« 2015年7月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『予算編成― まずは抜け道をふさげ』を読んでの感想 | トップページ | 2015年7月26日付け小説朝日新聞朝刊社説『政権と決め方― 基盤崩す「結論ありき」』を読んでの感想 »

2015年7月25日 (土)

2015年7月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『鶴見さん逝く― 個々の行動に宿る理念』を読んでの感想

2015年7月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『鶴見さん逝く― 個々の行動に宿る理念』を読んでの感想。

以下感想。
>権力を握る政治家たちは、自分たちの「正しさ」ばかりを唱えている。

 自分たちの「間違え」ばかりを唱える政治家は、存在しない。
 マスコミも存在しない。
 重症的自虐主義者でない限り、個人でも存在しない。

 『一部の者が「絶対的な正しさ」で大衆を引っ張ることを警戒し』とは、政治家だけではないぞ。
 朝日新聞も含まれるのだ。

 デモ活動では、主催者発表の動員数だけを目立たせる手法はいかがなものか。

 ライブドアニュース『国会デモに参加人数の水増し疑惑 「3万人」参加は嘘だった』
http://news.livedoor.com/article/detail/10279205/
 
 3万人が参加したとされるが、東京マラソンの様子と比較している。
 明らかに、人の密度が異なることが分る。
 警察発表は8000人。主催者は3.75倍増し発表。格差大。

 但し、警察発表は、今後増えても8000人までなら今の警備体制でOKの数値の説もある。だから実際はもっと少ない。

 60年の安保闘争では、ウィキペディアによれば、警視庁発表で約13万人(主催者33万人、2.5倍増し)、圧死1名だったようだ。13万人の写真が冒頭に掲載されているが、これだけ人が多いと流石にキモイ。

 
 60年の安保闘争は、共産主義者が煽動したようだ。
 今回の国会周辺でも、やはり、共産主義者である共産党と関わりのあると言われているSEALDsが活動している。
 赤旗では、SEALDs(シールズ)を大きく取り上げている。
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-06-21/2015062103_01_1.html

 デモへの参加は自由だ。但し、主催者が欲しいのはあなたの意見ではない。頭数だ。これを兵隊とも言うらしい。

 シールズと言えば、Navy SEALs。こちらは、アメリカ海軍の特殊部隊で1962年結成。アメリカ陸軍の特殊精鋭部隊であるグリーンベレーやデルタフォースと並ぶとされる。

 Dの有無の違いはあるが、何故、古くから存在しているSEALsと日本語で同じ呼び方をするSEALDsと名称にしたのか?疑問が残る。やはり、兵隊扱い?そんなことはないか。私には判断をつける材料がない。


 ところで、「共産党と関わりのあると言われているSEALDs」と表現したが、「SEALDsに関わろうとしている共産党」の説もある。
 ライブドアニュース『「安保デモ」で炎上する芸能人ツイート』
http://news.livedoor.com/article/detail/10389635/
に『公安関係者は「学生だけでなく主婦など政治的思想のない普通の人の集まりです。共産党や日本民主青年同盟(民青)が裏で手を引いているとの指摘もありましたが、それはないと判断しています。むしろ、共産党や民青が一枚かみたいとシールズに近づいているという構図。それもうまくいっていません」』と記載がある。
 それが、正しいのか?現時点では分らない。
 来年公表される公安調査庁の「内外情勢の回顧と展望」に掲載されるかも知れない。
 現時点での最新版は、
http://www.moj.go.jp/content/001131174.pdf 
である。ここには、SEALDsの名はない。
 多分、共産党や過激派と名を連ねるのではないだろうか。


>かつての安保闘争などと違い、党派性や組織性からは縁遠い。

 とてもそう思えない。
 「縁遠い」と思わせて、意見の合うデモを煽りたい朝日新聞ではないのか?

 ネット上に掲載されているデモの写真を見ると##組合、##党の旗も散見される。
 組合は、組織である。
 党は、組織である。
 
 産経新聞の
http://www.sankei.com/politics/news/150614/plt1506140013-n1.html

 ヤフーの
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000057-rcdc-cn.view-000
の写真を見ると明らかである。

アゴラ『 異様な安保法制反対デモ、「笑劇の現場」』
http://agora-web.jp/archives/1648698.html
これ見ると老人会のイメージ。この記事では公務執行妨害で逮捕された2名中1名は、60才代、中核派の活動家。
 中核派も、組織であろう。それとこの記事では、SEALDsのメンバーでメディアに出た名前から検索、民青の活動家、共産党地方議員の子弟の名前を確認したとある。


「社説傀儡一味こそ街に出よ」だ。
 出なくてもよいが、他紙の写真くらい見てから書かないとダメだ。
 小説だからいいか。


 もう一度書く。
 デモへの参加は自由だ。但し、主催者が欲しいのはあなたの意見ではない。頭数(兵隊)だ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2015年7月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『予算編成― まずは抜け道をふさげ』を読んでの感想 | トップページ | 2015年7月26日付け小説朝日新聞朝刊社説『政権と決め方― 基盤崩す「結論ありき」』を読んでの感想 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/61952990

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年7月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『鶴見さん逝く― 個々の行動に宿る理念』を読んでの感想:

« 2015年7月25日付け小説朝日新聞朝刊社説『予算編成― まずは抜け道をふさげ』を読んでの感想 | トップページ | 2015年7月26日付け小説朝日新聞朝刊社説『政権と決め方― 基盤崩す「結論ありき」』を読んでの感想 »