« 2015年5月28日 | トップページ | 2015年5月30日 »

2015年5月29日の3件の投稿

2015年5月29日 (金)

韓国でmers10 人

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150529/k10010096301000.html

 NHKによれば、韓国政府は、重い肺炎などを引き起こすMERSに感染した患者が、韓国国内で10人に上ったと発表。
 10人目の患者は感染が疑われたにもかかわらず海外に出張....

 氷山の一角かも。
 危険だ。
 韓国への渡航と韓国からの入国を禁止にした方がいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『F I F A 汚職― これはレッドカードだ』を読んでの感想

 2015年5月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『F I F A 汚職― これはレッドカードだ』を読んでの感想。

以下感想。
>同じような構図をもつ国際オリンピック委員会(IOC)は、不祥事を機に自己改革をしている。

 日本への招致活動の際、世襲理事も話題になった。


>会長は79歳で18年目を迎え、強権ぶりが目につく。
 
 「朝日新聞は、熱心に働く高齢者を排除したいのか?」
 と因縁を付けてみる。
 因縁は、付ける側の都合で決まるのだ。
 国内外問わず、遅くとも60歳定年で一度排除した方が言うまでもない。組織の活性化のために。


>高額な年収も公開しない。

 公開していないのに、高額な年収?噂話か?
 「高額と思われる年収は非公開だ」と表現した方がよいだろう。


>不正撲滅と組織の浄化を訴えるべきだ。

 日本サッカー協会の予算書・決算書、電子公告は、 
http://www.jfa.jp/documents/#l3
にある。アラ探しの好きな人をチェックするといいかも。

 予算書・決算書、電子公告の公開は、透明性の第1歩だ。
 それが直ぐに見つかるか?も透明性は2歩目。
 見つけ難い朝日新聞の透明性は低いと言わざるを得ない(以前、一度発見したが今日は発見できず)。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『安保法制国会― リスクを語らぬ不誠実』を読んでの感想

 2015年5月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『安保法制国会― リスクを語らぬ不誠実』を読んでの感想。

以下感想。
>新たな安全保障法制をめぐる安倍首相ら政府側の答弁はそういう主張に聞こえる。
>そんなはずはあるまい。

 曲解でレッテルを貼り、それを否定する。
 ありがちな朝日ご都合ロジック。

 
>普通の人がこれを素直に読めば、武力行使ができるのは日本が直接攻撃を受けたとき、という意味になるはずだ。
>「日本の防衛」だとしても、そのきっかけは、やはり他国への攻撃ではないか。

 「仲間を無視してよい」と解釈する方が、非人間的だ。
 いじめを見て見ぬふりをして生きてきたと思える朝日新聞社説傀儡一味。


>憲法解釈の変更で済ませるには、安全保障政策の根幹は変わっていないと言わざるをえない。

 「安全保障政策の根幹は変わっていない」ならば、OKではないのか?


>しかし、これほどの政策転換をこうした粗雑な理屈で通すのは無理がある。

 粗雑は、朝日ロジック。
 自衛隊員の安全と言いつつも現在増えている自衛隊機スクランブル発進に伴うリスクは考えない。


>このままでは、国会答弁や政治家の言葉の重みが失われてしまう。

 重みなんかあったのか?
 過去の社説で、散々、否定しているではないか。
 都合によって、判断基準がぶれる朝日新聞社説傀儡一味。


>「一般に」「例外として」「現在は」などを乱発し、将来の変化に含みを持たせている。
 
 攻撃する側は、セキュリティーホールを付く。
 セキュリティーホールを公開し、将来に対応できない法律では意味がない。


>国会がこんな政府の無理押しを問題にするのは当然だろう。

 国際法を無視して海洋進出を進める中国など。
 更に、日本の竹島を奪った韓国。
 何れも、無理を押し通し居座りを続けている。
 これらを安保国会で、大きく問題視するべきであろう。
 
 憲法9条を使って、どうやって追い払うのか?ぜひ聞きたい。


>自衛隊のリスクについて問いただそうとした民主党の辻元清美氏に、安倍首相が「早く質問しろよ」とヤジを飛ばしたのだ。
>その後、首相は謝罪したが、真摯(しんし)な議論を妨げるような行為にあきれるばかりである。

 お得意の前後関係を示さず主張に合う都合のよいところだけ取り上げる。
 質問もしないで、自説を30分も続けるは問題ではないのか?。
 首相が質問に対して、時間をかけて丁寧な説明・回答をする行為とは意味が異なるぞ。

 2015.2.16 06:00付け産経新聞『【名⾔か迷⾔か】野党よ、こんな国会質問でいいのか 「猪⽊」「共産党のアイドル」内容が酷すぎる』なんて記事も過去にある(この記事現在は見えない?)。

 民主党、相変わらず党内不一致も露呈。長島昭久氏と辻元清美氏の真逆とも言える質問。
 2015.5.28 21:33付け産経新聞『民主、安保審議で得意の「バラバラ攻撃」 保守・リベラル両派が質問で“党内不一致”を露呈』
http://www.sankei.com/politics/print/150528/plt1505280035-c.html

 質問する側が、しっかりした質問を出さないと意味がない。
 

 過去、戦争をしたい国へ煽った新聞社。
 表現の自由で、また、戦争をしたい国へ煽るリスクは高まる可能性を誰も否定出来ない。


PS
  自衛隊員のリスクを減らす為に「知恵を出し合え」って、お得意の文言を使わない点からして、朝日新聞傀儡一味の頭の中は、実のところ自衛隊員のリスクはどうでもいいのかも知れない。
 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月28日 | トップページ | 2015年5月30日 »