« 2016年2月12日 | トップページ | 2016年2月14日 »

2016年2月13日の2件の投稿

2016年2月13日 (土)

2016年2月13日付け小説朝日新聞社説『薬物犯罪防止 プロ球界の意識高めよ』を読んでの感想

2016年2月13日付け小説朝日新聞社説『薬物犯罪防止 プロ球界の意識高めよ』を読んでの感想。

以下感想。
 『プロ球界』に限定しているところが妙だ。
 それもそのはず、
 2012.2.22 12:17 産経新聞『朝日新聞記者を覚せい剤使用容疑で逮捕 東京本社文化くら
し報道部 警視庁』(http://www.asyura2.com/11/hihyo12/msg/704.html)
 2006年3月28日 19時00分  毎日新聞『朝日新聞社長 ##耿太郎の長男 ##竜太 麻薬と大麻で逮捕されるも朝日は隠蔽 社長は相変わらず』(http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1348663604/)
が過去にあったようだ(何れも元記事は消えているので、URLは有志によるコピペだ)。


>どうやって誰から入手したのか。いつから使っていたのか。今もわからない点が多い。

 「シャブばばあ」って報道もあった。


>清原容疑者は99年、暴力団関係者とゴルフをしていたことがわかった。
 
 事実関係は不明だが、ヤクザ風の人が新聞の勧誘に来たって証言がネット上にある。
 新聞社とどんな関係なのだろう。


>反社会的勢力との交際への厳然とした態度と、

 「反社会的勢力への厳然とした態度」ではなく、「反社会的勢力との交際への厳然とした態度」だ。
 『交際への』が入っている点に注意だ。
 これは、朝日新聞が反社会的勢力の存在を認めていると取れる表現だ。
 過激派のようなも反社会的勢力含まれる沖縄の基地反対活動などを「市民の活動」の一括りで扱う朝日新聞らしい。 
 そう言えば、甘利さんの事件にしても、告発者は一部報道によれば、一色、⽯井、⾺場の複数の名前があり、暴力団系右翼団体所属。
 反社会的勢力に対して甘い日本社会、そしてマスコミ。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日付け小説朝日新聞社説『韓国の対応 挑発に乗らぬ冷静さを』を読んでの感想

2016年2月13日付け小説朝日新聞社説『韓国の対応 挑発に乗らぬ冷静さを』を読んでの感想。

以下感想。
>朴大統領は1月の核実験のあと、北朝鮮に対し「核保有か、生存か」の選択を迫るような発言をして、さらなる緊張を生んだ。

 朝日新聞は、冷静さを持つべきだろう。
 
 2016/2/12付日本経済新聞 朝刊『韓国「予想超える制裁を」 軍事境界線、緊張高まる』より。北朝鮮の発言『「残酷な代価を払うことになるのはほかならぬ南(韓国)当局自身だ」。北朝鮮で対韓国政策を担当する祖国平和統一委員会は11日の声明で開城工業団地をめぐる韓国の決定に反発し、警告した。』(原文ママ )。
 他にも、北朝鮮には無慈悲シリーズ、焦土シリーズなどがある。

 日本に対する韓国の過激発言は多数。
『「日本の天皇はひきょうにも命乞いして生き残った」』韓国与党最高委員の発言(2015年9月4日配信 レコードチャイナ http://www.recordchina.co.jp/a118289.html より)
 『「皇室の⼦⼥を慰安婦に送るほかない」などの過激な反⽇コラムを掲載して⽇本で
問題視されていた韓国サイトが今度は「⽇本を絶滅させなければならない」』(http://www.buzznews.jp/?p=2000454より、元は韓国dailyjn.com)、

 東日本大震災のときは、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1467044639
凄い。

 あの人たちによくある過激発言だ。


>しかし、北朝鮮の「生存」を否定するかのような発言を繰り返せば、挑発にみすみす乗って緊張を高め、北朝鮮の術中にはまるだけだ。

 互いに慣れっこだから、お互い様の認識であろう。


>韓国と北朝鮮は「国と国との関係」ではない。四半世紀近く前に発効した南北基本合意書にあるように「統一を志向する過程で暫定的に形成されている特殊な関係」である。

 南北基本合意書(1991年)の記載内容、

 第1章 南北和解の第3条 南と北は相手方に対する誹謗中傷をしない。
⇒破綻している。

 第5条 南と北は現在の停戦状態を南北間の鞏固な平和状態に転換させるために共同で努力し,このような平和状態が達成される時まで現在の停戦協定を遵守する。
⇒韓国は朝鮮戦争の休戦協定にサインしていない。更に北朝鮮側は1994年、1996年、2003年、2006年、2009年、2013年の6回休戦協定脱退表明。
⇒破綻している。

 形骸化しているように思える合意書。


>その流れと異なる最近の強硬発言は、制裁に慎重な中国向けのアピールという側面もあるかもしれないが、過激になれば説得力は逆に薄まる。

 中国は、付き合い長いので、あの人たちによくある過激発言であることを認識している。


>そんな韓国のつらく長い取りくみを、日米両国も積極的に支えたい。

 日米は、長年支えてきた。方向転換して、同じ民族同士に任せた方がよいだろう。
 何故なら、南北基本合意書の実行に邪魔になり、『日本が悪い』になりかねない。


※午後 一部修正。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月12日 | トップページ | 2016年2月14日 »