« 2015年8月6日 | トップページ | 2015年8月8日 »

2015年8月7日の2件の投稿

2015年8月 7日 (金)

2015年8月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『学習指導要領― 教室の現実をふまえて』を読んでの感想

2015年8月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『学習指導要領― 教室の現実をふまえて』を読んでの感想。

以下感想。
現在の学習指導要領は、文科省の
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/index.htm
にある。
 骨格案の方は、学習指導要領等の構造化のイメージ(仮案・調整中)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/053/siryo/__icsFiles/afieldfile/2015/08/06/1360750_2-1_3.pdf
のこと??


>学校ではすでにその時間も「100ます計算」や「朝の読書」にあてている。詰め込むだけでなく、削る発想も必要だ。

 学校の裁量はないのか??


>家が豊かで親の学歴が高い子と、そうでない子の差が開く傾向がある。

 話題があってもパチンコ、競馬では、差が開くのは当然。
 テーブルの上に灰皿が置いてあるのか?その子の知育につながる物が置いてあるのか?でも差は広がる。
 知育につながる情報を提供できる親、ないし代わりになる人物存在は大きいだろう。

 朝日新聞の読者は、
http://adv.asahi.com/modules/ad/index.php/about.html
によれば、学歴が高く、金持ちが多いアピール。
 読者間の格差拡大放置の朝日新聞。


>家庭環境による差を縮め、貧困の連鎖を断つのは公教育の使命だ。

 親の再教育が理想であろうが、現実は無理。
 人を派遣するか、引き離して生活させるか。
 朝日新聞の大好きなNPO利用かと思ったら、社説には『教員やボランティアの拡充』と記している。
 結局、人が足れない、ボランティアでは十分な対応ができない、金よこせ〜のお決まりのパターン。
 先ずは、ピケティの上位2%くらいまでの増税をしてからだ。


>ならば、指導要領をつくる過程から、学校で、地域で議論の場を広げてもらいたい。
 
 それより、指導要領をつくる過程から、朝日新聞の大好きなデモを煽れば?
 意見の対立するデモ隊を鉢合わせにすれば、有意義なデモになるだろう。
 その方が、朝日新聞の主張するデモによる民主主義に近づく。

※2015年7月12日付け天声人語では、『人々が主権者である社会は、選挙によってではなく、デモによってもたらされる』と明記。選挙と言う民主主義を明確に否定している。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁

 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『戦後70年談話― 和解へのメッセージを』を読んでの感想

2015年8月7日付け小説朝日新聞朝刊社説『戦後70年談話― 和解へのメッセージを』を読んでの感想。

以下感想。
 戦後70年談話の有識者懇談会の報告書は、官邸のHPに掲載されている。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/21c_koso/pdf/report.pdf
 A4で43ページ。
 この報告書のはじめにのところに、『総理から提示があった論点に沿って本報告書としてとりまとめた。本報告書が戦後70年を機に出される談話の参考となることを期待するものである。』と記載している。

 論点とは何か(私的要約)?
1.20世紀の世界と日本の歩み
2.戦後70年間、日本は、どのような道を歩んできたのか
3.日本は、どのような和解の道を歩んできたか。
4.21世紀のアジアと世界のビジョンをどう描き、どう日本は貢献するか
5.戦後70周年に当たって我が国が取るべき具体的施策はどのようなものか
 


>聞く者の心に響かなければ談話を出す意味はない。

 中韓と国内一部傀儡勢力、傀儡マスコミの心のこと?
 この人たちにとって怒りの響きでも、国によって、お詫びの言葉がなくてよかったとする国もある。

 朝日新聞からは、いつ聞く者の心に響くお詫びと反省の言葉が出てくるのだろうか。70年過ぎても全くなしと認識している人が少なくない。


>ポツダム宣言を受け入れて降伏。

 『敵の暴虐に対する報復の機』
 ポツダム宣言、2度の原爆投下を経て、終戦前日の1945年8月14日付け朝日新聞社説でも行った煽り。


>細部に異論はあっても、これが国内外で定着してきた戦中、戦後の日本の姿だろう。

 バンドン会議に何故日本は呼ばれるのか?
 これは、細部ではない。
 そんな視点のない朝日新聞。


>一方で、首相は「侵略の定義は定まっていない」として、こうした歴史認識を修正するような姿勢を見せてきた。

 併合=侵略で扱う朝日新聞には疑問だ。
 先ず、併合と侵略を朝日新聞が明確にすべき。


>その首相の私的懇談会が、侵略だとはっきり書いた。

 同時に、『複数の委員より、「侵略」と言う言葉を使用することに異議がある旨表明があった。理由は、1)国際法上「侵略」の定義が定まっていないこと、2)歴史的に考察しても、満州事変以後を「侵略」と断定する事に異論があること、3)他国が同様の行為を実施していた中、日本の行為だけを「侵略」と断定することに抵抗があるからである。』と注意書きがある。

