« 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月12日 »

2015年10月11日の2件の投稿

2015年10月11日 (日)

2015年10月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『おおさか維新 時を巻き戻すだけでは』を読んでの感想

2015年10月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『おおさか維新 時を巻き戻すだけでは』を読んでの感想。

以下感想。
 おおさか維新は、憲法改正を掲げている。
 故に朝日新聞傀儡一味は、ネガキャンしたいが本音であろう。


>離合集散の末、先祖返りしただけでは、との印象が否めない。

 何故、先祖返りだ?
 目標達成、あるいは信念を貫いているだけの話だ。

 目的を達成する為に人を集める。しかし、トロイの木馬のような破壊目的のような人物も紛れ込み党解散を余儀なくされる。

 政策が合わない人と組めばどうなるか?
 場合によっては、党内議論を落としどころが得られるかも知れない。しかし、落としどころが得られない場合もあるだろう。
 連立先なら妥協は許されるが、党内なら許されない場合もあろう。
 何とかなるで、合流しても、結果、民主党政権のように混迷、混乱、混沌を歩む場合もある。今も民主党は与党時の反省もなく、党内調整が出来ないままである。故に対案も出せず、揚げ足取りに終始のお粗末。
 

>その総括と自省がなければ、また同じ展開が繰り返されよう。 

 これは、おおさか維新に求めるより、未だに何も変わらない民主党に求めるべきであろう。
 おおさか維新は、人選を厳しくするようだ。同じ展開になるとは限らない。
 自民党内、与党の自公のように、対立意見があっても何とか集約している例もある。それが、おおさか維新に出来ないとは言えない。 

 国政としては、15年安保に賛成か反対かなど、大きなところは、一致させておくべきであろう。曖昧では民主党の二の舞だ。


>「また時計を巻き戻すのか」という徒労感もぬぐえない。

 判断するのは、有権者。
 再起動だ。再起動でスッキリもある。
 

>建設的な政策論争を強く望みたい。

 建設か非建設か、その判断は朝日新聞のご都合で決まる。
 『大阪の「副首都」化や道州制の導入を目指すとする。』が争点なら、自動的に、非建設的扱いであろう。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『世界記憶遺産 政治は歴史巻き込むな』を読んでの感想/また、朝日絡み

2015年10月11日付け小説朝日新聞朝刊社説『世界記憶遺産 政治は歴史巻き込むな』を読んでの感想。

以下感想。
>中国外務省は申請の理由について「平和を大事にし、人類の尊厳を守る」としていた。

 中国側の主張を重んじる朝日新聞。
 日本側の主張も記されているが、中国側の主張の前か後に即記すべき。


>ナチスによるユダヤ人虐殺をめぐる記録など、負の記憶も含まれる。

 朝日新聞は、さり気にこの文面を入れて、南京事件も同列扱いを狙っているのかも知れない。


>自国の過去の過ちに向き合うことに、ためらいが伴うのは自然なことだ。
>不戦を誓い、過去の加害を忘れぬようにするのは当然のことだ。

 ためらう?
 中国の主張する過大な数字を認めよか?


>日本の外務省は南京事件の登録について「完全性や真正性に問題があることは明らか。中立・公平であるべき国際機関として問題」と非難した。


2015/10/11付日本経済新聞 朝刊『日本、中国外務省に抗議』より
『(1)審査基準が資料の保全や管理の必要性を重視し、資料が歴史的事実かを精査する体制になっていない(2)審査の過程が明らかではなく透明性に欠ける』(原文ママ)

 歴史的事実が登録された訳ではないのだ。


>ただ、菅官房長官は昨年2月、「旧日本軍の南京入城後、非戦闘員の殺害、略奪行為があったことは否定できない」と述べている。

 戦争だ。先ず、ゼロはあり得ない。
 しかし、この発言は、中国の主張する大虐殺を肯定するものではない。


>自民党内からは、南京事件がなかったかのような発言が最近も出た。

 このような表現が大きな勘違いを生む。
 「30万人と言う大虐殺はなかった」の意味ではないのか?


>新華社によると、登録された記録には、事件の死者を30万人以上と記した文書もある。

 南京軍事法廷の記録のことか?
 明確に記せ。


>死者数を裏付ける手がかりは乏しく、中国でも多くの歴史学者が疑う数字だ。だが、それを公然と論じる自由な空気はない。

 中国に自由な空気がないから、を理由に、中国の主張をそのまま日本が受け入れる理由にはならない。


>今回の登録を機に、論争のある歴史と政治を切り離す姿勢を日中で確認し合ってはどうか。

 社説一味、ロジックエラー。
 中国に論じる自由な空気がない中で、議論を行っても中国側の主張変わらずであろう。

 但し、日本は主張を行うべき。
 中国側の登録資料は近々公開されるだろう。ならば、誤認の指摘を行いやすい。


 ところで、南京事件と言えば、慰安婦誤報同様、朝日新聞の誤報問題が指摘されている。

http://japan-plus.net/182/
は、週刊新潮2014年9月25日号が元ネタ。
 南京事件の大問題化も朝日新聞が、加担。

 朝日新聞は、南京事件に関して先ず自社の記事の検証からスタートすべき。
 ユネスコ登録で、日本を貶める目的を達成したから、「誤報でした」をそろそろ行うかも知れないが。


 また、また、朝日新聞の尻拭いで多額の税金だけでなく、政府、官僚、一部民間の時間が使われる。
 誤報の指摘があってから、長期にその記事を放置する場合、何らかのペナルティを与えるべきであろう。朝日の場合、平均年収1300万円企業だから、支払能力は十分にあるだろう。
 今のような「何もなし」は、マスコミの無責任を益々助長するだけだ。


 朝日の中文版を読んでいる台湾の方が、ツイッターで、『嘘つき新聞』と指摘していた。徐々に浸透しているようだ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月10日 | トップページ | 2015年10月12日 »