« 2015年8月31日 | トップページ | 2015年9月2日 »

2015年9月1日の2件の投稿

2015年9月 1日 (火)

2015年9月1日付け小説朝日新聞朝刊社説『橋下新党構想― あまりに勝手な分裂劇』を読んでの感想/つぶしアリキ

 2015年9月1日付け小説朝日新聞朝刊社説『橋下新党構想― あまりに勝手な分裂劇』を読んでの感想。

以下感想。
 橋下氏つぶしアリキの社説。 

>手のひらを返しての新党結成宣言だ。
 
 橋下氏は、維新の党を離党してから、新党宣言。
 その新党に、参加する議員が、維新の党を割るのであって橋下氏が割る訳ではないとも言える。

 朝令暮改などよくある話。
 朝日新聞社説も、コロっとがあるではないか。


>あまりに軽く、身勝手に映る。

 お得意の取りあえずレッテル貼り。


>12月の政界引退を表明した。

 今回は都合が悪いので、朝日新聞としては民意重視の姿勢を封印。
 続けて欲しいの声があれば、続けるのも一つの判断。
 その良し悪しの判断は、有権者が行うべきもの。


>労働組合との関係が深い民主党との再編に前向きな松野頼久代表への不満も根強かった。

 橋下氏などは、元々、労組との深い関係は改革を阻害すると考えている。


>党運営が思うようにならないと、すぐ分裂に走る姿勢は理解しがたい。

 元々の保守色から、「結い」が入り、想定以上にリベラル色が強くなれば当然。
 しかも、地方より目立つ国会で、反対色だ。
 これでは、維新の党本来の姿が見えなくなる。

※リベラルは日本では自由・革新と訳されるが、護憲の何処がリベラルだ。護憲では、全く、自由でもないし、革新でもない。「ご都合主義」と扱うのが適切だ。


>松野代表の責任も大きい。
>手前勝手な分裂は、維新に期待して一票を投じた有権者の信頼も損ねよう。

 松野代表から聞こえるのは、政策より民主党との合流話ばかり。
 これでは、橋下氏だけではなく有権者も疑問を感じるだろう。

 そして、代表として、国会議員団の方向を、選挙後、保守寄りからリベラルに振った。この責任は、極めて重い。それは、公約破棄以上の深刻な問題行為だ。
 有権者の信頼を大きく失ったと言えよう。


>なぜ住民投票の後、反対派と真摯(しんし)に話し合おうとしなかったのか。

 間を置いて、再度仕切り直すやり方もある。
 直後では、朝日新聞などが民意だ民意だと煩いので議論にならないだろう。
 

>対立の構図を引きずり、最後は選挙でけりをつけようとする。

 選挙は、民主主義。
 否定的な表現は、やはり、選挙よりデモがいいのか。


>このやり方がいつまでも有権者に支持されるか。考えた方がいい。

 このやり方=朝日ご都合ロジックがいつまでも読者に支持されるか。考えた方がいい。
 世論調査の有効回答率は、毎度50%前後で低迷。
 半分がノーだ。朝日に関わるのは、イヤだってこと。

 一方、NHKや日経新聞は、2/3程度の回答率を確保している。その現実を直視するべきであろう。
 朝日も分裂した方がすっきりするだろう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月1日付け小説朝日新聞朝刊社説『防衛概算要求― 将来見通しを議論せよ』を読んでの感想/軍用機献納運動の強化は?

 2015年9月1日付け小説朝日新聞朝刊社説『防衛概算要求― 将来見通しを議論せよ』を読んでの感想。

以下感想。
 防衛省の概算要求案は、
 http://www.mod.go.jp/j/yosan/2016/gaisan.pdf
に掲載されている。


>成立すれば、自衛隊の任務は増え、活動範囲は広がる。当然、防衛費もさらにふくらむ可能性がある。

 いい加減だ。
 順番が違うのでは?
 想定される任務がある。だから、予算を確保する。

 そもそも概算要求額の中身を示さずに語る卑怯な社説。

 15年度は、4兆8221億円
 16年度は、4兆9299億円を計上。

 数値的には増えている。
 しかし、2015/8/16付日本経済新聞 朝刊『増える防衛費』によれば、その内訳は、
①人件・糧食費
②過去に購入契約した装備品などの支払いを指す後年度負担分
③新規契約の支払いなど一般物件費、修理費や油購入費。
 ①と②で全体の8割。これは上記PDFからも分る。
 新規の装備品購入や施設整備などで増える金額は1千億円程度。
 それは15年度と16年度の金額差から分る。

 社説の後半で、オスプレイやF35、グローバルホークなどの金額を上げて、さも増額したかのように惑わしているが、現実は上記の通りだ。

 また、増える理由には為替の影響もある。
 昨年の8月末のドル円は103円台。現在は、121円台。輸入品は2割近く高くなる。
 この為替の影響も書かない。
 

>国会での議論は足りない。

 実にいい加減な表現だ。
 まだ、概算要求が出た段階だ。議論は、これからが当然。

>法案が成立すれば、日ごろの教育訓練はもとより、他国軍との共同訓練にかかる費用など、自衛隊の海外展開に向けたコストは増えるだろう。

 また、金額を記さない。
 概算要求のPDFによれば、教育訓練費等で84億円の増額。

 訓練で増額と語り、その例で兵站(へいたん、後方支援)でかかるって?展開がおかしい。
 

>政府は今後の費用対効果もふくめ、明確に説明すべきだ。

 朝日新聞としては、中国など外国に対して、丁寧な情報開示が必要と考えているようだ。


>未曽有の財政難のなか、予算に「聖域」はあり得ない。

 朝日新聞としては、中韓から減額の要望が届くなか、予算に「聖域」はあり得ないと言いたいのだろう。

 防衛省のHP、『女性自衛官の一日』より
http://www.mod.go.jp/gsdf/mae/10d/hiroba/oneday_woman/sig2/wacday.pdf
「最近部屋のエアコンが壊れて、すごく暑いんです。」

 国会で議論は必要である。 
 少しは、現場に目を向けた議論が欲しいところだ。
 ##の自衛隊基地の食堂に入ったら空調が壊れていたとかって話もある。


 ところで、「軍用機献納運動の強化」はもうやらないの?
 昭和16年12月12日朝刊で、全国民の赤誠参加を社告で呼びかけたように 当時、朝日新聞は真心を込めて10万円寄付。現在の2億〜3億円くらい。
(太田出版、朝日新聞の戦争責任を参考)。
 尚、赤誠とはせきせい、真心の意味。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月31日 | トップページ | 2015年9月2日 »