« 2015年5月9日 | トップページ | 2015年5月11日 »

2015年5月10日の2件の投稿

2015年5月10日 (日)

2015年5月10日付け小説朝日新聞朝刊社説『対独戦勝7 0 年― ロシアこそ歴史に目を』を読んでの感想

2015年5月10日付け小説朝日新聞朝刊社説『対独戦勝7 0 年― ロシアこそ歴史に目を』を読んでの感想。

以下感想。
>ウクライナのクリミア半島を併合して

 併合とは、両国の合意が前提だ。
 ウクライナは、ロシアと合意してない。
 故に、欧米含め、侵略と批判しているのだ。

 但し、クリミア半島はロシア系が多い。
 ロシアは、クリミア半島を半ば独立国として対応して併合。

 2015年3月17日付け社説『ロシア核発言― 併合1 年の無謀な言動』では、併合=侵略として扱っていた。

日本語を歪める行為だ。
新聞社としてあるまじき行為。
 

>法による支配と民主主義からなる戦後秩序を壊そうとする勢力とみるほかない。

 中国は、民主主義ではない。
 ロシアも実質そうだ。
 全ての国が民主主義ではない。

 「法による支配による戦後秩序」くらいの表現にするべきであろう。
 
 中国は、周辺国無視で南沙諸島で大規模な埋め立てを継続中。
 その面積、東京ドーム170個分。3000mクラスの滑走路の建設も見られるようなので、ボーイング747クラスの超大型機の離着陸も可能だ。
 


>敗戦後70年のドイツの歩みだ。ナチズムと完全に決別し、

 完全?
 ネオナチはいるぞ。
ニューズウィーク日本版『ドイツに登場、ネオナチと闘うアプリ』
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/01/post-3510.php
「中東からの難民やイスラム系住民の排斥を呼び掛けるデモが全国的に拡大するドイツで、「ネオナチと闘うアプリ」が登場した。」(原文ママ)

 こんなアプリが登場するくらいだ。


>歴史を直視し、ドイツに学ぶことである。

 あらあら、韓国と同じ主張。
 
 本当にドイツの対応が正しいのか?
 どの部分が正しいのか?
 仮のそれを相手国の満足と言うならば、ドイツも正しいとは言えない。何故なら、現在、ギリシャはドイツに対して賠償請求の話を度々ちらつかせているから。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月10日付け小説朝日新聞朝刊社説『中国市民運動― 問題提起に共感する』を読んでの感想

2015年5月10日付け小説朝日新聞朝刊社説『中国市民運動― 問題提起に共感する』を読んでの感想。

以下感想。
>どんな問題であれ、誰でも発言できる国でなくてはならないことだ。

 社説の最後で、ここまで書いておきながら、相変わらず中国に対して民主化を求めない。
 実に不思議だ。
 今の中国の状態が、何かと朝日新聞とって都合がよいのだろう。
 煽りやすいのだ。


>特に日中間は政治家に外交を任せても、ぎくしゃくするばかりだ。NGO間の交流の活発化を期待したい。

 交流して、日本人が現地で活動、その後、逮捕。
 中国は、内政干渉と批判。
 朝日新聞などは、解放交渉が進まないと政府批判。
 煽りまくって戦争したい国へ再び導く。
 朝日新聞には、そんな企みが予想される。

「天声人語」の前進は、「神風賊」。
(http://nagaikazu.la.coocan.jp/GHQFILM/DOCUMENTS/Missouri/NewsPaper_J.htmlより)
 切れ目のない煽りの朝日新聞。
 その煽動の歴史を忘れてはならない。  
 ちなみに、神風賊には、「玉砕の精神がその血管内に」なんて表現もあったようだ。これはこれで、表現の自由とも言える。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月9日 | トップページ | 2015年5月11日 »