« 2015年4月23日 | トップページ | 2015年4月25日 »

2015年4月24日の2件の投稿

2015年4月24日 (金)

2015年4月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『J R 事故1 0 年― 教訓を安全の礎に』を読んでの感想

2015年4月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『J R 事故1 0 年― 教訓を安全の礎に』を読んでの感想。

以下感想。
>私鉄との競争に勝つため、ダイヤ上のゆとりを削って電車を速くした。こうした効率優先の経営姿勢も強い非難を浴びた。

 同じ料金なら速い方がよい。
 多少高くとも速い方がよい。
 それを求めたのは、誰なのか?そんな視点も必要であろう。


>気づかぬうちに危険性が高まっていないか。

 気づかぬうちに、表現の自由の名の下に行き過ぎた表現が蔓延。
 それを擁護する一部マスコミ。
 時に立ち止まり、確かめるべきであろう。

 法案も提出されていない段階で「戦争法案」のレッテル貼り。
 労働基準法の改正案(対象者は年収1075万円の平社員で、全体の3%にもならない)を「残業代ゼロ労働法」と表現。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『官邸に無人機― 悪用の防止を急げ』を読んでの感想

2015年4月24日付け小説朝日新聞朝刊社説『官邸に無人機― 悪用の防止を急げ』を読んでの感想。

以下感想。
>しかし、その頭上は、あまりに無防備だった。

 今年の1月にはホワイトハウスへ侵入。
 事例があっただけに、空からのテロ行為には注意が必要だ。

 但し、現状ではドローン等による空からの攻撃対策は、常設の霞網くらいか。
 ドローンをハッキングする手もあろうが、秒を争う事態に対処できるか?
 街中で何らかの手法での撃墜は、2次的な被害も想定されるし。


>今回、官邸で見つかった機種「ファントム」

 A新聞社は、2015年4月22日11時18分、『空撮OKの新型ドローン、13万円台から 国内5月発売』の見出しで、記名?(F氏の名前が記載されている)によるドローンの広告を掲載。広告によれば保険付きらしい。

 この日のお昼にはNHKニュースで報道。
 金儲けの為に、事件を知っての早速の広告掲載か?
 まさか、仕組んだ?ことはないと思うが。


 社説としては、2015年2月27日付け『ドローン― ルールと法の整備急げ』もある。
 この感想をhttp://dougunogu.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/2015227-103d.htmlに記したが、法整備をする際にドローンの定義をどうするのか?がカギと感じた。

 
 搭載されていたものからして、テロ行為の一つを想像される。
 反対の為なら、何度もOKの雰囲気が一部にある。また、それを正当でもあるかのように扱う、一部を隠して自社の主張に合うものを強調して報道するマスコミもある。
 悪質な行為には、毅然とした対応が欲しい。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月23日 | トップページ | 2015年4月25日 »