« 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月3日 »

2015年8月2日の2件の投稿

2015年8月 2日 (日)

2015年8月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『TPP交渉― 合意へ全力をあげよ』を読んでの感想/また歪めている?

 2015年8月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『TPP交渉― 合意へ全力をあげよ』を読んでの感想。

以下感想。
>開始から5年余り、

 5年って何だ?
 日本は5年前から参加していない。

 ウィキペディア掲載の履歴を要約する。
 当初は2005年6月に4か国で調印。
 2010年3月、アメリカが加わる。
 2010年10月に当時の民主党政権が参加の検討。
 2010年12月、第4回の拡大交渉会合に、日本はオブザーバー参加を打診していたものの、参加は断られた。
 2011年11月、民主党政権で、またも拡大交渉会合への参加は許可されず。
 2013年3月、現政権が参加を表明し、参加国にその旨通知。
 2013年4月、米国政府は日本の交渉参加を認めると米国議会に通知。
 2013年7月、日本、交渉会合に参加。

 また、歴史を歪めようとしている歴史修正主義の朝日新聞。


>ならば、まずは次回会合の日程を確定させ、そこを目標に実務担当者が協議を重ねていくべきだ。

 2015年8月2日午前7現在の情報では、次回も未定。
 甘利氏がリーダーシップを発揮し、今月末を提案したが、議長国アメリカのフロマン通商代表が却下したようだ。


>21世紀型の新たな通商ルール作りという目標を見失わず、
 
 関税なしだけを見れば、21世紀型と言えない。
 日本で関税法が施行されたのは、明治時代の1899年。その前は無し。
 故に、江戸時代型であろう。

 交渉しているとは言え、自主権に関わる部分もセットで交渉が進むことから、ルールの押し付けもあり、出島とか黒船時代(関税自主権の放棄含む)の契約に近いのが実態かも知れない。

 と言っても交渉が進んでいる以上、有利な方向に導いて欲しいものだ。
 


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『小型機墜落― 整備運航に油断ないか』を読んでの感想

 2015年8月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『小型機墜落― 整備運航に油断ないか』を読んでの感想。

以下感想。
 この社説では、法整備を怠った政府が悪い、アベが悪いの"お約束"の論調がない。


>このパイロットは、操縦士養成事業に必要な一部の許可を得ていなかった。
 
 2015/7/27付日本経済新聞 夕刊『養成事業許可なし 機長、パイロット訓練宣伝』によれば、『「関連役所等の飛行訓練に対する理解が得られず、許可を受けるに至っておりません」と説明し、飛行訓練はパイロットを養成する航空機使用事業ではなく、「クラブ運営方式」』で運用していたようだ。 


>「市街地の空港は閉鎖を」との声もあるだろう。ただ、空港ごとに事情は異なるが、他地域との交通に一定の役割を担い、物資の運送拠点として大切な空港も少なくない。

 普天間に対しては、防衛の拠点として大切な空港も少なくないって言わないのか?
 基準は、ご都合で変わる朝日新聞。


>現状の態勢に死角はないか、
>ルール違反が広がっていないか。

 慣熟飛行と言う名の遊覧飛行が多いのが現状のようだ。
 航空法では、慣熟飛行の定義はないらしい。
 慣熟を定めた法整備が、必要であろう。

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月1日 | トップページ | 2015年8月3日 »