«  2015年11月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『志賀原発 1 号機廃炉へ踏み出せ』を読んでの感想を書く | トップページ | 2015年12月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『温暖化とテロ 連帯すべき二つの脅威』を読んでの感想を書く »

2015年11月29日 (日)

2015年11月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『民泊の広がり 現実みすえてルールを』を読んでの感想を書く

 2015年11月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『民泊の広がり 現実みすえてルールを』を読んでの感想を書く。

以下感想。
>旅行客が出す騒音やゴミを巡る周辺住民との摩擦だけではない。

 自分の住んでいるマンションに、不特定の人が出入りすれば、防犯面での不安も高まるだろう。
 これまでは、ルールもなかったが、ホテルや旅館業界からの要望もあり、民泊は最低1週間以上に。
 2〜3人で借りて、気づいた時には出入りが10人以上が出入り。不法滞在温床では近隣に住む人も落ち着けない。
 長期利用だと、宿泊なのか?引っ越してきたのか?分り難い面もあろう。
 玄関に、人数と利用期間、管理者の連絡先の掲示の義務付けが欲しいものだ。

 逆に利用者側から見れば、ホテルや旅館に課せられる安全策(非常口は何処かとか)がない。
 個人の自宅の空き部屋になら非常時に誘導も可能だろう。しかし、業者が複数保有するマンションや戸建ての空き家の民泊利用では、十分な誘導は困難ではないか。


 2015/11/28付日本経済新聞 朝刊『「民泊」解禁、ルール探る テロなど悪用回避・近隣トラブル防止 有識者会議、議論スタート』によれば、次の3つが課題。
① 安全策
 犯罪者の温床懸念
② 近隣住民とのトラブル防止
 騒音だけではなく、ゴミ出しも含め。ゴミも1週間ともなれば相当な量だ。
③ 旅館やホテルとの公平な競争環境の確保
 設備要件などの差。

 当然であろう。
 朝日新聞の社説では、3つのうち①が見えにくい。隠したいのか? 


 ただ、ルールを作るにしても、個人が自宅の部屋を貸すものと業者が複数の団体へ貸すものと分けるべきではないだろうか。
 「個人が自宅の部屋を貸す」とは、同じ家の中で、住を共にするだ。これは、主の目があり、非常時に利用者の安全の確保が可能、騒音、ゴミ出しにも効果あり。1組、2組なら旅館やホテルへも軽微。
 但し、犯罪者の温床については主次第か。

 
 民泊ではなく、日本に住んでいる外人さんもいる。
 近隣では、ラップ大音量、ゴミ出しルール無視、回覧板の問題などがある。地方ガーと言うなら、率先して外人さんの住民へ情報発信して欲しいものだ(やはり、個別訪問がベスト)。「ネット」はダメだ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

|

«  2015年11月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『志賀原発 1 号機廃炉へ踏み出せ』を読んでの感想を書く | トップページ | 2015年12月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『温暖化とテロ 連帯すべき二つの脅威』を読んでの感想を書く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/62771045

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年11月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『民泊の広がり 現実みすえてルールを』を読んでの感想を書く:

«  2015年11月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『志賀原発 1 号機廃炉へ踏み出せ』を読んでの感想を書く | トップページ | 2015年12月2日付け小説朝日新聞朝刊社説『温暖化とテロ 連帯すべき二つの脅威』を読んでの感想を書く »