« 2015年12月28日 | トップページ | 2015年12月30日 »

2015年12月29日の1件の投稿

2015年12月29日 (火)

2015年12月29日付け小説朝日新聞社説『慰安婦問題の合意 歴史を越え日韓の前進を』を読んでの感想/合意文拒否の韓国には蒸し返しの思惑ありと見る

2015年12月29日付け小説朝日新聞社説『慰安婦問題の合意 歴史を越え日韓の前進を』を読んでの感想。

以下感想。
 合意しても日本側が求めていた合意内容の正式な共同文書化が出来なかった。
 この点から、韓国は、何らかの因縁を付けて蒸し返す意図があると言えよう。


>節目の年にふさわしい歴史的な日韓関係の進展である。

 時間は連続している。
 『節目の年』は理由にならない。


>今回の合意について、「日本政府の措置の着実な実施」という前提つきながら、「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と言い切った。

 明治遺産で日本を騙した韓国の発言は、信用できない。
 『日本政府の措置の着実な実施』、これは日本が実施しないからと...ゴールポストを動かす布石の言葉が含まれている点に注意したい。


>韓国政府は、元慰安婦の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やすための財団をつくり、そこに日本政府が約10億円を国家予算から拠出する。

 財団の内容は未定。
 よって、日本が金を出して反日博物館ができる可能性が懸念される。


>東南アジアなどで成果を生んだが、韓国では反対の声が強まり、頓挫してしまった。

 韓国でも受け取った人がいたようだが。


>韓国側で基金の意義が理解されなかった要因は、さまざまあった。 

 2014.9.11 付け産経新聞『アジア女性基金元幹部の韓国への絶望、その元にまた朝日新聞』
http://www.sankei.com/politics/news/140911/plt1409110007-n1.html
より。
 『韓国はアジア女性基金を当初は「評価」しておきながら、韓国内の反日団体が反発するとおびえて手のひらを返した。基金による一時金支給に対し、「(国家補償ではなく)そういうものをもらえば、ことの本筋をすり替えることになる」(当時の金大中大統領)と批判に転じたのだった。』(原文ママ)。

 今回も同じパターンが予想される。
 

>両政府とともに、元慰安婦たちの支援者ら市民団体、メディアも含めて、当時の教訓を考えたい。

 『メディアも含めて』.....
 既に「日本政府の措置の着実な実施がない」と一方的なレッテルを貼って、日本が悪いで日本のネガキャンを計画している日本の某新聞社も存在するのではないか? 


>存命者が50人を切ってしまった元慰安婦たちのそれぞれの気持ちをくむことだろう。

 その気持ちは、『蒸し返し』かも知れない。
 逆に元慰安婦は終わりにしたいと思っても、ビジネスで集まった支援団体がそれを許さない。
 それに加担する、加担したい日本の某新聞社も存在するだろう。


>韓国の支援団体は合意について「被害者や国民を裏切る外交的談合」と非難している。

 ビジネスチャンス。新たなアイディアで参入が出来るかも。


>ともに協力し合い、利益を広げる互恵の関係がこの半世紀の歩みだったし、これからもあるべき隣国関係の姿である。

 昨今は、世界最大の反日国としか感じられない人も多い。
 重要な点は、韓国大統領は、現時点で1000年怨むを撤回していない。


>その結果、傷つき、疲れ果てた日韓が悟ったのは「不毛な争いは何も生み出さない」というあたり前のことであり、対話という原点に戻ることだった。 

 ネット民は、韓国とは関わるなと考えている人も少なくない。
 不毛な争いを避けるには、国として関わらないことが一番であろう。
 但し、個人レベルは自由だ。


>アジアを代表する主要国同士の日韓が手を携えて取り組むべきテーマは数知れない。

 韓国である理由はない。
 何とも韓国大好き朝日新聞らしい。

 そもそも主要国と言う差別的な発想を止めるべきだ。どの国とも隔たりなく協力を行う行為が日本のあるべき姿。


>両外相はきのう、ともに「日韓関係が新時代に入ることを確信している」「来年から新しい関係を切り開けることを期待する」と期待を述べた。

 日本の外相はそう思っていても韓国の外相は、これまでの行いから基本反日アリキ。
 韓国の憲法の前文が反日である以上仕方ないかも知れない。反日は広義の護憲だ。
 
  
 慰安婦像の撤去問題も先が見えない。
 韓国には、今回の合意とは関係なく、大使館前は、統治国としてどうすべきか?ウィーン条約第22条2項を参考にして模範的な行動を示して欲しい。
 
 2015年12月28日07時51分付け中央日報『<韓日外相慰安婦会談>政府「韓国合意文案には少女像ない」』
http://japanese.joins.com/article/080/210080.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|inside_left
2015年12月28日09時12分付け中央日報『<韓日外相慰安婦会談>「少女像は国民が設置、日本はこれ以上卑怯なことをするな」』
http://japanese.joins.com/article/089/210089.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|inside_left

 これは、合意前の記事。流石韓国。見出しを読んだだけでクラクラする。


 そして、ユネスコ登録問題。
 「合意前に決めていたこと」あるいは「国連が中韓で出せと言った」などと言いだして、行動する可能性を否定出来ない。
 
 
 韓国側が、合意の文書を拒否した点を忘れてはならない。

>3日後の新年からは、日韓がともに前を向いて歩む50年の始まりとしたい。

 時間は継続している。
 3日で反日アリキが無くなることはない。

 但し、共同会見を行った。
 どう翻訳され伝わったか定かではないが、今後の韓国の対応次第で、韓国の騙しが世界に明らかになる。
 そうさせない為=日本が悪いとする為に活動する某新聞社の存在が懸念される。 


 朝日新聞の責任問題は、未だ解決の目途なし。
 一括払いの10億円。宝くじレベルだ。朝日新聞が一括で払うと、少しは責任が果たせる。

※午後12時追記
 予想される韓国の行動。
 先ず、市民団体がユネスコ登録活動を行う。これは国が絡まなくとも可能だ。
 日本政府が苦情を出す。
 韓国政府は日本が約束を破ったとして、韓国政府として慰安婦活動を再開。
 何しろ1000年だ。


※午後4時追記
 やはりである。
2015年12月29日付け中央日報『<韓日慰安婦交渉妥結>日本「最終解決」 韓国「不可逆的」確認(1)』
http://japanese.joins.com/article/142/210142.html?servcode=A00§code=A10
より。
『その結果、「(日本が慰安婦被害者支援)措置を着実に実施するとの前提で」という条件を入れた。日本が誠実に措置を履行しない場合は問題を提起する根拠を作っておくためだった。』(原文ママ)
『「不可逆的」という言葉も韓国側の要求で含まれた。外交部の関係者は「この表現は我々だけでなく日本にも該当する」とし』(原文ママ)
 今後、更に、歴史を歪める理不尽な要求をするだろう。

 そんな要求が出たら、今度こそ日本は韓国に対して村八分対応が望ましい。
 二分は、葬式の世話と火事の消火活動となるが、実質災害時の手助け程度がよい。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月28日 | トップページ | 2015年12月30日 »