« 2015年8月28日 | トップページ | 2015年8月30日 »

2015年8月29日の2件の投稿

2015年8月29日 (土)

2015年8月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『自民総裁選― 挑戦者はいないのか』を読んでの感想/首相として2度の信任を無視か

 2015年8月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『自民総裁選― 挑戦者はいないのか』を読んでの感想。

以下感想。
>だが、こうした考え方には、納得がいかない。

 総裁選アリキの朝日新聞のこの考え方に納得はいかない。

 日本の首相は、直接選挙で選ばれない。
 議員の国会内選挙で選ばれるが、党首が首相になることは誰もが知っている。

 昨年末2014年、首相自身が衆院を解散し、小選挙区で当選した。
 2012年は、民主党から政権交代。
 2度の信任、これは、民意である。

 その民意を覆すにはそれだけの理由が持てる候補が必要になる。
 自民党内にいる以上、取り組んでいる案件を野党のように、只管に否定すればよい訳ではない。
 否定するだけなら、離党せよだ。
 
 
>懸案だった経済では株価を上げ、
 
 恣意的だ。

 雇用が大きい。
 今や企業側の「お祈りメール」から学生側の「内定辞退の定型文メール」の時代だ。オワハラもあるくらいだ。
 

>首相の向こう3年のビジョンは何か

 総裁選が無くても発言は可能だ。
 確定時に首相ではなく党首として、語ってもいいだろう。

 首相には、所信表明演説、施政方針演説の場もある。


>論じるべき点はたくさんある。

 いくら論じてもまともに報道しない一部マスコミの方が気になる。


>こうした政策論争の場を自らつぶしてしまうのは、政権党として責任放棄だ。

 滅茶苦茶とも言えるロジック。
 党内で議論は絶えず行われている。与党とも行われ法案が出ている。

 しかし、何処かの政党はろくに党内議論もせず、できず、重要法案に対する対案も出せず。
 お得意は、個人プレーで済む揚げ足取りだけ。


>政権党として、あまりに内向きな姿勢ではないか。 

 ポストを得るのは内向きではない。
 次への一歩だ。
 頭だけでは済まない世界だ。経験値も重要だ。 


>OBからは「党全体が上ばかり見るヒラメ化した」(山崎拓元幹事長)

 もはや、OBは百害あって一利なし。
 一利があっても害の方が大きい。
 村山(元)は、中国の抗日式典(軍事パレード含む)に出席。
 鳩山(元)は、韓国土下座事件。
 
 私人とは言え、元首相が中国の軍事パレードだ。
 中国の海洋侵出を認めるような振る舞いだ。
 呆れる。


>政権党の真価が問われる。

 単純に対立を煽りたいだけ。
 そこに、何らかの失言が出れば後々に悪用。
 所詮、そんなところだ。


 日本報道検証機構『朝日の慰安婦第三者委員会は「失格」 弁護士らが格付け評価』
http://gohoo.org/15022601/
 『8人の委員のうち5人が「F(不合格)」』。
 自ら都合のよい委員を集めてこの有り様。
 大新聞としての真価が問われているぞ。


※午後追記
>報道を威圧する発言

 何人も注意するなって。
 神様気分の朝日新聞社説傀儡一味。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『新国立競技場― 判断できる材料示せ』を読んでの感想

 2015年8月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『新国立競技場― 判断できる材料示せ』を読んでの感想。

以下感想。
 朝日新聞社説では、新国立について何度も取り上げていた。
 今年、見出しについたものだけで、
2015年5月22日付け『国立競技場― 甘すぎた構想、猛省を』 
2015年6月29日付け『新国立競技場― 新たな選択肢で出直せ』
2015年7月2日付け『新国立競技場― 公共事業として失格だ』
2015年7月6日付け『新国立競技場― 見切り発車は禍根残す』
2015年7月8日付け『新国立競技場― これでは祝福できない』
2015年7月18日付け『新国立競技場問題― 強行政治の行き詰まりだ』
2015年7月31日付け『新国立競技場― 「政治」の責任はどこへ』
もある(抜けはあるかも)。

 まとめれば、
①工期と建設費の見積もりの甘さ
②総工費そのもの
③情報の公開と市民参加
④費用対効果
⑤政府批判と責任問題
と言ったところだ。
 これは、2014年の社説を含めてもだ。


