« 2015年4月16日 | トップページ | 2015年4月18日 »

2015年4月17日の1件の投稿

2015年4月17日 (金)

2015年4月17日付け小説朝日新聞朝刊社説『自民党と放送― 「介入」は許されない』を読んでの感想。

 2015年4月17日付け小説朝日新聞朝刊社説『自民党と放送― 「介入」は許されない』を読んでの感想。

以下感想。
>番組に確かに問題はあった。だからといって、権力が安易に「介入」と受け取られる行為に踏み込むことは許されない。
>一方で、放送法3条は「番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、何人からも干渉され、又は規律されることがない」と定めている。
>「放送の不偏不党、真実及び自律を保障する」ことで、「表現の自由」を確保し、「健全な民主主義の発達に資する」。
 

 報道の自由、表現の自由、国民の知る権利だからと言って何をやっても許される。
 そんな上から目線の考え方が根底にあるのではないのか?

 何人も事情を聞くことすら許されないでは困る。
 私が聞きたいと言っても、得られる答えは、今後の番組作りに〜、今後の記事作りなどのマニュアル的定型コメントで終わる。
 これは、対等な立場ではないからとマスコミ側が感じているからであろう。
 今の状態は、それこそマスコミだ。誰もマスコミの暴走を押さえられない。
 「戦争をしたい国」へ煽れば、そんな方向に日本が導かれるかも知れない。

 しかし、マスコミに対して十分に歯止めをする機関がない。
 放送倫理に関してはBPOもあるが、マスコミの暴走に気にしている者から見ればとても十分とは言えないだろう。
 結論ありきで、『「恣意的・作為的な編集」は確認されず、過失であったとしながらも〜』、『虚偽ねつ造とまでは言えない』で誤魔化す(これらの表現はBPOから引用)。
 何をしようがペナルティなしが実態と言えよう。


>放送が時の権力の一方的な宣伝に利用され、悲惨な戦争に加担させられていった――。

 朝日新聞などが協力したことの大きさを忘れたのか。
 思想戦兵器。
 

>あの手この手で放送に対する政治的な「介入」を強めようとする。そう見られても仕方がない行為は、厳に慎むべきだ。

 あの手この手で、自民党に対する偏見と敵意と憎悪とをかきたてつづける意図があるとしか思えない朝日新聞。

 海外からの「介入」、特に中韓からの「介入」は余り気にならないようだ。
 産経新聞、元ソウル支局長記事の在宅起訴。
 日本の表現の自由、報道の自由、国民の知る権利など多くの主権の侵害を行っている。にも関わらず韓国に対しての異常な配慮。
 「表現の自由」で「介入」を問題視するならば、当時、もっと強い抗議があってもよかったであろう。


ちなみに、日本のマスコミ団体より、ソウル外信記者クラブが先に声をあげたと記憶している。
 2014/8/15付日本経済新聞 朝刊『産経ソウル支局長告発 「注視していく」 韓国の海外メディア団体』
 2014/8/30付日本経済新聞 朝刊『産経支局長捜査巡り新聞協会が談話 「報道の自由脅かす」』
 海外メディア団体が先で、日本の新聞協会が後だ。日本のマスコミが考える「表現の自由」は、この程度だ。
「表現の自由」を本当に大切するならば、在宅起訴翌日の8月10日には、日本のマスコミは声をあげるべきであった。


 現実、中立性は難しい。
 放送中に「個人的なコメント」などの表現しても放送内容によっては、十分煽動になり中立性を損なう場合がある。
 また、そもそも中立性を無視とも言える放送もある。
 例えば、NHK討論。与党より野党が多い。各党から1名出すのは公平と言えば公平。しかし、野党の声が何度も聞こえる。ときにこれが民意の多数派のようにも感じる場合もあるだろう。

 そもそも、マスコミの声は大きい。
 その声を大きさを自ら自制すべきであろう。
 30年以上も誤報を流し続け、世界にウソを本当として浸透させてしまった新聞社もある。

 ウソの最新情報。 
 ヤフー「慰安婦が強制連行された証拠はない」韓国政府の発言に、韓国ネットから怒りの声「誰のための政府?」「こんなんで日本に勝てるわけがない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150416-00000065-rcdc-cn
 韓国も某新聞のウソを認めたと言える。

 
 中立性への疑問は、まだある。
 辺野古基地問題で過激派の存在、米軍基地関係者に行われるヘイトスピーチに対して、大手マスコミは無視しているかのようだ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月16日 | トップページ | 2015年4月18日 »