« 2016年3月15日 | トップページ | 2016年3月17日 »

2016年3月16日の2件の投稿

2016年3月16日 (水)

2016年3月16日付け小説朝日新聞社説『年金改革 先送りはできない』を読んでの感想

2016年3月16日付け小説朝日新聞社説『年金改革 先送りはできない』を読んでの感想。

以下感想。
>今の制度には、保険料を納める働き手の減少や平均寿命の伸びに応じて給付を抑える仕組みがある。しかし、ほとんど機能してこなかった。

 マクロ経済スライドは、2005年に導入。
 民主党政権下でも実施なし。
 2015年度に初実施。

 仕組みは、厚労省の
http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/finance/popup1.html
が詳しい。


>そこで、抑制できなかった分を翌年度以降に繰り越し、物価上昇時に適用する、というのが見直し案の内容だ。まとめて実施する分、その年の年金の目減りは大きくなる。

 公的年金の見直し案は、それだけではない。
 社説では、『すでに2年近く経っており、対応が遅すぎる。』と批判しているが、それだけに見せて、騙そうとしているのではないか?と思える。

 2016/3/12付日本経済新聞 朝刊『公的年金 支給抑制を強化 法案閣議決定、子育て世代には配慮』によれば、ポイントは4つ。
① 年金抑制の強化
② 女性の産前産後の保険料免除
③ 厚生年期の運用拡大
④ GPIF改革


>今回の法案にも労使合意で厚生年金の適用対象を広げる案が盛り込まれてはいるが、もっと大胆に適用拡大を考えてはどうか。

 具体的には何?
 国民負担率を大幅に引き上げて、デンマーク並にするか?


>一方で、低所得の高齢者への対応を年金制度だけで考えることには限界も見えている。福祉としての施策を含めて考えるべきだろう。

 具体案もなし。

 ベーシックインカムも選択肢の一つに上げたい。
 ハフィントンポスト『フィンランド、全国民に毎月11万円支給? 導入を検討する「ベーシックインカム」とは』http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/08/finland-basic-income_n_8747280.html
など。

 フィンランドでは、導入が検討されている。7割の支持。
 注目は、政府による他の全ての社会福祉⽀給を停⽌にすることで、社会保障がシンプルになる点だ。様々な社会福祉があることで、その給付には手間=コストがかかるが一本化でコスト削減にもなる。
 日本では、導入で権利ガーと騒いでいる輩も減るだろうから、静かになってよいメリットもある。その前に、間に入ってピンハネをする団体が猛烈に反対するだろうが。

 年金廃止は、いい。

 但し、それを目当てに日本へ、自称難民の申請が更に増える可能性がある。
 難民申請者は対象外にするか、デンマークのように難民申請者が所持している所持金のうち、1万クローネ(約17万円)を超す現金や所持品を警察が没収できる法律(成立済)を作る必要があるだろう。
(デンマークの法律は、2016/1/27付日本経済新聞 朝刊『難民対策、加盟国が独自対応 「結束乱す」EU苦慮 デンマークは財産没収へ新法』より。尚、『難民だけではなく、「福祉手当を申請するデンマーク人にも適用されている仕組み」』とも記されている)。


>少子高齢社会に向けた議論は、待ったなしである。

 国民負担率を下げて、高い社会保障は難しい。
 高い保障には、高い負担が必要になる。
 どちらを取るか?国民投票があってもよいだろう。

 

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月16日付け小説朝日新聞社説『民進党発足へ 党名を生かす努力を』を読んでの感想/DIPね~

2016年3月16日付け小説朝日新聞社説『民進党発足へ 党名を生かす努力を』を読んでの感想。

以下感想。
 先ず、台湾の次期与党の民進党は、
 Democratic Progressive Party

 台湾の民進党の名前をパクったような日本の旧民主党と偽維新の組は、Democratic Innovation Partyである(早くもウィキペディアに掲載)。

 略すとDIP。
 「浸す」、「下向きにする」、「(太陽)が沈む」etc。
 更に、俗語として「スリ」の意味もある。
 dip intoで、基金などから使い込む用例もある。

 ネットでは、外国特派員協会の記者が、a bunch of DIPs(マヌケ集団)と言ったとかで話題になっている。


 2016.3.12 07:51付け産経新聞『「⺠進党のイメージ悪く『「せっかく政権交代を果たすのに、⽇本の⺠主党が⺠進党に変わったらわれわれのイメージが悪くなる。やめてほしい」と語ったという。』(原文ママ)。
 ただ、これは一個人の見解。
 台湾の民進党は、公式には2016.3.14 17:41付産経新聞『『【民主&維新合流】台湾の民進党が「親近感覚える」と祝意 民主党と維新の党の新党名「民進党」決定で』と好意的な見解を出している。
(他 2016/3/15付日本経済新聞 朝刊『台湾の民進党「親しみ感じる」など』)

