« 2015年12月29日 | トップページ | 2015年12月31日 »

2015年12月30日の1件の投稿

2015年12月30日 (水)

2015年12月30日付け小説朝日新聞社説『東京一極集中の是正 多極化へもっと本気を』を読んでの感想/東京を利用する側の視点がない

2015年12月30日付け小説朝日新聞社説『東京一極集中の是正 多極化へもっと本気を』を読んでの感想。

以下感想。
 東京を利用する側の視点のない社説。
 利用する側のメリットを無視。
 利便性がなけでは衰退する。無理に維持すれば、無駄金となる。


>地方との共倒れを防ぐためにも、行き過ぎた一極集中に歯止めをかけていくべきだ。

 この理由が笑える。
① 五輪が終わった後、東京の高齢者の数はさらに増える。
② 東京圏の経済成長率は25年を境に急速に低下する
だから、インフラの維持も大変だ〜って。

 基本、日本全体が高齢化へ進んでいる。
 社説は、東京が高齢化へ進む速度が早いと指摘しているが、多少早くとも全体の人口は他を圧倒している。よって、過疎+高齢の地方とは異なる。
 過疎+高齢の地方では、道路網などインフラの利用頻度も低下だ。利用頻度の低下は、無駄なモノに近くなることを意味する。
 人口の多い地域なら、利用頻度の低下も緩やかである。
 従って、東京の方がインフラの維持は有利である。

 何故、東京に人々が集まるのか?
 それは、仕事があるだけではなく、様々な利便性が高いからである。
 陳情先でもある省庁が、日本全体に分布しては、陳情する側も大変だ。
 省庁だけではない。観光地や商業施設も群を抜いて集まっているし、交通網の発達もダントツである。
 コンビニまで歩いて5分と車で10分。どちらを選ぶか?


 田舎暮らしにあこがれ移住、しかし、地域に馴染めない、介護が必要になる、あるいは幻想に気づくと都市部へ戻るUターン。
 対応として、周辺住民が集まるような温泉、病院、売店、カフェなどの複合施設って発想になるが、似たような場は日本中にある。 
 しかし、そんな1点もの、東京周辺で暮らした人に取って退屈そのもの。
 地域住民とのふれあい?誰とも関わりたくなくて静かな田舎暮らしを楽しみたい人もいる。しかし、年中、地元民がやってきては迷惑そのもの(これ経験した人から直接聞いた話)。
 


>時間がない。東京の危機をいま一度認識し、国を挙げて対策を講じていくべきだ。

 先ずは、地方の過疎地の集約だ。
 この道の先に、橋があって、トンネルがあって、でも住んでいる人は2〜3人。
 そのインフラの維持管理こそ無駄だ。
 かわいそうなお年寄り?その為に、現役世代の多数が余計な負担をしてかわいそうな状態だ。


>だが各省庁は「行政機能が下がる」「国会答弁に支障が出る」と反発した。

 当然だ。
 その方が問題である。
 政府機関の地方移転を無理に進める理由はない。


>政府機関の移転も、国がまず全体的なビジョンを示し、自治体と議論を詰めてい
くほうがいい。

 案はお任せで文句を言う。
 この手法は、慰安婦問題で見られた韓国式だ。


>福井県は先月、「ふくい暮らしライフデザイン設計書」を公表した。福井と東京で23〜60歳を過ごす場合の家計収支を比べると、手元に残るお金は福井が3千万円多い、と試算した。

 この原典は、
http://www.pref.fukui.jp/doc/wakatei/uturn/lifedesign_d/fil/lifedesign.pdf
に掲載されている。
 2015/12/28付日本経済新聞 朝刊『福井県 幸福度、数値で示す』や2015年11月26日午前7時20分付け福井新聞『福井と東京60歳までの収支比較 福井県が家計黒字3000万多く』にも掲載された。

 福井vs東京
 収入、34530万円vs35150万円
 支出、29890万円vs33500万円
 収支、4640万円vs1650万円

 福井新聞によれば、住宅や教育費で差がついたようだ。
 教育費で、疑問なのは福井が公立の中学高校で計算、東京が私立。東京が高くなるのは当然であろう。

 近日、他の県でも「うちの方がよい」の試算が出るだろう。
 それは簡単だ。都合のよいデータを探し、それを基準にすればよいだけ。
 例えば、入院在院日数、1入院当たりの医療費
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/database/zenpan/dl/h23_doukou_03.pdf
 入院在院日数、福井34.7日、東京26.2日。
 1入院当たりの医療費、100.5万円、東京95.4万円。
 東京の方が、入院期間が短い、医療費も安いって.....。

 http://todo-ran.com/t/kiji/18411
に脳梗塞での死亡率が掲載されている。
 10万人当たり、福井68人20位、東京40人44位(ワースト1位は103人)。

 生活する際は、所謂プライスレス(値付けの難し価値)も無視出来ない。
 今日は、仕事の帰りに呑みに行くか?上記福井の試算では車通勤が前提。東京は公共交通機関だ。福井では運転手を雇ってとなる。
 帰りに##の展示会によるか?東京には、他を圧倒する公共、企業・団体が多くあり、それらが年中展示会や常設の場を用意している。無料もある。
 その日の思い付きで行動できるのが東京だ。

 http://todo-ran.com/t/kiji/13632
に晴れ日数ランキングがある。
 福井169日45位、東京220日26位(ベスト1位は250日)。
 現実、済むなら天気は重要だ。広い庭を確保できても、雨が多ければ庭木の手入れも滞る。


※福井に恨みはない。朝日新聞の社説での扱いが一方的なのが気に入らないだけだ。
 http://todo-ran.com/t/kiji/18154 によればがん死亡率は福井(35人45位)、東京(52人18位)で逆転。 
 http://todo-ran.com/t/kiji/11618 なるほど。  


>そうなれば、東京一辺倒の人の流れも変わってこよう。

 東京のパワーを阻害したい。
 日本を落としたい。
 そんな思惑が感じられる社説。


 社説では、『大阪や名古屋、札幌、福岡などの政令指定都市を核と位置づけ、東京の機能を分散していくとの主張だ。』に『現実的な道だろう。』と賛同している。
 しかし、1県1空港と同じ図式にならないか。その多くは共倒れに近い。
 そんな共倒れ、衰退が真の狙いと思えてしまう。


 朝日新聞本社が何処かの政令指定都市へ引っ越しを行い模範を見せて欲しい。
 しかし、成功例を出しては政権応援になるから出来ないか。ならば、失敗例がよい。朝日新聞本社が失敗しそうな場所に引っ越して、押し紙倍増の衰退スパイラルに入る。そして、地方創生はダメだ〜とネガキャンを行う。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月29日 | トップページ | 2015年12月31日 »