« 2015年10月22日 | トップページ | 2015年10月24日 »

2015年10月23日の2件の投稿

2015年10月23日 (金)

2015年10月23日付け小説朝日新聞朝刊社説『維新の混乱 有権者への背信だ』を読んでの感想/朝日は改憲派を潰したいだけでしょ

2015年10月23日付け小説朝日新聞朝刊社説『維新の混乱 有権者への背信だ』を読んでの感想。

以下感想。
>有権者の多くは、野党第2党の維新が第三極として与野党間で役割を果たすことを期待したはずだ。ぶざまに自壊していく展開を誰が望んだだろう。信頼を裏切った罪は極めて重い。

 政治信条の薄い輩が、橋下人気にあやかり集まった。
 集まった中には、破壊目的のトロイの木馬的な人物もいただろう。
 その結果である。
 特に、民主党離党組は、そう見えてならない。

 おおさか維新は、人選に十分な熟慮が必要であろう。


>双方とも事態を収拾できなければ、また新党をつくっても有権者の信頼は取り戻せまい。

 朝日の心配することではないだろう。
 決めるのは、有権者。
 期待がなければ、街頭演説で誰も集まらない。
 (元首相がそんな状態って、写真付きつぶやきがネットで流れていた)
 しかし、橋下氏は集まる。

 朝日は、改憲派のイメージを悪くし、潰したい。
 そんな思惑があるのだろう。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日付け小説朝日新聞朝刊社説『南シナ海問題 中国は航行の自由守れ』を読んでの感想

2015年10月23日付け小説朝日新聞朝刊社説『南シナ海問題 中国は航行の自由守れ』を読んでの感想。

以下感想。
>これに中国が反発するのは、筋違いである。

 あれ。
 朝日らしく「アメリカの行動は、緊張を高めかねない」って書かないのか。


>中国側には軟化の兆しも見える。人工島建設について「民間サービスが主」と釈明し、東南アジア諸国連合(ASEAN)に対しては、南シナ海での衝突回避のための「行動規範」づくりを働きかけている。

 これで軟化とは、中国の応援の朝日新聞らしい。
 軍事基地が、民間サービスの主張を受け入れるとは.....。
 辺野古移設も、日米の民間サービスの扱いにするべき。


>国際社会も、中国にいかに向き合うのかが試される。

 イギリスは、中国製原発の導入契約。
 人権問題封印。
 経済の為なら、魂も売る。
 そういえば、日本でも、中韓に売った新聞社があった。


>安保法制が成立した日本も、最大の役割は軍事的関与ではなく、国際社会の結束を築く外交面にあることを忘れてはならない。

 忘れてはならない。
 しかし、日本の従来の安保下での外交では、基地建設を止めることは出来なかった。日中間だけでなく、ASEAN、アメリカを含めてもダメだったのが現実である。

 現時点では、新安保が、どの程度有効か分らないが、本当に中国の南シナ海進出を問題視するなら、新安保を生かした外交を行うべきであろう。
 
 朝日新聞の大好きな韓国。
 韓国大統領は、2015年10月22日付け日平ビジネス『蟻地獄の中でもがく韓国』によれば、『中国は韓国の最大の貿易相手国だ。そして朝鮮半島の平和と安定に巨大な役割を果たす。南シナ海に関し、韓国にとっても航行の安全と自由はとても大事だ。我が国はこの海域の展開を、関心を持って見守っている。状況の悪化を望まない。』(原文ママ、これはWP誌のインタビュー記事の引用)程度の発言でお茶を濁す。 
 先日の米韓首脳会談でも、「中国の埋め立てに反対表明せよ」と言われても明確な反対をしてない。自国の利益の為に侵出容認状態だ。流石、価値観を共有できない国だ。
 こんな状態で、日中韓首脳会談を行っても、南シナ海問題の大きな進展はないだろう。安倍首相が切り出しても、1対2だ。経済問題だけでは、イギリスの対応と何ら変わらず。中国に大きな勘違いを与えてしまう。

 2015/10/20付日本経済新聞 朝刊『フィリピンが中国の灯台設置に抗議』によれば、南シナ海の埋め立て地で中国は灯台を設置。
 中国の我が物顔状態だ。世界は、これを止めなければならない。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月22日 | トップページ | 2015年10月24日 »