« 2016年4月14日付け小説朝日新聞社説『多様な学び 議論の原点を忘れずに』を読んでの感 | トップページ | 2016年4月15日付け小説朝日新聞社説『韓国の政治 独善から対話へ転換を』を読んでの感想/ブーメランもある »

2016年4月14日 (木)

2016年4月14日付け小説朝日新聞社説『ブラジル政治 国内の安定が最優先だ』を読んでの感想

2016年4月14日付け小説朝日新聞社説『ブラジル政治 国内の安定が最優先だ』を読んでの感想。

以下感想
>リオデジャネイロ五輪を夏に控えたブラジルで、政治が混迷の度合いを深めている。

 日本の民主党政権下では、混迷・混乱・混沌であった。


>政府会計の粉飾に関与したとして、ルセフ大統領に対する弾劾(だんがい)手続きが議会で進
む。大統領の職務停止や罷免(ひめん)の可能性も、現実味を帯びてきた。

 2016/4/7付日本経済新聞 夕刊『ブラジル与党の一角、連立維持』より。
 見出しの通りの内容。

 2016/3/31付日本経済新聞 朝刊『ブラジル連立維持、瀬戸際』
 弾劾阻止には、3分の1以上、172議席が必要であるが、与党は216議席。
 連立内で寝返りがなければ弾劾は下がる。


>しかし、それは権力にしがみつく姿に他ならない。ブラジルに必要なのは、南米を代表する新興
国の地位にふさわしい民主政治の成熟だ。

 だからと言って、突然の辞任では混迷が深まりかねないし、そもそも、短期で民主政治が確立できるものではない。

 現実を見てば、そこに五輪が迫っている。会場も建設中だ。
(2016.4.12 18:11付け産経新聞『IOCが最後の現地視察 目立つ工事の遅れ、整備状況をどう判断するか注目』http://www.sankei.com/world/news/160412/wor1604120027-n1.htmlなど)
 更にジカ熱問題。

 今、求められるのは、議会の冷静さだ。
 ポピュリズムないし、一部民意に押されて、弾劾請求を行う行為は、それこそが権力に群がる集団に思える。

 
>それは他の新興国も同様だ。ここ数年の停滞以前に急成長を遂げた中国やロシア、インドなど
で、民主化や人権の尊重、自由な市民社会の形成が後回しにされてこなかっただろうか。

 なんとも妙な文面である。 
 中国は、共産党の一党独裁。
 そんな中国で、朝日新聞は、民主化を進めていると考えているのか?
 だから、朝日新聞は中国に民主化を求めてこなかったのか?


●30年以上の慰安婦誤報(捏造)に対する私的制裁
 外部から誤りを指摘されて30年以上放置、自社で誤りを気づいて15年以上放置。誤報と言うより捏造の印象。
 朝日新聞は買わない。協賛、主催のイベントなどはボイコット。かたりつごう朝日新聞問題。語りが騙りにならないように。朝日新聞問題を風化させてはいけない。

|

« 2016年4月14日付け小説朝日新聞社説『多様な学び 議論の原点を忘れずに』を読んでの感 | トップページ | 2016年4月15日付け小説朝日新聞社説『韓国の政治 独善から対話へ転換を』を読んでの感想/ブーメランもある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/63484593

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年4月14日付け小説朝日新聞社説『ブラジル政治 国内の安定が最優先だ』を読んでの感想:

« 2016年4月14日付け小説朝日新聞社説『多様な学び 議論の原点を忘れずに』を読んでの感 | トップページ | 2016年4月15日付け小説朝日新聞社説『韓国の政治 独善から対話へ転換を』を読んでの感想/ブーメランもある »