった。昨日は20億株、2.7兆円だ。
 
 3月29日〜4月4日の海外投資家による日本株への投資による買い越し額は1兆円。
 
 2015/3/30付日本経済新聞 朝刊『ノルウェー政府系ファンド、日本株保有3割増 昨年末4.8兆円』。「ノルウェー政府年金基金は100兆円程度の資産の約6割を株式で運用する。うち日本株の割合は7.4%と1年間で0.7ポイント上昇した。」(原文ママ引用)。
 
 少なくとも、怪しい政策では、海外からの買いも入らないであろう。
 
 表現の自由で、角度をつけた表現を行う朝日新聞。
 とき180度も角度をつける場合もあり、注意が必要だ。

以下感想。
●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『国旗国歌― 大学への不当な介入だ』を読んでの感想/乱暴な朝日ロジック

2015年4月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『国旗国歌― 大学への不当な介入だ』を読んでの感想。

以下感想。
国旗及び国歌に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H11/H11HO127.html
 寸法の割合及び日章の位置、彩色、君が代の歌詞及び楽曲(楽譜付きだ)が掲載されている。

>カネを出しているのだから、政府の言うことに従えといわんばかりの論法は乱暴すぎる。

 同時に下村博文文科相は「大学の自主的な判断に委ねられている」と指摘もしている。
 強制はない。


>国が補助金を出している私立大にも同じことを求めるのか。

 乱暴なロジック。
 国立と私学は異なる。
 法律的には、国立大学の職員は、みなし公務員で公務員と同じ罰則規定がある。

 
>文科相は要請の根拠として、国旗・国歌法を挙げた。この法律が成立する際、政府は「国として強制や義務化をすることはない」と答弁したはずだ。

 これは、1999年6月29日の衆議院本会議の話。
 その後、『当時文部省教育助成局長であった矢野重典は、1999年8月2日の参議院国旗・国歌特別委員会で、公立学校での日章旗掲揚や君が代斉唱の指導について「教職員が国旗・国歌の指導に矛盾を感じ、思想・良心の自由を理由に指導を拒否することまでは保障されていない。公務員の身分を持つ以上、適切に執行する必要がある」と表明している。』(ウィキペディアより原文ママ引用)で現在に至っている。
 これを隠すな。


>実態を調べていたこと自体、驚きだ。

 学習指導要領に準拠した活動を調べるかは当然のこと。
 国旗、国歌だけ例外扱いは、矛盾している。
 逆に学習指導要領記載自公を文科省が調査せず、事故など起これば、朝日新聞はお祭り騒ぎをするだろう。
 

>国立大学は法人になっても、主な収入の柱を国の交付金に頼っている。

 法律的には、国立大学の職員は、みなし公務員で公務員と同じ罰則規定がある。
 隠すな。


>政府の意向や社会の価値観など一切に縛られず、自由で多様な研究を深めてこそ学問の価値が保たれる。自由で多様な研究を深めてこそ学問の価値が保たれる。

 角度つけすぎだ。
 国旗が日章旗、国歌が君が代では、自由で多様な研究が出来ないのか?
 そんな考え方の人は、初めから別の選択をすればよい。
 選択肢は他にもある。
 

>そんな敬意もなしに介入しようとする政権の姿勢は、大学の空気を一変させかねない。首相と文科相は猛省すべきである。
 
 相変わらず乱暴な表現だ。
 何かと謝罪を求めるような表現を使うのも疑問。自分たちは権威づしたい為と言える。
 猛省は、
2014年3月28日付けより「猛省せねばなるまい」
2014年4月26日付けより「猛省するほかあるまい」
2014年6月3日付けより「猛省してもらいたい」 
などでも使っている。
 
 それにしても社説の中で、日章旗、君が代に対して何らかの敬意を払おうとしない朝日新聞傀儡一味。法律があっても、どうでもいいって感じだ。
 でも、明日には旗を振って「戦争したい国」を煽る可能性を否定出来ないのが朝日新聞だ。
 


以下感想。
●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月10日 | トップページ | 2015年4月12日 »