 委員の中での多数決で決めたのだろう。
 国会に対しては多数決=数の横暴扱い。
 明らかに安保を議論する時間より短い有識者会議。それでも「熟議なき多数決」と表現しない。(「熟議なき多数決」は2015年7月16日付け社説の表現)

 ご都合で、多数決の良し悪しを変える朝日新聞。


>過ちを認めることは、同じ轍(てつ)を踏まないために欠かせない。

 朝日新聞は、いつ聞く者の心に響くお詫びと反省の言葉を出すのか。


>過去の国策の誤りを率直に認め、痛切な反省と心からのおわびを表明した村山談話は、国際社会に評価され、以後の日本外交の基礎になってきた。 

 村山談話の閣議決定には、今も疑問の声がある。
 「疑うべくもない」という「人民日報」用語が使われていることにも疑問の声もある。
 何より、今回、安倍首相が行ったような開かれた懇談会はなかった。
 当時の閣僚は、閣議で突然、首相談話の話が出てきて仰天したと証言。
(2015年5月6日付けzakzak『村山談話のうさん臭さ 閣議で突然…仰天した』)
 そんなレベルだ。

 2015年5月6日付けzakzak『【阿比留瑠比の極言御免】村山談話により「日韓・日中関係がガタガタすることはなかった」は本当か』によれば、談話の僅か3週間後、中国の江沢民国家主席(当時)は演説で、『「ここ数年、日本では侵略の歴史を否定し、侵略戦争と植民地支配を美化しようとする論調がしばしば出ている。日本は真剣に歴史の教訓をくみ取り、侵略の罪を深く悔い改めてこそ、アジアの人民と世界の理解と信頼が得られる」』(『』内原文ママ)。

 明らかに、談話の直後に改善は見られないし、現在と変わっていない論調である。


>もうひとつは、中国や韓国とのこじれた関係を打開する和解のメッセージとしての性格を明確にすることだ。
 
 何を言おうが絶対に変わらない。
 特に韓国は、反日(卑日)を前提とした憲法の国である。先日の明治遺産の騙し討ちは忘れてはならない。


>首相の判断を世界が注視している。

 一番気にしているのは、中韓と国内一部傀儡勢力、傀儡マスコミ。

 この人たちの大好きな村山元首相。
 領有権放棄とも取れる「尖閣は近辺国で共有すればいい」とも発言している。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/print/20140228/plt1402281217000-c.htm

 村山元首相とは、そんな人物だ。


 ネット上で漁ると、マスコミ記事ではないが、阪神淡路淡路大震災当日、
記者の「北海道や東北と違い今回は大都市での災害だが、対策は?」との質問に「そう?」とコメント。
クリントン(当時アメリカ合衆国大統領)が在日米軍支援申し入れするも、拒否。
http://poo-mono.jugem.jp/?eid=294(これは個人の方の記事)

 その他、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1156252771
など。

 かなり問題がある人物。


※投稿後直後に追記
 ヤフー『韓国、安倍談話の有識者懇報告書を批判「和解に全く役立たず」=韓国ネット「基本がなってない国とは交流できない」「敵は韓国内部にいる」』
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150807-00000028-rcdc-cn
 『報告書について、韓国政府は「両国関係の好循環的発展を目指すわが政府の意志と努力に逆行する」と批判した。』(原文ママ)
 韓国のネットユーザーの声『安倍が妄言を吐いたら、金正恩(キム・ジョンウン)が日本に核を一発撃ってくれればいいのに」』(原文ママ)

 既に、韓国政府は明確に批判。
 中韓と国内一部傀儡勢力、傀儡マスコミの好みの言葉を多用しても無駄であろう。
 もはや、「日本が悪い」からの「自虐の勧め」から目を覚ますべき。
 次の要求につながるだけ。その利権が欲しい国内傀儡一味など、もはや無視すべき。どうせ次の利権を探すだけだ。


※ 午後追記
 2015/8/7付日本経済新聞 朝刊『韓国「一方的でこじつけ」』より。
 『日韓関係をめぐる記述に関しては「一方的でこじつけの主張だ」と強く非難した。』(原文ママ)
 嫌韓派に鋭気を与えるコメントだ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁

 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月6日 | トップページ | 2015年8月8日 »