« 2016年1月27日付け小説朝日新聞社説『代表質問 不平等克服へ政策競え』を読んでの感想/不平等には、企業がグループ内で、改善に取り組めば済む話もある | トップページ | 2016年1月28日付け小説朝日新聞社説『関電高浜原発 なし崩し再稼働に反対だ』を読んでの感想/不安に帰結の社説 »

2016年1月27日 (水)

2016年1月27日付け小説朝日新聞社説『ポーランド 守るべき民主化の精神』を読んでの感想

2016年1月27日付け小説朝日新聞社説『ポーランド 守るべき民主化の精神』を読んでの感想。

以下感想。
 本件、 フィナンシャルタイムの和訳、2016/1/5 14:50 日本経済新聞 電子版 『[FT]ポーランドの民主主義が危うい(社説)』、この紙面版、2016/1/6付日本経済新聞 朝刊『〈FT特約〉ポーランド、民主主義の危機 違憲基準変更や報道統制』がある。
 更に、記事としては、2016/1/20付日本経済新聞 朝刊『ポーランド新政権、強硬に 司法・メディアに介入 EU警戒、首相を聴取』がある。


>ベルリンの壁が崩れたとき、ポーランドもハンガリーも自由社会の建設を誓ったはずだ。当時を思い起こし、民主化の理念を継承するよう、望みたい。

 社説の最後で、上記の記載がある。
 日本として、どうすべきか?がない。誰に向けてか分らないパターンだ。
 日本としてがないなら、当事国としてとなるだろうが、ポーランドは、ポーランド語(逆ポーランドではない)だ。ハンガリーはハンガリー語だ。
 『望みたい』は、いいけど、朝日新聞は、ポーランド語、ハンガリー語に訳して配信しているのだろうか?
 

 ポーランドは、EU加盟国だ。
 社説としては、EUとしても、民主化の精神を守らせる為に取り組んでいることを記し、EUの指導が甘ければ、日本として当事国だけでなくEUに改善を促す提案があるべきであろう。
 しかし、それがない。社説傀儡一味が20人もいて、それに気づかない、書かないは実に不思議だ。
 朝日新聞が媚を売るように見える非民主主義国の中国から提案でもあったのか?と疑いたくなる。

 
 さて、冒頭の日経記事には、『欧州連合(EU)は13日、ポーランド政府に警告し、19日には欧州議会でポーランドのシドゥウォ首相を聴取した。ただ、EUは口頭では警告しつつ、投票権停止などの制裁には及び腰というのが実情だ。』(原文ママ)。
 更に現在、政策運営の本格調査中で、3月にも公表、「法の支配」に反していれば、EU基本条約に基づき、改善を勧告、ダメなら制裁と記載されている。
 警告の理由は朝日社説にあるような、公共放送の幹部人事に介入、憲法裁判所の権限への介入などに対するものだ。 
 日本としては、価値観の共有できる国を増やす使命もあろう。ただ、呼びかけは、3月の改善勧告後の様子を見てから行動しても悪くない。
 改善は、極力自分たちでが望ましい。
 ポーランドの現政権は、民主的な選挙で選ばれたのだ。それを崩すような行為は許されない。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

|

« 2016年1月27日付け小説朝日新聞社説『代表質問 不平等克服へ政策競え』を読んでの感想/不平等には、企業がグループ内で、改善に取り組めば済む話もある | トップページ | 2016年1月28日付け小説朝日新聞社説『関電高浜原発 なし崩し再稼働に反対だ』を読んでの感想/不安に帰結の社説 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/63128305

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月27日付け小説朝日新聞社説『ポーランド 守るべき民主化の精神』を読んでの感想:

« 2016年1月27日付け小説朝日新聞社説『代表質問 不平等克服へ政策競え』を読んでの感想/不平等には、企業がグループ内で、改善に取り組めば済む話もある | トップページ | 2016年1月28日付け小説朝日新聞社説『関電高浜原発 なし崩し再稼働に反対だ』を読んでの感想/不安に帰結の社説 »