« 2016年2月6日 | トップページ | 2016年2月8日 »

2016年2月7日の2件の投稿

2016年2月 7日 (日)

2016年2月07日付け小説朝日新聞社説『北陸新幹線 大阪延伸は必要か』を読んでの感想

2016年2月07日付け小説朝日新聞社説『北陸新幹線 大阪延伸は必要か』を読んでの感想。

以下感想。
>この国にいま、新たな新幹線がどれだけ必要なのか。まずそこから考えるべきだ。

 この国にいま、朝日新聞の社説がどれだけ必要なのか。まずそこから考えるべきだ。


>ちょっと待ってほしい。巨額の建設費はどう捻出するのか。

 その気があるなら、新聞の軽減税率も辞退すべき。
 そのご都合主義に疑問は尽きない。


>地域の要望に応じ、新幹線をどんどん延ばせる時代ではないことを認識すべきだ。

 地域の要望とは、民意だ。


>22年度までに敦賀へ延伸される予定だが、その先はルートも決まっていない。
 
 その先はないから。


>国の借金が1千兆円を超す財政状況で、新規着工は努めて慎重に判断すべきだ。

 何時もの資産を語らず借金のみを語る手法。


>与党と地元には、「早期着工ありき」ではない議論を望みたい。そうでなければ、多くの国民の理解は得られまい。

 反対アリキでも、多くの読者に理解は得られまい。

 結局のところ、あのルートはいくら、このルートはいくらで金がかかる。
 だからダメの論調だ。
 投資に対する経済効果については、全く記さずだ。
 今や年間2000万人以上の訪日客が来る。今後、更に増えるだろう。その需要もある。
 故に関空までの要望も出ている(2016/2/5付日本経済新聞 朝刊 より)。

 もっとも朝日新聞だ。結論アリキなので、経済効果見込めずアリキなのだろう。  

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月07日付け小説朝日新聞社説『GPIF改革 株式論議より組織強化』を読んでの感想

2016年2月07日付け小説朝日新聞社説『GPIF改革 株式論議より組織強化』を読んでの感想。

以下感想。
>政府と企業の関係や市場での価格形成などの点で弊害が大きい。

 政府と企業の関係については、そもそも5%以下の保有ならその心配は低い。更に議決権放棄を約束すれば、更にその心配は減る。
 価格については、市場原理だ。口を挟むものではない。


>これだけ巨額になると、GPIFが何を買うか、で企業の株価が左右されてしまう恐れがある。

  価格は、市場原理だ。口を挟むものではない。


>手数料はそのために必要なコストだと考えてもよいはずだ。

 委託は、柔軟かつ迅速な対応が出来ない場合がある。
 故に、思わぬ損失となる可能性もある。


>現在の収益はその目標を上回る水準だ。なぜ、運用方法の見直しが必要なのか。 

 稼げるときに稼ぐ。投資の基本の一つ。
 また、将来、年金資金に苦労する可能性が高い。支給年齢引き上げがその証拠だ。よって、多様な運用手段に取り組み、経験を積み重ね確かな年金財政の準備を進める必要がある。


>いま取り組むべきなのは、その強化であって、自由に投資をできるようにすることではない。

 2016/1/29付日本経済新聞 朝刊『GPIFに合議制導入 社保審で大筋合意リスク管理強化』より。『厚生労働省は28日、社会保障審議会を開き、公的年金を運用する年金積立金管理運用
独立行政法人(GPIF)に合議制を導入することで大筋合意した。理事長に権限が集中す
る今の仕組みを改め、リスク管理体制を強化する。』(原文ママ)

 朝日新聞社説傀儡一味の考える懸念は、既に方向が出ている。
 厚生労働省の社会保障審議会の資料は、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-hosho.html?tid=126692
に開示されているが、最新はまだ掲載されていない。厚労省遅いぞ。


 いま取り組むべきは、投資への理解だ。
 昨年の1年間だけを見て騒ぐ輩がいる。
 投資は、マイナスの年もあればプラスもある。3年、5年、10年の期間で見て、運用成績がプラスならばOKとする考え方を国民に広く理解させる取り組みも必要だろう。
 騒いでいる輩は、分らない人を騙すのが目的だから、騒いでいる輩へ理解を求める活動ではなく、分らない人への理解を進める活動だ。


PS
 GPIFが自主運用を開始した平成13年度から26年度までの累積収益額は、50兆7,338億円。
http://www.gpif.go.jp/gpif/faq/faq_05.html
 昨年8兆円の損失の話も一部にあるが、現実は大幅プラスだ。
 

※2016年2月8日追記
 2016/2/8付日本経済新聞 朝刊『風速計 GPIF、損失回避に規制の壁』より。
 『運用成績は市場平均とほぼ同じだが、価格変動リスクを避けるデリバティブ(金融派生商品)が使えれば、損失を少なくできたという思いが強い。』。運用規制の壁があって、十分なヘッジかけられないようだ。

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月6日 | トップページ | 2016年2月8日 »