« 2016年4月15日 | トップページ | 2016年4月17日 »

2016年4月16日の1件の投稿

2016年4月16日 (土)

2016年4月16日付け小説朝日新聞社説『震度7 の熊本地震 大地の警告に耳すまそう』を読んでの感想

2016年4月16日付け小説朝日新聞社説『震度7 の熊本地震 大地の警告に耳すまそう』を読んでの感想。

以下感想
>熊本県熊本地方を震源とする地震が九州を襲った。同県益城町(ましきまち)では最大の揺れを
表す「震度7」を観測した。
 
 これは、4月14日21時26分ごろ発生の地震で、M6.4。
 そして、今日、4月16日1時25分ごろ発生の地震は、M7.1、震度6強。
 気象庁曰く、『熊本地震がいわゆる「前震」で、今回の地震が本震だとみられる』と発表。
(マグネチュードと震度は、当感想執筆時の気象庁公表の情報、http://www.jma.go.jp/jp/quake/quake_singendo_index.html)。

 余震もあり、気象庁も上記の状態。
 どの地震を対象にしているのか紛らわしいので、リアルタイムからほど遠いものは、日時を併記して欲しいものだ。

>同県益城町(ましきまち)では最大の揺れを表す「震度7」を観測した。

 そういえば、昨日、NHKの現地からの中継で、益子町(ましこまち)と言っていた。
 2016年4月15日07時14分付け日刊時事ニュース『益城町倒壊住宅から赤ちゃん救出-熊本県で震度7の大地震-10人死亡』
http://daily-news.jp/2016/04/15/rescue-baby-from-mashiki-collapse-housing/
でも、冒頭で『益子町の倒壊住宅の現場』になっている(以後は益城町)。

>今回の熊本地震では、昨夕までの集計で9人が亡くなった。そのほとんどは、倒壊した建物の下
敷きになったとみられる。

 だから日時書かないと勘違いの元になる。
 今はよくても数年後は、記憶も曖昧になる。
 勘違いを生むことになりかねない。


>だが耐震化は約7割にとどまり、県全体に比べて進んではいなかった。

 今回は、ソフト面ではなく、ハード面か。
 今日未明の地震では、建物の1階部分が潰れ、今(4月16日9時現在)も救出を待つ人がいる。建物につぶされては、ソフト面ではどうにもならない。先ずは、しっかとしたハードだ。


>同じ震度7でも被災地域が広いと、救助・救援活動は一気に難しくなる。大きな地震であるほど、平時からの個々の住民と各世帯の備えが対応を左右することも胸に刻んでおきたい。

 個人レベルでの備えは重要だが、同時に個人レベルでは、どうにもならないものが多いことを胸に刻むべき。
 今日未明の地震で、阿蘇大橋も崩落した報道もある。幸い、現時点では周辺の孤立化の話はないようだ。
 地区が孤立化しては、救助・救援活動も満足に行えない。ドローンやヘリは、天候で左右される。命ガーと本当に思うなら、最低2ルートを確保、道路が作れない、あるいは作りたくないなら、移転だ。
 それが平時からの備えでもある。

 大地の警告にどう耳すせても、確度の高い予知はできていない。
 結果を見て、次にどう備えるかだ。

 
 2016.4.15 12:59付け産経新聞『【熊本震度7】共産・####氏が「安らかな場所にいてください」と投稿→後に削除 「原発止めよ。正気の沙汰か!」とも』
http://www.sankei.com/politics/news/160415/plt1604150046-n1.html
より。
 『安らかな場所にいてください』とは.....まるで死者扱い。酷い。

 2016/4/15 18:41付けJ-CAST『熊本地震で「やらかしてしまった」政党・議員ら 配慮欠く内容ツイートして続々「大炎上」』
http://www.j-cast.com/2016/04/15264263.html
より。こちらは、『民進党は「自民議員がデマ」と発言して謝罪』だ。

 国会議員として、何をすべきか?それは、主義主張の前に、先ずは、耳すせて現地の声を聞くことであろう。その上で、迅速に救助・救援活動につながる提案だ。それは決して、進められているものの足を引っ張るものであってはならない。配慮のない提案は、混乱・混沌・混迷だ。

※12時23分追記
 孤立している地区もあるようだ。  

●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月15日 | トップページ | 2016年4月17日 »