« 2015年9月1日 | トップページ | 2015年9月3日 »

2015年9月2日の2件の投稿

2015年9月 2日 (水)

2015年9月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『五輪エンブレム―失敗繰り返さぬために』を読んでの感想/次はノンバーバルデザインに期待

2015年9月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『五輪エンブレム―失敗繰り返さぬために』を読んでの感想。

以下感想。
佐野研二郎氏の酷いデザインが使われなくなったことは非常に喜ばしい。
 パクリ問題より、私は、黒い壁で世界を左右に分断するようなエンブレムは全く好感が持てなかった。
 ネット上で喪章エンブレムとも言われていた。
 エンブレムのようなものは、見た瞬間で決まる。「黒は##を意味して〜」の説明が必要なものは間違っている。ノンバーバルであるべきだ。


>組織委はまた公募で、

 佐野デザイン採用時は、公募と言ってもいつの間にかの印象がある。
 そして、選考の不透明さネットで指摘されている。
 2日分けて選考しているのに、2日とも服が同じ(上着は別にして)。

 第三者によるメンバー選定による第三者委員会の設置が欲しいところだ。

>登録外のもの全てを確認するのは困難であることを認めている。

 それでもネット民は、佐野氏の過去のデザイン含め類似を発見している。偶然の類似もあろうが、確認の仕方が甘かったと言える。
 選考の各段階で、公開するなどすれば、有志によるパクリチェックも行われるだろう。


>その形や色に込められた理念や考え方の独創性を丁寧に説明して、

 それは間違っている。
 五輪のエンブレムを見る全ての人が、あるいは大多数が、その説明を聞く訳ではない。
 説明不要が望ましい。

 説明を聞かずに分ることが重要であろう。
 例えば、桜の花をあしらった招致エンブレムもいい。
 桜は、外国人から見て日本をイメージするものの一つであろう(起源を主張している1国もあるが、世界的には認められていない)。
 フジヤマゲイシャ系だ。
 

>今度こそ、世界の人々に、広く愛されるエンブレムを選ぶ責任がある。

 もっともだが、何故、今回は、責任の所在を求めないのだ。
 2015年7月18日付け社説、2015年7月31日付け社説など度々の新国立問題を取り上げ、只管に責任問題重視の姿勢であったが、今回は責任問題を語らずだ。
 もっとも新国立では、何故か当事者とも言えるJSCを飛ばして政治責任に走るロジック異常を感じたが。

 新国立に比べ被害額は小さいが、既に金がかかっている。そして、多くの国民に失望を招いた。海外でのマイナスイメージもある。
 少なくとも、佐野氏には公開の場での説明責任があろう。「スタッフがー」で済む問題ではない。

 そして、選考過程含めて検証する第三者委員会の設置で、しっかりした検証が必要である。
 そういえば、これも求めていない朝日社説。

 結局、博報堂さんに配慮?と思われても仕方あるまい朝日新聞。
 今日もご都合ロジックが光る。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『政権と沖縄―「心の空白」を埋めよ』を読んでの感想/距離を隠す朝日ご都合ロジック

2015年9月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『政権と沖縄―「心の空白」を埋めよ』を読んでの感想。

以下感想。
>なぜ在日米軍基地の74%が集中
 
 何故、地上面積比だけで考える。
 守るべき領海面積は大きい。


>なのに、なぜ辺野古の海を埋め立ててまで県内移設が必要なのか、と。

 2015年2月24日付け琉球新報『浦添市長、那覇軍港移設容認へ 位置変更を要求』
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-239371-storytopic-3.html
http://www.sankei.com/politics/news/150420/plt1504200021-n1.html
によれば、軍港移設先の浦添市の松本哲治市長は、移設反対を掲げて当選。そんな市に、翁長雄志沖縄県知事は、軍那覇軍港の浦添移設を要求している。
 浦添移設も埋め立てが必要である。何故、辺野古はダメなのか?


