« 2015年10月18日 | トップページ | 2015年10月21日 »

2015年10月19日の1件の投稿

2015年10月19日 (月)

2015年10月19日付け小説朝日新聞朝刊社説『韓国の教科書 時を逆戻りさせるのか』を読んでの感想/関わってはいけない

 2015年10月19日付け小説朝日新聞朝刊社説『韓国の教科書 時を逆戻りさせるのか』を読んでの感想。

以下感想。
 朝日新聞の大好きな韓国。
 その韓国の教科書の検定制から国定に変わることについての社説。

>現行の検定制の歴史教科書の中には事実関係の誤りや、

 2015年8⽉13⽇付けWSJ『韓国の歴史教科書にみる植民地の呪縛』より。『高校の歴史教科書を出版する8社のいずれもが、5000年以上の歴史をカバーする本の中で、その3分の1以上を占領とそれに至るまでの数十年間に割いている。1945年以降との日本との関係は、政治的な友好関係樹立に至る道のりを含め、ほとんど記述されていない。』(原文ママ)。 
 誤り云々の前に、異常な偏向ぶり。
 この異常な偏向ぶりを糺すことに左派から反発もあるようだ。


>北朝鮮に融和的な記述もあるとしており、

 2015/10/14付日本経済新聞 朝刊『韓国、歴史教科書 国定に』より。『検定制の現在の教科書は北朝鮮に過度に融和的な表現などが左派に偏向しているとみている。』

 2015.9.22付けzakzak『【外信コラム】まさにブーメラン? 韓国歴史教科書問題の喜劇』より。『韓国も日本と同じく歴史分野では左翼的な見方が優勢で「批判的精神を育てる」といって、もっぱら国や権力を批判する教育が行われている。韓国より北朝鮮が立派な国であるかのようなことさえ教えている。』

 『左派に偏向している』と表現。
 朝日新聞の社説には、その表現はない。やはり、朝日は左派か。


>民主化して30年近くたつ韓国は、多様な価値観が存在する先進国である。

 まだ、民主化30年である。
 独裁教育を受けた人が支配層、教育者でもある。民主化には、最低でも2~3世代。ひょっとすると1000年必要かも知れない。
 多様な価値観はあるかも知れない。
 しかし、国、マスコミの反日・卑日姿勢は一枚岩に近く、多様性は感じられない。

 先進国?フリをしているだけでは。
 韓国の過度な男尊女卑は有名だ。先進国ではあり得ない。
 
 
>だが、対立の最大の原因となっているのは、ほかならぬ国定化の一方的な通告だ。

 上記日経新聞によれば、朴大統領から国民へ向けた直接説明もないようだ。
 日本の外務省HPの韓国の記事では、価値観の共有を削除。
 表現の自由は民主主義の根幹に関わらず、産経新聞ソウル支局長が起訴されたことは記憶に新しい。
 更に、朴大統領の中国の抗日軍事パレード出席。
 2015年9月7日付け日経ビジネス『韓国は「帰らざる橋」を渡る』の表現を借りれば、『「非民主国家連合に参加」と世界から見なされた』だ。
 当然であろう、国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状が出ているスーダンのバシル大統領(30万人虐殺)も参加したようなパレードだ。(9.2付けのzakzak『なりふり構わぬ習氏「世界最悪の独裁者」を“招待” 潘氏はどう振る舞う』など)

 朝日的には、こんな状態でも民主主義の国扱いだ。


>国定教科書の略称は「正しい歴史教科書」にするというが、そもそも誰が何をどう正しいと判断するのか。

 また、慰安婦問題同様、朝日新聞が好きな方向に煽ればよいではないか(笑)。

 
>だが、まるで朴氏の主張だけが正しいかのような姿勢は、日本側に失望感を生んでいる。

 朴大統領だけではない。
 そんな人物、政権を選んだ韓国と言う国そのものだ。


>社会に不信感を広げるだけだ。

 いいじゃない。
 内政干渉になる。日本国、日本国民としては放置だ。
 関わると、また日本が悪いと言い出しかねない。更にそれを利権とする日本の団体が騒ぐ。

 まぁ、朝日新聞は報道の自由だ。好きな方向に煽ればよい。しかし、責任は取れ。慰安婦報道のように後始末は国民のツケは困る。


 韓国で行われる日中韓首脳会談。
 危険だ。安倍首相がアメリカの大使のような目にあうかも知れない。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月18日 | トップページ | 2015年10月21日 »