« 2015年8月20日 | トップページ | 2015年8月22日 »

2015年8月21日の3件の投稿

2015年8月21日 (金)

2015/08/21付け日経新聞 朝刊『売れ残りも大切な資産』を読んでの感想/キモイ

 2015/08/21付け日経新聞 朝刊『売れ残りも大切な資産』を読んでの感想。

以下感想。
①人気の韓国館、
②1時間待ちもある韓国
館。

 このヨイショはなんだ。
 
 最初の数行がこんな書き出しである。

 ヨイショするなら記事の内容にそれだけの理由が欲しい。

 しかし、特定の国の展示館を持ち上げる理由が記事に記されていない。
 朝日じゃあるまいし。
 キモイ。

PS 記事は、電子版ではなく紙版。
 電子版の記載内容は未確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日付け小説朝日新聞朝刊社説『高校野球100年― 新たな記憶が刻まれた』を読んでの感想/自己批判なし朝日新聞

2015年8月21日付け小説朝日新聞朝刊社説『高校野球100年― 新たな記憶が刻まれた』を読んでの感想。

以下感想。
>人が人を育て、次世代へつなぐ。100年にわたり高校野球をはぐくんできた伝統だ。

 1校格差問題は未だに解消されていない。

2015/8/7付日本経済新聞 朝刊『元球児が語る「1票格差」』より。
『「甲子園には『1校の格差』がある」と主張する。189校で予選を戦う愛知県と、25校の鳥取県では球児たちの平等性の観点から「是正した方がいい」』。7倍以上だ。


>それぞれの進路で生かしていってほしい。

 当然であるが、社説は自画自賛お花畑マスタベロジックで展開している。
 現実を見て見ぬふりはいけない。


2015年8月9日付けスポニチ『酷暑の甲子園 選手はけいれん、観客は熱中症 次々救護室へ 』
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/09/kiji/K20150809010907340.html
より
 『第1試合で好投していた津商(三重)の坂倉誠人投手は7回途中に両手のけいれんを訴えて降板した。第2試合に出場した創成館(長崎)の中島崇二塁手も両足などがけいれんし』
 『熱中症や日射病で救護室に行った観客は8日に61人、9日に42人になった。一時は部屋に入りきらない状況になったという。』
 本件は、産経新聞 http://www.sankei.com/west/print/150809/wst1508090065-c.html にも掲載されている。

 死者が出なくてよかった。後遺症は残らなかっただろうか?心配である。
 主催者の責任は、極めて重い。
 しかし、その自己批判もなし。 
 『私たちはいい子です。関係ありません。』朝日新聞。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月21日付け小説朝日新聞朝刊社説『岩手県知事選― 不戦敗という責任放棄』を読んでの感想

2015年8月21日付け小説朝日新聞朝刊社説『岩手県知事選― 不戦敗という責任放棄』を読んでの感想。

以下感想。
>県政のあり方は論点になりづらい状況が生じてきた

 本来の目的からずれてしまっている。
 AはB市から。
 CはD県から。
 そんな主張だけが目立つようでは、県政、市政が疎かになるのではないか。

 現職の達増拓也氏は、無投票当選の可能性が高い。
 そして、元民主党である。
 『民主党岩手県連内には党を離れた達増氏への温度差があり、支援に回る県議がいれば慎重姿勢の有力者もいる。』『民主党分裂後、旧未来を率いた小沢氏は12年12月の衆院選岩手1、3区で民主党への対立候補を擁立。達増氏も未来に回り、激烈な「同門対決」を繰り広げたため、所属議員や支持者は小沢氏との連携にアレルギーが残る。』(2015年04月16日付け 河北新報『<岩手知事選>「離党と除名」民主内対応は』 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201504/20150416_31005.html より)

 こんな状態で、岩手県政は大丈夫なのだろうか。

>安全保障関連法案をめぐり支持率が低落傾向にある安倍政権

 8月15日以後に行われた調査では横這いと見るのが妥当。


>複数の候補が議論をたたかわせ、有権者の判断を仰ぐ方が望ましかった。
>政党が国政の対立構図をそのまま持ち込み、知事選をたたかうことが必ずしもよいとは言い切れない。

 民主、維新、共産、生活の野党の異常な相乗り。
 最近は、共産(民主支部、維新支部、生活支部)状態。

  

>国政で1強を誇る自民党が、敗北を恐れて選挙を避けた責任は大きい。

 県政で、安保法制を争点にした野党の責任も大きい。
 まだ、立候補可能と思う。
 どの政党にも属さない責任ある個人の登場に期待したい。


>政党が有権者に選択肢を示す責任を放棄しているようでは、

 その理屈なら、全ての政党が全ての選挙で候補を出せ!になる。
 そこまで言わないまでも、せめて、共産並に候補を立てるのが望ましい。


>政党として何をなすべきか、真剣に考えるべきときだ。

 異常な相乗りにも疑問だ。
 

 自民が悪いなど特定の方向へ印象操作する朝日新聞。 
 【朝日新聞の卑怯な手口】 http://kenjya.org/teguchi.html
を見ると、その手口が詳しく解説されている。
 朝日新聞を読む前に、必読であろう。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月20日 | トップページ | 2015年8月22日 »