« 2015年12月3日 | トップページ | 2015年12月5日 »

2015年12月4日の1件の投稿

2015年12月 4日 (金)

2015年12月4日付け小説朝日新聞朝刊社説『血液製剤不正 巧妙な隠蔽への対応を』を読んでの感想を書く

2015年12月4日付け小説朝日新聞朝刊社説『血液製剤不正 巧妙な隠蔽への対応を』を読んでの感想を書く。

以下感想。


>しかも当局による査察をごまかすために製造記録を偽造するなど、

 これは問題である。

 しかし、通常多くの製造工場・現場では、日々カイゼンを行っている。
 そのカイゼンの履歴は残す。但し、変更の承認を国からイチイチ得る必要はない。イチイチ承認を求める必要があるのは、薬品ならでは措置であろう。
 薬品も製造時のカイゼンにおいて、品質が満足できるならば国の承認を得なくてもよい。この機会にそんな方向へ議論が進むことを願いたい。
 
 一方、EUに比べると甘い面があるかも知れない。
http://www.nihs.go.jp/drug/PhForum/slides070911.pdf
の34ページ
 重大ではない軽微な変更は、日本:事後審査、EUは事前
(平成19年の資料なので、現行法では変わっているかも)


 不正の監視だけでは、不正はなくならない。
 不正の元となる事柄、今回は「大きな手間」が原因の一つであろう。


※2015年12月11日訂正。
 タイトルの日付を修正。3日⇒4日。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
よって、朝日デジタルトップの広告掲載企業の不買。但し、被災地支援、その他エボラなど人道関連分野は除く。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月3日 | トップページ | 2015年12月5日 »