 今日の社説では、『1550億円が妥当なのかは、判然としない。』と記している。
 情報の公開、市民参加、責任問題除けば、実質費用の問題だけだ。
 しかし、これまで社説では、朝日新聞として妥当と考える工費金額の提案なし、効果についてもいくらなら妥当を考えるのか?その提示もなかった。
 市民の声にしても、アンケートの結果。
 でもアンケートを答える市民は、8万人規模の標準的な競技場の工費を知っていて、答えている人は皆無であろう。多くは、単純に2650億円が高いような気がすると判断しているだけだ。
 マンション1戸の値段は知っていても1棟の値段は知るまい。

 新国立と引き合いに出せる日産スタジアム(7.2万人、工費約600億)にしても、それは20年近く前の費用だ。
 日産スタジアムは、現在の航空写真を見ても周辺には土地的な余裕があるが、国立はそんな状態ではない。これは、資材を置く場所にも制約があることを意味し、割り増しとなる。
 そして、競技場そのものの敷地面積も違う。
 国立は74,000平方メートル、日産は16,4000平方メートルだ。国立と日産が同じ収容人数にするにしても、日産以上の階層化が必須であることが分る。これも割り増しだ。
 
 
 ゴールポストなしで、物を語り批判。
 結論が出て、また批判して、ご満悦。
 ご都合主義である。

 
 過去、社説では「2本の巨大なアーチをやめろ」と主張していた。
 アーチ構造は、マスコミが叩きに利用していたが本当にそうだろうか?
 しかし、建築家の片山惠仁氏は疑問を投げかけている。
 http://togetter.com/li/849023
 http://athlete-knowledge.jp/reports/332
 同氏は、『付帯施設が殆どなく、人工芝前提で空調、散水施設が簡素なテキサスATTスタジアムですら1600億円の工費が掛かっている。』点を指摘している。
 その上で、『遮音幕含め2800億円という施工側が見積もった予算は、狭く進入路や資材置き場も限られる敷地条件、地下鉄への接続路等も含めて考えると、(設計見積もり時よりは高いが)著しくデザインのせいで高価とは言えぬ。』としている。

 
 反対活動した『神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会』のHPに「問題点がわかるフライヤー」が掲載されている。賛同人のメンバー名も掲載されている。
 一部を確認しただけだが、原発反対(例「さようなら原発1000万人アクション」とか)、安保反対(例「安全保障関連法案に反対する学者の会」)を訴える方々だ。
 純粋に、新国立競技場反対が目的ではないように思えてしまう。  
  

>検証を急いで具体的な反省材料を示し、それを新計画にどう生かしたのか示さない限り、判断のしようがなく、国民の信頼は得られまい。

 何故、馬鹿騒ぎに至ったのか?
 一部マスコミのロジックなしの異常な煽りはなかったのか?の検証も必要だ。
 マスコミが民意を操作する「煽り」は、また、「戦争したい国」へつながる可能性を秘めている。

 単純なザハさん悪者論にも疑問だ。
 どの部分にいくらかかり、2650億円になったのか?それが分らないと判断出来ない。2650億円には、ザハさんの設計した部分以外のものが含めれている。
文科省の
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sports/029/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/08/20/1360993_1.pdf
に総額の工事費の変移の分る資料が掲載されているが、もう少し細かいところ、バリアフリーでいくら、地下鉄接続でいくら、遮音でいくら、蓄熱でいくら、VIP席にいくら、等、見えるようにして欲しいものだ。


>難事業となってしまった。

 騒いで、難事業にさせたかったのが朝日新聞の本音ではないのか?
 そもそも、工費の基準を示さず騒いだ以上、そう思われても仕方あるまい。


>カギは、国民の信頼を得ることにある。

 朝日新聞が、読者の信頼を得ることも重要だ。
 一部は、信頼しきっているが怪しいと感じる人も少なくない。


 2015年7月25日付け『予算編成― まずは抜け道をふさげ』より。
 『新国立競技場の建設問題では、国民の怒りが計画を白紙に戻した。負担を強いられる納税者の「常識感覚」を生かさない手はない。』ともっともらしく記している。
 しかし、読者の多くは、競技場の相場を知らない。故に常識はないとも言える。
 感覚は、ときに危険である。
 見出しと内容の不一致、あるいは、そうとは書いていないがそう思わせる朝日新聞のような新聞がある。気づかぬうちに「煽り」乗っていた場合もあるだろう。

 戦争煽って2度のV字回復。
 それが朝日新聞手法だ。
 3度目はないと誰も証明は出来ない。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月28日 | トップページ | 2015年8月30日 »