>翁長氏は「抑止力の原点である一体性、即応性、機動性の点で大変おかしい」と反論した。
 
 先ず、米軍岩国基地の利用は、沖縄負担低減に伴う分散である。

 那覇ーグアム2000km以上(2280km?)。
 那覇ー岩国1000km以上。

 那覇から石垣島なら410km程度。尖閣諸島は420km程度。

 即応性を考えれば、答えはグアムより岩国、岩国より沖縄である。
 補給線は近い方がよい。

 朝日は知事に同調しているようだが、物理的距離を無視してはいけない。
 どこでもドアはないのだ。


>「沖縄と日本の間に心の空白ができている」と指摘した。

 沖縄県知事の、県民の間にある心の空白へどう対応するのが見えない。
 朝日の社説だけの話ではなく、他を含めての話だ。

 2015年7月31日付け八重山日報『米軍普天間飛行場の』  
http://www.yaeyama-nippo.com/2015/07/31/米軍普天間飛行場の/
より。
 『尖閣問題が深刻化する現状で、米軍基地の位置は「沖縄より熊本のほうが地理的に優れている」などと言い出すのは、それこそ論理の飛躍だと感じる』(原文ママ引用)
 沖縄より尖閣に近い石垣島の新聞社の意見だ。

 次のような記事(議員の投稿)も掲載されている。
http://www.yaeyama-nippo.com/2015/06/15/海上保安庁への筋違いな抗議をやめてください-石垣市議会議員-砥板-芳行/
より。
 『「海保はテロリストだ」と書かれた横断幕を路上や海上保安部施設ゲートの門を塞ぐように設置したりしています。』(原文ママ)。
 確かに筋違いそのものだ。
 
 知事は、この大きな隙間をどう解決したいのか?
 そして、尖閣の守りに対する納得のいく説明を未だに出していない。
 国防に関わるのだ。知事は、国民に対して納得のいく説明をするべきであろう。怠れば、賛同は得られない。
 情だけで、判断しない人もいるのだ。


>長い歴史と数々の基地被害による「心の空白」を埋めるためにも、
 
 過去を気にするならば、長い歴史と数々の朝日新聞被害による「心の空白」を埋めるための活動を見せて欲しいものだ。

   
>協議を早期に打ち切ることなく、双方が納得できるまで続けることを政権に求める。

 2015年7月22日付け小説朝日新聞朝刊社説『防衛白書― 法制を急ぐ必要はない』では、
 『2、3隻が午前中に入って約2時間で出ていくパターンになっているという』『だとすれば、中国当局の一定のコントロール下にあるとの見方もできる』
 「だからよい」と取れるような社説を掲載している。
 何とも異常である。
 何度注意しても、同じ時間帯に庭先へやってくるストーカーに問題なしと言う発想だ。

 協議が長引けば、中国に「パターン」を続けさせることになる。結果、中国の実効支配を認めることにつながる。

 
>やはり安保法案審議による内閣支持率低下を懸念した時間稼ぎだった
 
 2015/8/31付日本経済新聞 朝刊『内閣支持率46%に回復』より。
 日経新聞の社会調査記事。回答率70%(50%前後の朝日調査に比べ信頼性は高い。50%では朝日フィルター入りだ)。
 集団的自衛権の行使に賛成は賛成27(24)、反対55(59)、安保関連法案は賛成27(26)、反対55(57)、何れも( )内の先月と比べ大きく変わっていない。
 他の原発再稼働、TPP、アベノミクスに対する評価も殆ど変っていない。
 この調査結果を見る限り、集団的自衛権の行使の是非、安保関連法案の是非は、若干賛同が増えている、あるいは誤差レベルで変わっていないとも言えるが、『安保法案審議による内閣支持率低下を懸念した時間稼ぎ』とするのは、現段階では曲解に思える。
 早くも、レッテル貼り開始の朝日新聞である。


 昭和20年6月16日付け朝日新聞朝刊では、沖縄戦について『この際離れ島消耗戦の意義は的に出血を与え時を稼ぐところにある。最後の勝負を決するのはいうまでもなく本土決戦である』と掲載していたようだ。
 最初は、沖縄を断固守り抜く主張を展開していたようだ。しかし、都合が悪くなると、上記のように切り捨てとなる。
 そして、当時、アメリカは沖縄から遠いので「補給線」が長く延び、日本より不利と強調していたようだ。
(太田出版 朝日新聞の戦争責任より)。

 距離を誤魔化し(記載せず)、主張を正当化する朝日ご都合ロジックは70年経っても健在と言えよう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月1日 | トップページ | 2015年9月3日 »