 以下、民進党とは、日本の民進党。


>だが、新党に向ける国民の視線は厳しい。朝日新聞の最新の全国世論調査によると、新党に「期待しない」の57%が、「期待する」の31%を上回った。

 これは、2016年3月15日付けと思われる。回答率48%の朝日フィルター入りの結果。
 この質問の前に、夏の参議院選挙での投票先の質問がある。民主13、維新2。自民43、公明4。

 2016/2/29付日本経済新聞 朝刊『民維新党「期待せず」64% 「参院選で投票」13%にとどまる』より。こちらの世論調査の回答率は73%。有効な結果。このときの自民は33%、公明4%。
 『年代別では60歳代が19%と比較的高く、20~30歳代は9%にとどまった。』とあり、世代間格差が見れる。


>両党の世論調査で、民主党の名を残す「立憲民主党」より、「民進党」に支持が集まったのはその表れとみるべきだろう。

 透明性に疑問にありだ。
 最初の公募でどんな政党名が提案されたのか?見えない。
 そして、問題は、公募に「民進党」はトップ3に入っていない。
 2016/3/11付日本経済新聞 朝刊『民維新党名、立憲民主党か民進党 来週にも決定、公募最多は「民主党」』によれば、『新党名は4~6日にインターネットやファクスで公募し、1万9933件の応募があった。最も多かったのは「民主党」で1456件。次いで「立憲民主党」の725件、「民新党」の352件だった。』(原文ママ)。
 この記事によれば、「民進党」は維新幹部の強い押しだったようだ。

 その後、12、13両日の世論調査で「立憲民主党」と「民進党」の二択で調査した結果が「民進党」。


>特定秘密保護法にしても、安全保障法制にしても、安倍政権は国論を二分する法案を数の力で強引に成立させた。 

 多数決は、民主主義の一つ。
 国民の声である公募結果を無視した「民進党」は、民主的とは言えない。


>民意の分断を埋めようとする姿勢を、安倍政権に見いだすことは難しい。

 それ以上に、対峙だけで飯が食えると考えている一部野党には、埋めようとする姿勢は初めからない。

 更に、民主党分裂は、意見が合わなかったから。
 そして、民進党として合流。
 議論すら出来ない項目がある民進党に、党内の分断を埋める能力があるのか?疑問だ。

 そもそも、一部民主党国会議員に散見されるツィッターのブロックは、国民の意見を聞く耳持たずの表れだ。
 #@@議員ブロック被害者の会
https://twitter.com/search?q=%23%E8%93%AE%E8%88%AB%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BC%9A
(@@は個人名なので記載せず)


>市民が議論し、専門家の意見も聞きながら世論調査を繰り返し、意見の変化を参考に方針を決めていく。意見がぶつかりがちなテーマで、合意形成をはかろうという狙いである。

 ポピュリズムのレッテルを貼るか貼らないかは、朝日新聞のご都合で決まる。


>選挙で勝てば、あとは白紙委任で与党にお任せ、ではない。
 
 選挙前に政権公約が出ている。
 それを無視した主張には疑問だ。

 民主党政権誕生前、民主党は多くの釣り餌を提案したが、結果は白紙に近かった。こちらの白紙の方が政治不信を招くだろう。

 
>理念や政策を練ることは言うまでもない。

 違うから分裂した民主党。そして、出戻り。
 十分に練る前に党名を決める。
 綱領案は、支持率の低い民主党の綱領を踏襲。
 これでは、マヌケと言われても仕方あるまい。


>自由と民主主義に立脚した立憲主義を断固として守る――。

 立憲は、自身で憲法を作ってが前提だ。
 改憲の党内議論も満足に出来ない政党に立憲を語る資格はない。  

 綱領案には、『新しい人権、地域主権改革など時代に対応した未来志向の憲法を構想する』もあるようだ(2016/3/9付日本経済新聞 朝刊『「立憲主義」「共生」民主綱領を踏襲 民・維新党の綱領案』より)。
 安倍政権下での憲法改正は反対でも、党内でどんな憲法にしたいのか?議論することは可能であろう。
 恐らくは、党内議論すら出来ずに分裂すると思われるのが民進党だ。
 党が割れるから議論しないでは、本当の意味での対峙が出来る政党にはなれない。
 真っ当な対峙より、記事朗読と失言で、お気楽な生活が出来る野党で満足なのだろう。


The sun dipped below the horizon.
(太陽は地平線の下に沈んだ)
 日いづる国として、dipは悪い連想をしてしまう。 

※2016年3月18日
 英語名は「ザ・デモクラティック・パーティー(略称はDP)」に決まったようだ。
 DIPは、評判悪かったからか?
 しかし、DPも凄い。
 double penetrationってのがある。二穴挿入。お下品なことで。
 参考、
http://www.ejdic.com/
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1487367169

二穴挿入党。


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。
 尚、私は現実と妄想の区別がつきません。誤読、勘違いも多々あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月15日 | トップページ | 2016年3月17日 »